フォームの概要

Access フォームは、データベース アプリケーション用のユーザー インターフェイスの作成に使用できる、データベース オブジェクトです。"連結" フォームは、テーブルやクエリなどのデータ ソースに直接接続されるフォームで、そのデータ ソースからデータを入力、編集、または表示するために使用できます。または、データ ソースに直接リンクされない "非連結" フォームを作成できますが、そのフォームには、アプリケーションの操作に必要なコマンド ボタン、ラベル、その他のコントロールが引き続き含まれます。

この記事では、主に連結フォームに着目しています。連結フォームを使うと、データのどのフィールドや行を表示するかなど、データへのアクセスを制御できます。たとえば、多くのフィールドがあるテーブルの一部のフィールドのみを必要とする特定のユーザーがいるとします。このようなユーザーに目的のフィールドのみが含まれるフォームを用意すると、このユーザーにとってデータベースが使いやすくなります。さらに、フォームにコマンド ボタンやその他の機能を追加して、頻繁に実行する操作を自動化することもできます。

連結フォームは、ユーザーがデータベースを表示してアクセスする際に使うウィンドウと考えることができます。効果的なフォームを作成すると、ユーザーが必要なデータを探す必要がなくなるため、データベースを操作する時間が短縮されます。視覚的に魅力あるフォームは、データベース作業の負担を和らげて効率を高めるとともに、誤ったデータの入力を防ぐ上でも役立ちます。

注: この記事は、既にテーブル (または 1 つ以上のテーブルを基にしたクエリ) を作成済みで、データを表示または操作するためのフォームを作成する必要があるユーザーを対象としています。

この記事の内容

フォーム ツールを使用してフォームを作成する

分割フォーム ツールを使って分割フォームを作成する

複数の項目ツールを使って、複数のレコードを表示するフォームを作成する

フォーム ウィザードを使用してフォームを作成する

空白のフォーム ツールを使用してフォームを作成する

レイアウト ビューとデザイン ビューについて

レイアウト ビューでフォームを微調整する

デザイン ビューでフォームを微調整する

フォーム ツールを使用してフォームを作成する

フォーム ツールを使うと、マウスで 1 回クリックするだけでフォームを作成できます。このツールを使うと、基になるデータ ソースのすべてのフィールドがフォーム上に配置されます。新しいフォームは、そのまますぐに使い始めることも、必要に応じてレイアウト ビューやデザイン ビューで変更することもできます。

フォーム ツールを使って新しいフォームを作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、フォームに表示するデータが含まれているテーブルまたはクエリをクリックします。

  2. [作成] タブの [フォーム] グループで [フォーム] をクリックします。

Access によってフォームが作成され、レイアウト ビューにフォームが表示されます。レイアウト ビューでは、フォーム上にデータを表示しながらそのデザインを変更できます。たとえば、必要であればデータに合わせてテキスト ボックスのサイズを調整できます。

Access でフォームの作成に使ったテーブルまたはクエリとの間に一対多のリレーションシップを持つテーブルが 1 つ検出された場合、Access によって関連するテーブルまたはクエリに基づくデータシートがフォームに追加されます。たとえば、"従業員" テーブルに基づく簡単なフォームを作成し、"従業員" テーブルと "受注" テーブルの間に一対多のリレーションシップが定義されている場合、現在の従業員レコードに関連する "受注" テーブルのすべてのレコードがデータシートに表示されます。データシートが不要な場合は、フォームから削除できます。フォームの作成に使用したテーブルとの間に一対多のリレーションシップを持つテーブルが複数存在する場合は、Access によっていずれのデータシートもフォームに追加されません。

分割フォーム ツールを使って分割フォームを作成する

分割フォームでは、データに同時に 2 つのビュー (フォーム ビューおよびデータシート ビュー) を提供します。

分割フォームは、2 つのビューが同じデータ ソースに連結され、常に互いに同期されるフォーム/サブフォームの組み合わせとは異なります。フォームの一方の部分でフィールドを選ぶと、フォームのもう一方の部分で同じフィールドが選ばれます。データの追加、編集、削除は、どちらの部分でも行うことができます (レコード ソースが更新可能であり、そのような動作を回避するようにフォームを設定していない場合)。

分割フォームでは、両方の種類のフォームの利点が単独のフォームで提供されます。たとえば、フォームのデータシート部を使ってレコードをすばやく検索し、フォーム部を使ってレコードを表示または編集できます。

分割フォーム ツールを使って分割フォームを作成するには

  1. ナビゲーション ウィンドウで、フォームに表示するデータが含まれているテーブルまたはクエリをクリックします。または、テーブルまたはクエリをデータシート ビューで開きます。

