フォームまたはレポートにデータの一部が表示されない

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現象

フォームまたはレポートを作成し、初めて保存する前にフィルタを適用した後、フィルタが有効な状態のまま保存すると、フィルタを無効にできなくなります。そのフォームまたはレポートでは、常に基になるテーブルまたはクエリのフィルタ処理されたビューが表示されるようになります。

原因

これは、永続的にフィルタ処理されたフォームやレポートを簡単に作成できるようにすることを目的とした新機能です。Microsoft Office Access 2007 では、オブジェクトを初めて保存するときにフィルタが有効になっている場合、そのフィルタをオブジェクトのデザインに組み込むことでこれを実現しています。

解決法

新しく作成したフォームまたはレポートに適用したフィルタを永続的にする必要がない場合は、オブジェクトを初めて保存する前にフィルタを削除します。

作成したフォームまたはレポートをフィルタ処理された状態のまま初めて保存し、後でフィルタを永続的にしないことにした場合は、次の手順に従って、オブジェクトの "RecordSource/レコードソース" プロパティを編集できます。

フォームまたはレポートから永続的フィルタを削除する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、フォームまたはレポートを右クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー] をクリックします。デザイン ビューにオブジェクトが開きます。

  2. プロパティ シートが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  3. オブジェクトのレコード ソース] プロパティ ボックスをクリックし、[ [ビルダー] ボタン ] をクリックします。クエリ デザイナーの表示、オブジェクトのレコード セットのクエリが表示されます。

  4. クエリ デザイン グリッドで、フィルタ処理されたフィールドとフィルタの抽出条件を確認します。次の図では、CompanyName というフィルタ処理されたフィールドが 1 つと Contoso, Ltd という抽出条件が 1 つ含まれています。

    永続的なフォーム フィルタ

  5. クエリ デザイン グリッドの [フィールド] 行のすぐ上にある灰色のバーをクリックして、フィルタ処理されたフィールドを含む列を選択します。

  6. Del キーを押して、フィルタ処理されたフィールドとその抽出条件を削除します。

  7. オブジェクトのデザインから削除するフィルタ処理された各フィールドに対して、手順 5. と 6. を繰り返します。

  8. クエリ デザイナを閉じます。SQL ステートメントに加えた変更を保存し、プロパティを更新するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    これで、フォームまたはレポートから永続的フィルタが削除されました。

    注: この方法でフォームまたはレポートから永続的フィルタを削除しても、今後、このオブジェクトに対して通常の方法で同じフィルタを使用できなくなるわけではありません。この方法では、基になるテーブルまたはクエリのすべてのレコードを既定で表示できるように、オブジェクトのデザインからフィルタを削除するだけです。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×