フォームの接続状態を検出するようにフォーム テンプレートを構成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォームは、ネットワーク接続を処理するデータが返されるに依存してフォーム テンプレートをデザインするスクリプトを記述に精通している場合は、フォーム テンプレートに基づくフォームのネットワーク接続の状態を検出するスクリプトを作成することができます。Microsoft Office InfoPath のフォームが、外部データ ソースにクエリを送信する前に、フォームが、外部データ ソースに接続できる場合と新しいフォームがネットワークに接続されている場合に、このスクリプトを使用できます。この記事には、Microsoft JScript、Visual Basic Scripting Edition (VBScript) の場合は、フォーム テンプレートをベースにフォームを判断する例がネットワークに接続されているし、それらのフォームが、外部データ ソースに接続できるかどうかが用意されています。

この記事の内容

概要

JScript の例

VBScript の例

フォーム テンプレートの例ではスクリプトを使用します。

概要

フォーム テンプレートに基づくフォームのネットワーク接続の状態を確認するのには、アプリケーションのオブジェクトのMachineOnlineStateプロパティを使用することができます。決定フォームが、外部データ ソースを検索するかどうかは、同じアプリケーションのオブジェクトのIsDestinationReachableメソッドを使うことができます。MachineOnlineStateプロパティには、フォームの接続状態を表す値が含まれています。このプロパティでは、次の値を持つことができます。

説明

0

コンピューターがネットワークに接続していません。コンピューターがネットワークに接続していない場合、またはコンピューターのネットワーク カードが無効になっている場合はこの値は、ことができます。

1

コンピューターがネットワークに接続します。コンピューターがネットワーク ケーブルを使用してネットワークに接続されている、この値はコンピューターがネットワーク上にあることを示します。コンピューターでは、正常なワイヤレス ネットワーク カードが存在する場合、この値は、ワイヤレス ネットワーク カードが作業していることを示します。ただし、コンピューターのワイヤレス ネットワークには、接続されていない可能性があります。

2

コンピューターがネットワークに接続されているが、オフライン作業中に Windows Internet Explorer が構成されています。Internet Explorer を構成して、オフラインで作業する場合に、データベースや Web サービス データ接続が正しく動作しない場合があります。

ユーザーのコンピューターがネットワークに接続されていることを確認した後は、外部データ ソースと通信できるフォームを決定するのにIsDestinationReachableメソッドを使用できます。この方法では、Uniform Resource Locator (URL) または外部データ ソースをパラメーターとしての統一リソース名 (URN) に移動し、論理値は次のいずれかを返します。

条件を満たす   フォームには、ネットワークの外部データ ソースが見つかりました。

False   フォームには、外部データ ソースを検索できません。外部データ ソースは、オフラインであるか、ネットワークでは使用できない場合があります。

この記事のスクリプトの例では、フォームがネットワークに接続されているかどうかのみを判定します。この記事では、ユーザーが最初にフォームを開いたときに、スクリプトの例を使用します。ただし、操作を実行する前に、ネットワーク接続を確認するときもこのスクリプトを使用することができます。たとえば、ユーザーがフォームで外部データ ソースへのネットワーク接続がないか確認する特定のボタンをクリックするとは、このスクリプトを使用できます。このスクリプトを使用することを選んだ場合に関係なく、フォームがネットワークに接続されているかどうかどうかに基づいて、操作を実行するためのスクリプトを追加することもできます。たとえば、コンピューターがオフラインで、外部データ ソースに接続できない場合は、InfoPath のユーザーに、外部データ ソースが利用できないことを示す警告メッセージが表示ことができます。ユーザーに通知する警告メッセージをカスタマイズする場合、外部データ ソースは使用できません。たとえば、可能性のある指示する後で、フォームに入力または連絡、サポート サービス。

