フォームでビュー (ページ) を追加、削除、および切り替える

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

フォームでさまざまなビューをデザインすると、作成するフォームの種類やフォームを表示するユーザーの種類に応じて、ユーザーにデータが表示される方法はさまざまです。たとえば、複数のビューを使用すると、次の操作が可能になります。

  • ユーザーが [次へ] と [戻る] をクリックして移動できる複数のページに分割することで、長くて複雑なフォーム (長々としたアンケートなど) を簡素化します。

  • 組織内のユーザー ロールに基づき、ユーザーごとに異なるバージョンのフォームを表示します。たとえば、保険金請求を処理する場合には、保険契約者用のビュー、保険会社用のビュー、および保険調査官用のビューを作成できます。

  • フォームの印刷用ビューを作成します。

同じ InfoPath フォームのすべてのビューで同じデータを共有します。その結果、フォームに 2 つのビューがあり、一方に電子メール アドレスのテキスト ボックスがある場合は、このテキスト ボックスを 2 番目のビューにコピーできます。ユーザーが一方のビューに電子メール アドレスを入力すると、その電子メール アドレスは自動的にもう一方のビューに表示されます。

この記事の内容

ビューの概要

ユーザー側の操作

デザインの考慮点

[ページ デザイン] タブの [ビュー]

ビューを追加する

ビューを削除する

標準表示を変更する

ビューの名前を変更する

ビューを切り替えるためのボタンを追加する

フォーム読み込みのルールを使用してビューを表示する

ビューの概要

ユーザー側の操作

既定では、フォームのユーザーは、リボンの [ビュー] および [ページ ビュー] で目的のビューをクリックして、ビューを切り替えることができます。各ビューは名前で表示され、アクティブなビューが強調表示されます。[ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスで [このフォームの入力時に [表示] メニューに表示する] チェック ボックスがオフになっているビューを除き、すべてのビューが表示されます。

[このフォームに入力するときにビュー] メニューの [表示] チェックボックスがオンになっていない場合は、[ホーム] タブの [ページビュー ] グループは表示されません。この機能は、ユーザーが意図したもの以外のビューにアクセスできないようにするシナリオで役立ちます。たとえば、就職志願者についてのフィードバックを収集するために使用されるフォームには、3つの異なるユーザーロールが関連付けられていることがあります。これには、リクルーター用、インタビュアー用の1人、および採用マネージャー用の1つがあります。ユーザーロールごとに、フォームのビューをわずかに異なるデザインにすることができます。

注: ユーザーにビューが表示されないようにする機能は、セキュリティ機能ではありません。ユーザーが XML データ自体にアクセスする方法を知っている場合は、データを参照できます。

面接官が採用担当者用または雇用主用のビューに切り替えることができないようにするには、採用担当者用または雇用主用のビューをデザインする際に、[ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスを開き、[このフォームの入力時に [表示] メニューに表示する] チェック ボックスをオフにします。

注: フォームのオプションでは、Web ブラウザーでフォームに入力するユーザーに対して、ビューを切り替える機能を無効にすることができます。[ファイル] タブをクリックし、[情報]、[フォームのオプション] の順にクリックして、[ Web ブラウザー ] セクションで [表示] チェックボックスをオフにします。

ビューの切り替え操作をカスタマイズするには、ビューの切り替えボタンをフォームに追加します。この方法については、後で説明します。

デザインに関する注意事項

新しいビューをデザインする場合、通常は次の作業を行う必要があります。

  1. ビューを計画します。

次のような考慮事項に注意しながら、各ビューを計画し、計画したビューをどのように連携させるかを計画します。

  • 最初にフォームが開かれたときにどのビューを表示するか。

  • ユーザーが複数のビューを使用する必要があるか。その場合、複数のビュー間をどのように移動するか。

  • 読み取り専用にする必要があるビューはあるか。

  • ユーザーが InfoPath フォームからビューを印刷する可能性があるか。

  • ビューを作成します。

フォームに新しいビューを追加すると、最初はページ レイアウト テンプレートになります。ここで、リボンの [挿入] タブからレイアウト テーブルを追加してフォームを作成し、[ホーム] タブの [コントロール] からコントロールを追加することができます。

また、[フィールド] 作業ウィンドウから該当するフィールドをドラッグすることにより、他のビューで使用されているコントロールと同じフィールドを共有するコントロールを新しいビューに追加することもできます。

