フォント パターンを適用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォント パターンを適用すると、文書内のスタイルが変更され、それらのスタイル用の既定のフォントの代わりに、フォント パターン内の 2 つのフォントのうちの 1 つが使用されるようになります。

オプションを選択することにより、フォント パターンの適用時に変更されるテキスト属性 (フォントやフォント サイズなど) を制御できます。

フォントによっては、ブラウザが変わると見た目も変わる場合があるため、Publisher には、Web 上で常に一貫した表示になるように選択された Web フォント パターンが用意されています。

この記事の内容

フォント パターンを適用します。

フォント パターンの影響を受けるコントロールのテキストの属性

Web ページのフォント パターンを選択します。

フォント パターンを適用する

  1. [書式] メニューの [フォント パターン] をクリックします。

  2. [文書の書式設定] 作業ウィンドウの [フォント パターン] で、フォント パターンをクリックします。

ページの先頭へ

フォント パターンに影響されるテキスト属性を制御する

  1. [書式] メニューの [フォント パターン] をクリックします。

  2. [文書の書式設定] 作業ウィンドウの [フォント スキーマ] で、[フォント パターンのオプション] をクリックします。

  3. 必要なオプションを選択します。

ページの先頭へ

Web ページ用のフォント パターンを選択する

Web ページのテキストがすべてのブラウザで同じように表示されるようにするには、Web フォントまたは Web フォント スキーマを使用できます。

注: テキストを図に変換することもできます。ただし、テキストを図に変換すると、図に代替テキストを追加しない限り、図を表示せずに Web を参照しているユーザーはそのテキストを見ることができません。

Web フォントは、画面上での読みやすさを重視してデザインまたは選択された英数字用のフォントです。Web 用の文書で作業している場合、Web フォントを使用すると、Web サイトのテキストの読みやすさが向上し、どのサイズの画面を使用しているユーザーにも読みやすいものにできます。Web フォントには次のフォントがあります。

  • Arial

  • Arial Black

  • Comic Sans MS

  • Courier New

  • Georgia

  • Impact

  • Symbol

  • Times New Roman

  • Trebuchet

  • Verdana

  • Wingdings

次のフォント パターンは、Web フォントの相補的な組み合わせによって構成されています。

  • Archival

  • Basis

  • Binary

  • Casual

  • Data

  • Foundation

  • Impact

  • Online

  • Versatile

  • Virtual

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×