ページの先頭へ

JScript の例

var machineState = Application.MachineOnlineState;
var displayMessage = machineState;
switch(machineState)
{
case 0:
{
displayMessage = "The computer is not connected to a network.";
break;
}
case 1:
{
if (!Application.IsDestinationReachable("http://example"))
{
displayMessage = "The computer is connected to a network, "
+ "but the external data source is not "
+ "available. Contact the data source "
+ "administrator for more information.";
}
else
{
displayMessage = "The computer is connected to a network.";
}
break;
}
case 2:
{
displayMessage = "The computer is connected to a network, but "
+ "Internet Explorer is in offline mode. Some "
+ "data connections may not work until you "
+ "set Internet Explorer to online mode. To "
+ "switch to online mode, on the File menu in "
+ "Internet Explorer, click Work Offline.";
break;
}
default:
{
displayMessage = "An unknown error occurred: Error: "
+ machineState;
}
}
XDocument.UI.Alert(displayMessage);

ページの先頭へ

VBScript の例

Dim machineState, displayMessage, returnValue
machineState = Application.MachineOnlineState
displayMessage = machineState
returnValue = False
Select Case machineState
Case 0
displayMessage = "The computer is not connected to a network."
Case 1
returnValue = Application.IsDestinationReachable("http://example")
If returnValue = False Then
displayMessage = "The computer is connected to a network, but "
displayMessage = displayMessage + "the external data source is "
displayMessage = displayMessage + "not available. Contact the "
displayMessage = displayMessage + "data source administrator "
displayMessage = displayMessage + "for more information."
Else
displayMessage = "The computer is connected to a network."
End If
Case 2
displayMessage = "The computer is connected to a network, but "
displayMessage = displayMessage + "Internet Explorer is in "
displayMessage = displayMessage + "offline mode. Some data "
displayMessage = displayMessage + "connections may not work "
displayMessage = displayMessage + "until you set Internet "
displayMessage = displayMessage + "Explorer to online mode. "
displayMessage = displayMessage + "To switch to online mode, "
displayMessage = displayMessage + "on the File menu in "
displayMessage = displayMessage + "Internet Explorer, click "
displayMessage = displayMessage + "Work Offline."
Case Else
displayMessage = "An unknown error occurred: Error: "
displayMessage = displayMessage + machineState + "."
End Select
XDocument.UI.Alert(displayMessage)

ページの先頭へ

フォーム テンプレートの例ではスクリプトを使用します。

フォーム テンプレートで使用する前にスクリプト例をテストしたい場合は、空白のフォーム テンプレートを作成するのには、次の手順を使用し、 onloadをここからコピー スクリプトの例のいずれかのします。フォーム テンプレートに基づく新しいフォームを作成するときにonloadのスクリプトの実行します。[ネットワークに接続されている、ネットワーク接続が切断またはネットワークに接続されているコンピューターではなく、Internet Explorer のオフライン モードに設定スクリプトのサンプルをテストするフォーム テンプレートをプレビューできます。

  1. このトピックでは、上記のスクリプトの例のいずれかをコピーし、メモ帳などのテキスト エディターに貼り付けます。

    注: フォーム テンプレートに追加する前に、テキスト エディターにスクリプト例をコピーすると、ハイパー テキスト マークアップ言語 (HTML) が、スクリプトで表示されない記号ができなくなります。

  2. InfoPath では、[ファイル] メニューで、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  3. 新しくデザインフォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレート] をクリックし、[空白] をクリックし、[ OK] をクリックします。

  4. 既定では、新しいフォーム テンプレートはスクリプト言語として JScript を使用する設定します。VBScript スクリプト言語を使用するには、フォーム テンプレートのスクリプト言語を変更します。

    方法

    1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

    2. 分類] 一覧で [プログラミング] をクリックします。

    3. プログラミング言語の下のフォーム テンプレートのコード言語リストでVBScriptをクリックし、[ OK] をクリックします。

  5. [ツール] メニューで、プログラミング] をポイントし、[読み込み時のイベント] をクリックします。Onloadにカーソルを置いて、Microsoft Script Editor が起動します。

  6. Onload Microsoft Script Editor で、テキスト エディターにコピーしたスクリプトの例で、 // Write your code here (JScript) または' Write your code here (VBScript) のテキストを置き換えます。

  7. 環境に合わせてスクリプトのサンプルを変更します。たとえば、メッセージを変更でき、URL または外部データ ソースの URN http://example に変更できます。

  8. Microsoft Script Editor の [ファイル] メニューでは、保存] をクリックします。

  9. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×