  1. ナビゲーション機能をカスタマイズします。

ユーザーはどのようにフォーム間を移動できるでしょうか。ユーザーはビューを切り替えるための既定のコマンドの意味がわかるでしょうか。この既定のコマンドで十分でしょうか、それとも、フォームに直接表示されるボタンをユーザーがクリックしてビューを切り替えることができるようにしますか。ユーザーがボタンをクリックするとしたら、タブ付きのユーザー インターフェイスと、[戻る] ボタンおよび [次へ] ボタンのどちらを使用しますか。印刷レイアウト表示の場合、ユーザーが一度にすべてのビューを印刷できるようにしますか、それとも使用中のビューのみを印刷できるようにしますか。

[ページ デザイン] タブの [ビュー]

リボンの [ページ デザイン] タブの [ビュー] では、ビューの追加と削除またはさまざまなビューの切り替えを実行できます。選択されたビューの設定や動作をカスタマイズするには、[プロパティ] をクリックして、[ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

また、印刷レイアウト表示を作成して、既存のビューに関連付けることもできます。これには、まず、フォーム ビューを印刷するときに表示する印刷レイアウト表示を作成し、次に、[ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスで、この印刷レイアウト表示を既存のビューに割り当てます。[ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスの [印刷の設定] タブと [ページ設定] タブで、ヘッダー、フッター、ページの余白など、印刷レイアウト表示に独自の印刷オプションを指定することもできます。

ページの先頭へ

ビューを追加する

フォームにビューを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [ページ デザイン] タブをクリックし、[ビュー] の [新しいビュー] をクリックします。

  2. ビューの名前を入力し、[OK] をクリックします。

フォームでビューを追加、削除、切り替える

  1. [ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスを開くには、[ページ デザイン] タブをクリックし、[ビュー] の [プロパティ] をクリックします。

  2. [ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスで、ビューに必要な設定やオプションを変更または指定し、[OK] をクリックします。

フォームでビューを追加、削除、切り替える

  1. ワークスペースで、レイアウト テーブルとコントロールをビューに追加し、ビューをデザインします。

既存のビューに新しいビューのデザインを作成する場合は、既存のビューを開いて、ctrl キーを押しながらaキーを押すと、ビュー内のすべての項目が選択され、ctrl キーを押しながらCキーを押すと、選択範囲がクリップボードにコピーされます。[ページデザイン] タブの [ビュー] グループの [ビュー] リストから新しいビューを選択し、表示されている事前に設定されたコンテンツを削除してから、ctrl + V キーを押して選択範囲を新しいビューに貼り付けます。

ページの先頭へ

ビューを削除する

削除したビューを回復したり、復元したりすることはできません。ビューが 1 つしかないフォームで既定のビューを削除した場合、InfoPath によって新しい既定のビューが自動的に作成されます。複数のビューがあるフォームで既定のビューを削除した場合は、[ページ デザイン] タブの [ビュー] の [ビュー] ボックスの一覧にある、ビューの一覧における次のビューに既定のビューのステータスが割り当てられます。

  1. [ページ デザイン] タブの [ビュー] で [ビュー] ボックスの一覧から、削除するビューを選択します。

  2. [ページ デザイン] タブの [ビュー] で [削除] をクリックします。

  3. ビューの削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

ページの先頭へ

既定のビューを変更する

各フォームには、既定のビューがあります。独自のフォームに基づいたフォームをユーザーが開くと、このビューが表示されます。フォームのカスタム ビューを作成した場合、使用可能なビューのうち、どれがユーザーの既定のビューになるかを選択できます。

  1. [ページ デザイン] タブの [ビュー] で [ビュー] ボックスの一覧から、既定のビューにするビューを選択します。

  2. [ページ デザイン] タブの [ビュー] で [プロパティ] をクリックします。

  3. [既定のビューに設定する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

フォームに 1 つしかビューがない場合は、そのビューが自動的に既定のビューに指定されます。

ページの先頭へ

ビューの名前を変更する

  1. [ページ デザイン] タブの [ビュー] で [ビュー] ボックスの一覧から、名前を変更するビューを選択します。

  2. [ページ デザイン] タブの [ビュー] で [プロパティ] をクリックします。

  3. [ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスで [ビュー名] ボックスに新しい名前を入力し、[OK] をクリックします。

注: ユーザー設定コードに関連付けられているビューの名前を変更すると、コードが予期したとおりに動作しなくなることがあります。この問題を解決するには、コード内で従来のビューの名前を参照しているすべての箇所を検索し、それらの箇所をビューの新しい名前で更新する必要があります。

ページの先頭へ

ビューを切り替えるためのボタンを追加する

ルールに従って動作するようにビューをデザインすることはよくあります。ルールを使用すると、フォームを入力するユーザーが実行したイベントやアクションに反応して、特定のタスクを自動化できます。たとえば、フォームにボタンを挿入し、そのボタンがクリックされたときにビューを切り替えるルールを作成すると、フォームにボタンを挿入した後に、このルールをボタンに関連付けて、ユーザーがボタンをクリックしたときにビューを切り替えるようにできます。

