フォームのデザインを確認する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事の内容

概要

[デザインチェック] 作業ウィンドウ

InfoPath の互換性の問題の種類

はじめに

Microsoft InfoPath 2010 では、さまざまな種類のフォームをデザインできます。次のようなものがあります。

  • SharePoint リスト

  • SharePoint フォームライブラリ

  • SharePoint ワークフローのタスクフォーム

  • 外部リスト用のフォーム

  • InfoPath のさまざまなバージョンと互換性のあるフォーム

利用可能なコントロールと機能のセットは、フォームの種類によって異なります。Web ブラウザーフォームを使用すると、ユーザーは InfoPath フィラーを必要とせずにフォームに入力できます。ただし、InfoPath のフィラーフォームには、より大きな機能のセットが含まれています。

フォームの種類を変更すると、互換性の問題やその他の問題が発生する場合があります。たとえば、一部の InfoPath 機能は Web ブラウザーフォームテンプレートではサポートされておらず、発行プロセス中に問題が発生する可能性があります。同様に、infopath 2010 の一部の機能は、infopath 2007 または infopath 2003 フォームテンプレートでは動作しません。

InfoPath 2010 は、最初からデザインするフォームテンプレートの種類を選択し、選択したフォームテンプレートに基づいて互換性のある選択肢にコントロールと機能を制限することで、検証エラーを防止するように設計されています。たとえば、Web ブラウザーテンプレートをデザインすることを選択した場合は、縦方向のラベルや署名の行コントロールなどの一部のコントロールにはアクセスできません。同様に、互換性を持たないようにするために、SharePoint リストまたはワークフローテンプレートを別のフォームテンプレートの種類に変換することはできません。

注: コントロールの一覧とそれに関連する互換性の制限については、「infopath Forms Services では利用できない infopath 2010 の機能」を参照してください。

フォームを別の種類のフォームに変更した場合 (InfoPath フィラーフォームから web ブラウザーフォームへの切り替えなど)、web ブラウザーフォームでサポートされていないコントロールが表示されます。たとえば、フォームに署名行コントロールが含まれている場合は、コントロールに赤色の X が表示されます。次のいずれかの操作を行うと、InfoPath によって問題が自動的にチェックされます。

  • フォームテンプレートを開く

  • フォームテンプレートの互換性設定を変更する

  • フォームテンプレートを保存または発行する

見つかったフォームエラーを確認するメッセージが表示されます。エラーを確認することを強くお勧めします。エラーを確認するには、[デザインチェック] 作業ウィンドウが開きます。

注: ほとんどのエラーは、Web ブラウザーフォームテンプレートを作成して発行しようとしたときに、InfoPath クライアントによって生成されます。Web サーバーから取得されたエラーも表示されます。フォームをサーバー間で移動すると、サーバーの構成によっては、以前のサーバーには存在しない問題が発生する可能性があります。

ページの先頭へ

[デザインチェック] 作業ウィンドウ

[デザインチェック] 作業ウィンドウを使うと、互換性の問題を見つけることができます。場合によっては、問題が自動的に修正され、修正プログラムが通知されます。それ以外の場合は、手動で修正する必要があります。たとえば、Web ブラウザーフォームテンプレートを正常に発行するには、サポートされていないコントロールを削除するか、別のコントロールで置き換える必要があります。

フォームのデザインを確認する

フォームテンプレートの互換性設定を変更することもできます。たとえば、自分のコンピューターに InfoPath をインストールしているユーザーのみが、フォームテンプレートに基づくフォームを表示したり、入力したりすることができます。フォームテンプレートを Web ブラウザーでも操作できるようにする場合は、[デザインチェック] 作業ウィンドウの [設定の変更] をクリックして、ブラウザー互換フォームテンプレートを作成するためのオプションにアクセスします。フォームテンプレートの互換性設定を変更すると、[デザインチェック] 作業ウィンドウのエラーとメッセージがそれに応じて更新されます。

注: [デザインチェック] 作業ウィンドウで互換性設定を変更することはできますが、[ファイル] をクリックして設定を変更してから、[情報] タブの [フォームのオプション] をクリックすると簡単です。[互換性] をクリックし、[フォームの種類] ボックスの一覧で目的のフォームテンプレートの種類をクリックします。

[デザインチェック] 作業ウィンドウでエラーやメッセージの一覧を更新するには、[更新] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×