フォームのデザインを検証する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

はじめに

[デザイン チェック] 作業ウィンドウ

InfoPath の互換性の問題の種類

概要

Microsoft InfoPath 2010 では、さまざまな種類のフォームをデザインできます。たとえば、次のようなフォームがあります。

  • SharePoint リスト

  • SharePoint フォーム ライブラリ

  • SharePoint ワークフローのタスク フォーム

  • 外部リストのフォーム

  • さまざまなバージョンの InfoPath と互換性があるフォーム

使用可能なコントロールおよび機能の内容は、フォームの種類によって異なります。Web ブラウザー フォームの場合、ユーザーは InfoPath Filler がなくてもフォームに記入できます。一方、InfoPath Filler フォームには、より多くの機能が備わっています。

注: 選択された後は、いくつかのフォームの種類を変更することはできません。フォームのデザインを開始する前に、すべての要件を考慮することをお勧めします。フォーム テンプレートのさまざまな種類の詳細については、フォーム テンプレートおよびモードの概要を参照してください。

フォームの種類を別の種類に変更した場合、互換性の問題や他の問題が発生することがあります。たとえば、Web ブラウザー フォーム テンプレートでは、いくつかの InfoPath 機能がサポートされないため、発行プロセス中に問題が発生することがあります。同様に、一部の InfoPath 2010 機能は、InfoPath 2007 フォーム テンプレートまたは InfoPath 2003 フォーム テンプレートでは機能しません。

InfoPath 2010 の設計は、初めからデザインするフォーム テンプレートの種類を選択できるようになっており、選択したフォーム テンプレートに基づいてコントロールと機能の選択肢を互換性のある選択肢に絞ることで、入力規則のエラーが生じないようになっています。たとえば、Web ブラウザー テンプレートをデザインすることにした場合、縦書きラベルや署名欄コントロールなど、一部のコントロールにはアクセスできません。同様に、互換性の問題を防ぐため、SharePoint リストまたはワークフロー テンプレートを別のフォーム テンプレートの種類に変換することはできません。

注: コントロールとその関連互換性制限の一覧で、InfoPath Forms Services では使用できない InfoPath 2010 機能を参照してください。

InfoPath Filler フォームを Web ブラウザー フォームに変更するなど、フォームを別の種類のフォームに変更する場合、Web ブラウザー フォームでサポートされないコントロールにそのことが表示されます。たとえば、フォームに署名欄コントロールが含まれていた場合、コントロールに赤色の X が表示されます。InfoPath では、次のいずれかの操作を行うと問題が自動的に確認されます。

  • フォーム テンプレートを開く

  • フォーム テンプレートの互換性設定を変更する

  • フォーム テンプレートを保存または発行する

見つかったフォームのエラーを確認するように求めるメッセージが表示されます。エラーを確認することを強くお勧めします。エラーを確認するために、[デザイン チェック] 作業ウィンドウが開きます。

注: ほとんどのエラーは、Web ブラウザー フォーム テンプレートを作成し、発行しようとしたときに、InfoPath クライアントにより生成されます。Web サーバーから生成されたエラーも表示されます。フォームをあるサーバーから別のサーバーに移動すると、サーバーの構成によっては以前のサーバーにはなかった問題が生じることがあります。

ページの先頭へ

[デザイン チェック] 作業ウィンドウ

[デザイン チェック] 作業ウィンドウは、互換性の問題を見つけるのに役立ちます。場合によっては、問題が自動的に修正され、修正について通知が表示されます。あるいは、問題を手動で修正することが必要な場合もあります。たとえば、Web ブラウザー フォーム テンプレートを正常に発行するには、サポートされないコントロールを削除したり、別のコントロールと置き換えることが必要な場合があります。

フォームのデザインを検証する

フォーム テンプレートの互換性設定を変更することもできます。たとえば、自分が作成したフォーム テンプレートがベースとなっているフォームの表示と入力を実行できるのは、コンピューターに InfoPath がインストールされているユーザーのみであるとします。フォーム テンプレートを Web ブラウザーでも使用するには、[デザイン チェック] 作業ウィンドウの [設定の変更] をクリックし、ブラウザー互換フォーム テンプレートを作成するためのオプションにアクセスします。フォーム テンプレートの互換性設定を変更すると、[デザイン チェック] 作業ウィンドウのエラーとメッセージも更新されます。

注: [デザイン チェック] 作業ウィンドウの互換性設定を変更することはできますが、ファイル] をクリックし、[情報] タブで[フォームのオプションをクリックすると、設定を変更するのには簡単です。互換性] をクリックし、[フォームの入力] ボックスの一覧で、目的のフォーム テンプレートの種類をクリックします。

[更新] をクリックすることで、[デザイン チェック] 作業ウィンドウでエラーとメッセージの一覧を更新することができます。

ページの先頭へ

InfoPath の互換性の問題の種類

互換性の問題の一覧で、InfoPath Forms Services では使用できない InfoPath 2010 機能を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×