フォームの既定値を設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office InfoPath 2007フォーム テンプレートを設計する場合は、フォーム テンプレート内のフィールドにバインドされているコントロールに既定値を割り当てることができます。既定値は、ユーザーが入力するフォームを開いたときにコントロールで自動的に表示される値です。

この記事の内容

既定値の概要

コントロールの既定値を設定します。

ルールを使用して、既定値を設定します。

すべてのフォームの既定値を設定します。

既定値の概要

フォーム テンプレートをデザインする際に、高速化がフォームに入力しやすくためにコントロールに既定値を割り当てることができます。たとえば、従業員経費報告フォーム テンプレートを作成する場合は、日付選択コントロールの既定値として、今日の日付を割り当てることができます。その結果、現在の日付が自動的にあらかじめ設定された日付選択コントロールで、ユーザーがフォームを開くし、日付を手動で入力する必要はありません。

フォーム テンプレートの既定値を設定できます。

  • ユーザーがそれを入力するフォームを開くときに自動的に設定されるコントロールに特定の値を割り当てます。

  • ユーザーが、フォーム上の別のコントロールに入力したデータに基づいてのルールを使用して、コントロールの既定値を設定します。

  • すべてのフォーム テンプレートの既定値を同時に設定します。

ページの先頭へ

コントロールの既定値を設定します。

フォーム テンプレートのフィールドの既定値を設定するとを指定するの値を表示する必要があります自動的にコントロールのときに、ユーザーがフォーム テンプレートを基にフォームに入力します。

  1. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

  2. データ ソース] 作業ウィンドウでは、既定値を設定するフィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 既定値としては、特定の値を使用するには、[] ボックスに既定値を入力します。

    • XPath 式を使用すると、既定値を作成して、 [数式の挿入 ボタンの画像 ] をクリックし、[数式の挿入] ダイアログ ボックスで、[XPath 式を作成します。

      ヒント: 自動的に数式が計算されるたびの選択されたフィールドの値を更新するには、フィールドまたはグループのプロパティ] ダイアログ ボックスでこの値の場合、数式の結果が再計算を更新する] チェック ボックスを選択します。

  5. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

技術的な詳細情報

コントロールの既定値を設定するときにもを設定するフィールドの既定値をコントロールがバインドされています。いずれのコントロールにそのフィールドにバインドされるには、同じ既定値が割り当てられます。

既定値が指定した値の場合は、その値が、フォーム テンプレートに関連付けられている template.xml ファイルに保存されます。プログラムを使用して、既定値を変更するには、template.xml ファイル内の適切なフィールドの値を変更します。既定値が [XPath 式の結果である場合は、式が manifest.xsf ファイルで、フィールドのxsf:calculatedField要素に保存されます。

ページの先頭へ

ルールを使用して、既定値を設定します。

他のコントロールの値に基づいて、コントロールの既定値を設定するのには、ルールを使用できます。ルールは、フォームの条件が満たされた場合に発生するアクションです。たとえば、状態のコントロールと郵便番号で別のコントロールをフォーム テンプレートをデザインできます。ときに、郵便番号コントロールで郵便番号を入力すると、正しい状態が状態コントロールが自動的に設定されます。

この手順を完了するためには、フォーム テンプレートに 2 つのコントロールが必要です: 最初のコントロールに入力されたデータに基づいて、いずれかのユーザーが、データを入力し、いずれかの既定値が表示されます。

  1. コントロールに既定値を基になるコントロールをダブルクリックします。

    たとえば、コントロールの状態と郵便の場合は郵便番号コントロールをダブルクリックします。

  2. [データ] タブをクリックします。

  3. [入力規則とルール] で [ルール] をクリックします。

  4. [ルール] ダイアログ ボックスで [追加を] をクリックします。

  5. [名前] ボックスで、ルールの名前を入力します。

  6. ルールを実行するタイミングを指定するには、条件の設定をクリックします。

  7. [条件] ダイアログ ボックスで、条件を入力し、[し、[ OK] をクリックします。

    たとえば、既定値をユーザーが最初のボックスで、他のコントロールにデータを入力すると、コントロールに追加する、ユーザーがデータを入力するフィールドをクリックした場合] をクリックと等しいと最後のボックスで、2 番目のボックス、ユーザーがコントロールに入力するデータを入力します。

  8. ルール] ダイアログ ボックスで、[アクションの追加] をクリックします。

  9. アクションリストで、フィールドの値を設定] をクリックします。

  10. [フィールド] ボックスの横にある [データ ソース] ボタン をクリックし、[フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、[コントロールの既定値を設定する] をクリックします。

  11. 次のいずれかの操作を行います。

    • 既定値として指定した値を使用するには、] ボックスに値を入力し、[ OK] をクリックします。

    • XPath 式を使用すると、既定値を作成して、 ボタンの画像数式の挿入] をクリックし、数式の挿入] ダイアログ ボックスで、数式を入力し、[ OK] をクリックします。

  12. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

すべてのフォームの既定値を設定します。

わかっている場合、コントロールのすべての既定の値が含まれてし、既定値は、ルールに基づいていないフォーム テンプレートで、すべての既定値を同時に設定できます。

  1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  2. 分類] 一覧で [詳細設定] をクリックし、[既定値の編集] をクリックします。

  3. 既定値の編集] ダイアログ ボックスで、既定値を設定するフィールドを選択します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 既定値として指定した値を使用するには、既定値] ボックスに、フィールドの既定値を入力し、[ OK] をクリックします。

    • XPath 式を使用すると、既定値を作成して、 [数式の挿入 ボタンの画像 ] をクリックし、[数式の挿入] ダイアログ ボックスで、[XPath 式を作成します。

      ヒント: 自動的に更新される、選択したフィールドの値を数式が計算されるたびに、既定値の編集] ダイアログ ボックスでこの値の場合、数式の結果が再計算を更新する] チェック ボックスを選択します。

  5. 各フィールドの既定値を設定するには、手順 3 と 4 を繰り返します。

  6. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×