具体的には、保険金請求フォームで、[概要の表示] ボタンを作成して、クリックしたときにクレームデータの上位レベルのビューを開くことができます。[サマリー] ビューでは、[詳細の表示] ボタンをクリックして、より詳細なビューに戻ることができます。同様に、非常に長い形式の場合は、複数のビューに分割して、ユーザーがフォーム内を移動できるように、[次へ] と [戻る] ボタンまたは [タブ付きナビゲーション] を追加することができます。

  1. 各ビューでボタンを挿入します。

次の手順を完了するには、既存のビューを 2 つ含むフォームが必要です。

  1. [ページ デザイン] タブの [ビュー] で [ビュー] ボックスの一覧から、ボタンを追加するビューを選択します。

  2. フォーム上のボタンを挿入する場所にカーソルを置きます。

  3. [ホーム] タブの [コントロール] で [ボタン] をクリックします。

  4. リボンの [コントロール ツール] の [プロパティ] タブをクリックします。

  5. [ラベル] ボックスにボタン名を入力し、[OK] をクリックします。

  • ビューを切り替えるルールを作成します。

    1. ボタンを選択します。

    2. [コントロール ツール] の [プロパティ] タブの [ルール] で [ルールの追加] をクリックします。

      フォームでビューを追加、削除、切り替える

    3. [このボタンがクリックされたとき] をポイントし、[動作] の一覧の [ビューを切り替える] をクリックします。

    4. [ビュー] ボックスの一覧で、ボタンがクリックされたときに表示するビューを選択し、[OK] をクリックします。

      フォームでビューを追加、削除、切り替える

  • 手順 1. ~ 2. を繰り返し、ビューごとに、追加のボタンとそれに対応するルールを作成します。

  • ビューにボタンを追加し、必要なルールを作成した後で、フォームをテストして、予期したとおりの動作かどうかを確認することをお勧めします。

  • [ホーム] タブの [フォーム] で [プレビュー] をクリックします。

  • ボタンをクリックして、予期したとおりにビューを切り替えられることを確認します。

    フォームの読み込み時にユーザー ロールに基づいてビューを切り替えるルールが作成されていない限り、最後に使用していたビューがプレビュー ウィンドウに表示されます。

注: [読み取り専用] ビューでは、ボタンは使用できません。SharePoint リストフォームの表示ビューなどの読み取り専用ビューでのナビゲーションの場合は、リボンの [プロパティ] タブの [コントロールのプロパティ] ダイアログボックスの [図] ボタンを使用して、[読み取り専用ビュー ] の [図の非表示] をオフにします。

ページの先頭へ

フォーム読み込みのルールを使用してビューを表示する

ユーザーがフォームを開く場合、そのユーザーまたは他の条件に固有のビューを表示できます。たとえば、ユーザー ロールと複数のビューが含まれるフォームをデザインする場合は、ユーザーに割り当てられているユーザー ロールに基づいてビューを表示するのが便利です。具体的には、ルールを使用して、特定のユーザー ロールが割り当てられているユーザーが、独自のフォームに基づいたフォームを開いたときに、ビューを表示するようにできます。

ユーザーロールは、InfoPath フィラー用に設計されたフォームでのみ使用できます。web 対応フォームのグループメンバーシップに基づいてビューを切り替えるには、ユーザープロファイル web サービスの getUserMemberships メソッドを使用してユーザーメンバーシップを決定するフォーム読み込みルールを作成することを検討してください。

この手順では、ユーザー ロールがフォームで定義されていることを前提としています。フォームに 1 つのユーザー ロールもない場合は、この手順を開始する前に [データ] タブでユーザー ロールを追加します。

  1. [データ] タブの [ルール] で [フォームの読み込み] をクリックします。

  2. [新規作成] をクリックし、[動作] をクリックして、[詳細] ボックスにルールの名前を入力します。

  3. ユーザー ロールに基づいてフォームにビューを読み込むには、[条件] セクションのリンクをクリックします。1 つ目のボックスの一覧で [ユーザーの現在のロール] をクリックし、ユーザー ロールを選択します。

フォームの読み込み方法に影響する条件によっては、その他のオプションを選択することもできます。

フォームでビューを追加、削除、切り替える

  1. [OK] をクリックします。

  2. [追加] をクリックし、[ビューを切り替える] をクリックします。

フォームでビューを追加、削除、切り替える

  1. [ビュー] ボックスの一覧で、必要なビューをクリックし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×