  2. [作成] タブの [フォーム] グループで [その他のフォーム] をクリックし、[分割フォーム] をクリックします。

Access によってフォームが作成され、レイアウト ビューにフォームが表示されます。レイアウト ビューでは、フォーム上にデータを表示しながらそのデザインを変更できます。たとえば、必要に応じて、データ全体が表示されるようにテキスト ボックスのサイズを調整できます。フォーム ビューの詳細については、レイアウト ビューとデザイン ビューについてを参照してください。

複数の項目ツールを使って、複数のレコードを表示するフォームを作成する

フォーム ツールを使ってフォームを作成した場合、Access で作成されたフォームに一度に 1 つのレコードだけが表示されます。複数のレコードが表示され、データシートよりも幅広いカスタマイズが可能なフォームを作成する場合は、複数の項目ツールを使います。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、フォームに表示するデータが含まれているテーブルまたはクエリをクリックします。

  2. [作成] タブの [フォーム] グループで [その他のフォーム] をクリックし、[複数の項目] をクリックします。

Access によってフォームが作成され、レイアウト ビューにフォームが表示されます。レイアウト ビューでは、フォーム上にデータを表示しながら、そのデザインを変更できます。

複数の項目ツールを使うと、データシートに似たフォームが作成されます。データは行と列に配置され、複数のレコードが一度に表示されます。ただし、複数の項目フォームには、グラフィック要素、ボタン、その他のコントロールを追加する機能など、データシートよりも多くのカスタマイズ オプションが用意されています。フォームのカスタマイズの詳細については、「レイアウト ビューでフォームを微調整する」および「デザイン ビューでフォームを微調整する」のセクションを参照してください。

フォーム ウィザードを使用してフォームを作成する

フォーム上に表示するフィールドをより多くの種類の中から選ぶには、既に説明したさまざまなフォーム作成ツールの代わりに、フォーム ウィザードを使用することができます。また、データのグループ化や並べ替えの方法を定義できるほか、テーブルやクエリ間のリレーションシップをあらかじめ指定している場合は複数のテーブルまたはクエリのフィールドを使うこともできます。

  1. [作成] タブの [フォーム] グループで、[フォーム ウィザード] をクリックします。

  2. フォーム ウィザードのページの指示に従います。

    注: 複数のテーブルやクエリのフィールドをフォーム上に配置する場合は、フォーム ウィザードの最初のページにある最初のテーブルまたはクエリのフィールドを選んだ後で、[次へ] または [完了] をクリックしないでください。代わりに、この手順を繰り返してテーブルまたはクエリを選び、フォーム上に表示する他のフィールドをクリックします。次に、[次へ] または [完了] をクリックして続行します。

  3. ウィザードの最後のページで、[完了] をクリックします。

空白のフォーム ツールを使用してフォームを作成する

既に説明したウィザードまたはフォーム作成ツールではニーズが満たされない場合は、空白のフォーム ツールを使ってフォームを作成できます。フォーム上に配置するフィールドの数が少ない場合は特に、この方法でフォームをすばやく作成できます。

  1. [作成] タブの [フォーム] グループで [空白のフォーム] をクリックします。

    Access によって空白のフォームがレイアウト ビューで開かれ、[フィールド リスト] ウィンドウが表示されます。

  2. [フィールド リスト] ウィンドウで、フォームに表示するフィールドを含むテーブル (複数可) の横のプラス記号 (+) をクリックします。

  3. フォームにフィールドを追加するには、フィールドをダブルクリックするか、フォームにドラッグします。

    • 最初のフィールドが追加されたら、Ctrl キーを押しながら複数のフィールドをクリックし、同時にフォームにドラッグして、一度に複数のフィールドを追加することができます。

    • [フィールド リスト] ウィンドウに表示されるテーブルの順序は、フォームのどの部分が現在選択されているかによって変わります。追加するフィールドが表示されない場合は、フォームの別の部分を選択してから、もう一度フィールドを追加してみてください。

  4. [デザイン] タブの [ヘッダー/フッター] グループにあるツールを使用して、ロゴ、タイトル、または日付と時刻をフォームに追加します。

  5. さまざまな種類のコントロールをフォームに追加するには、[デザイン] タブの [コントロール] グループのツールを使います。

    わずかに多いコントロールの選択範囲を使用するには、フォームを右クリックして [デザイン ビュー] をクリックし、デザイン ビューに切り替えます。

レイアウト ビューとデザイン ビューについて

レイアウト ビュー    レイアウト ビューは、フォームの変更に使用する最も直観的なビューであり、Access でフォームに行うほとんどの変更に使用できます。

レイアウト ビューでは、フォームが実際に実行されています。そのため、フォームを使用しているときに表示されるのと同じように、データを表示できます。ただし、このビューでは、フォームのデザインを変更することもできます。このビューは、フォームを変更しながらデータを確認できるため、コントロールのサイズを設定する場合や、フォームの外観や操作性に影響するその他のほとんどのタスクを行う場合に非常に便利です。

レイアウト ビューで実行できないタスクが発生した場合は、デザイン ビューに切り替えることができます。特定の状況では、特定の変更を行うには、デザイン ビューに切り替える必要があることを示すメッセージが、Access によって表示されます。

デザイン ビュー    デザイン ビューでは、フォームの構造の詳細が表示されます。フォームのヘッダー、詳細、フッターのセクションを確認できます。デザイン ビューに表示されているフォームは、実際には実行されていません。そのため、デザインの変更を行っているときに、基になるデータが表示されません。ただし、レイアウト ビューよりもデザイン ビューの方が容易に実行できるタスクもあります。たとえば、次のタスクを実行できます。

  • 連結オブジェクト フレーム、改ページ、グラフなど、フォームにさまざまな種類のコントロールを追加する。

  • プロパティ シートを使わずに、テキスト ボックス自体でテキスト ボックス コントロールのソースを編集する。

  • フォーム ヘッダー、詳細セクションなどのフォーム セクションのサイズを変更する。

  • レイアウト ビューでは変更できない特定のフォーム プロパティを変更する。

レイアウト ビューでフォームを微調整する

フォームの作成後は、レイアウト ビューでフォームのデザインを簡単に微調整できます。 実際のフォーム データをガイドとして使いながら、コントロールを再配置し、サイズを変更できます。 フォームに新しいコントロールを配置し、フォームとそのコントロールのプロパティを設定することができます。

レイアウト ビューに切り替えるには、ナビゲーション ウィンドウでフォーム名を右クリックし、[レイアウト ビュー] をクリックします。

Access によってフォームがレイアウト ビューに表示されます。

プロパティ シートを使うと、フォーム、およびフォームのコントロールやセクションのプロパティを変更できます。プロパティ シートを表示するには、F4 キーを押します。

[フィールド リスト] ウィンドウを使うと、基になるテーブルまたはクエリのフィールドをフォーム デザインに追加できます。[フィールド リスト] ウィンドウを表示するには、次の操作を行います。

  • [デザイン] タブの [ツール] グループで、[既存フィールドの追加] をクリックするか、Alt キーを押しながら F8 キーを押す、キーボード ショートカットを使用します。

これで、[フィールド リスト] ウィンドウからフォームにフィールドを直接ドラッグできます。

  • 1 つのフィールドを追加するには、フィールドをダブルクリックするか、または [フィールド リスト] ウィンドウから、フォーム上でそのフィールドを表示するセクションにフィールドをドラッグします。

  • 複数のフィールドを同時に追加するには、Ctrl キーを押しながら、追加するフィールドをクリックします。 次に、選んだフィールドをフォームにドラッグします。

デザイン ビューでフォームを微調整する

デザイン ビューでフォームのデザインを微調整することもできます。デザイン グリッドに追加することで、新しいコントロールとフィールドをフォームに追加できます。プロパティ シートでは、フォームをカスタマイズするために設定できる多くのプロパティにアクセスできます。

デザイン ビューに切り替えるには、ナビゲーション ウィンドウでフォーム名を右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

Access によってフォームがデザイン ビューに表示されます。

プロパティ シートを使うと、フォーム、およびフォームのコントロールやセクションのプロパティを変更できます。プロパティ シートを表示するには、F4 キーを押します。

[フィールド リスト] ウィンドウを使うと、基になるテーブルまたはクエリのフィールドをフォーム デザインに追加できます。[フィールド リスト] ウィンドウを表示するには、次の操作を行います。

  • [デザイン] タブの [ツール] グループで、[既存フィールドの追加] をクリックするか、Alt キーを押しながら F8 キーを押す、キーボード ショートカットを使用します。

これで、[フィールド リスト] ウィンドウからフォームにフィールドを直接ドラッグできます。

  • 1 つのフィールドを追加するには、フィールドをダブルクリックするか、または [フィールド リスト] ウィンドウから、フォーム上でそのフィールドを表示するセクションにフィールドをドラッグします。

  • 複数のフィールドを同時に追加するには、Ctrl キーを押しながら、追加するフィールドをクリックします。 次に、選んだフィールドをフォームにドラッグします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×