フォント、ハイパーリンク、スペル チェック

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Outlook では見栄えのしないテキストで我慢する必要はありません。

[メッセージ] タブをクリックして、基本的な書式設定オプションを見ていきましょう。

まず、書式を設定したいテキストを選んでから、オプションをクリックします。

たとえば、[太字] をクリックして、このテキストを太字にします。次に、このテキストを選んで [箇条書き] をクリックし、箇条書きにします。

また [フォント サイズ] の矢印をクリックして、別のフォント サイズを選びます。

ほかにも [フォント] の矢印をクリックして、フォント スタイルを変更するほか、段落の両端揃えやインデントを指定することもできます。

ボタンの機能について知りたい場合は、オプションの上にマウス ポインターを置くと、ボタンの説明が表示されます。

クイック操作には、選んだテキストを右クリックして表示されるミニ ツール バーを使います。

どんなオプションがあるか、テキストを選んでクリックしてみてください。

変更内容が気に入らない場合は、Ctrl + Z キーで元に戻すことができます。

または、クイック アクセス ツール バーの [元に戻す] をクリックします。

すべての書式設定を一度に解除したい場合は、テキストを選んで、[書式のクリア] をクリックします。

必要な書式設定オプションが見つからない場合は、[書式設定] タブをクリックします。

このタブには、[メッセージ] タブのすべての書式設定オプションとその他のオプションが表示されます。テキストを選んで、オプションをいくつか試してみましょう。

[文字種の変換] では、すべての文字を小文字にしたり、単語の先頭文字を大文字にすることができます。

これ以外の [段落] オプションもあります。

このテキストは全体的に窮屈な感じに見えますが、

行間オプションを使えば問題を解決できます。

では、それぞれの段落の後に行間を追加してみましょう。だいぶ見やすくなりました。

次に、この箇条書きのテキストを選んでから、[塗りつぶし] の横の矢印をクリックして、塗りつぶしの色を選びます。

段落に罫線を引いたり、リストを並べ替えることもできます。

すべての書式設定オプションについて詳しくは、このコースの最後にあるコースのまとめをご覧ください。

Microsoft Word をご使用であれば、スタイルというオプションについてご存じかと思います。

[スタイル] グループの [その他] ボタンをクリックして、スタイル ギャラリーを開きます。

組み込みのスタイルを使うか、独自のスタイルを作成できます。複数の書式設定オプションを組み合わせたスタイルを 1 回のクリックで選ぶこともできます。

ここでは、見出しに標準スタイルが適用されていますが、

別のスタイルにマウス ポインターを合わせると、スタイルがどのように変わるかを確認できます。

これは見出しなので、見出しのスタイルを選んで、大きいフォントと配色でテキストを目立たせます。

スタイルのその他のオプションを使うには、[スタイルの変更] をクリックします。

ここでは、メールのフォントや段落のスタイル、色などの全体的な見た目を簡単に変更できます。

Outlook メールの基本的な書式設定は以上ですが、もう 1 つ注意していただきたい点があります。

たとえば、書式を追加しようとしても、どのボタンも使えないことがあります。

そのような場合は、[書式設定] タブをクリックして、[形式] グループを確認します。

ボタンが使えないのは、テキスト形式のメールに返信しようとしている場合が考えられます。

テキスト形式は基本的なメールを送信するのには最適ですが、書式設定を使いたい場合は、

[リッチ テキスト] または [HTML] 形式に変更する必要があります。

[HTML] 形式は、スマートフォンを含むほとんどのメール アプリと互換性があるため、お勧めします。

[HTML] を選ぶと、すぐに書式設定を始められます。

書式設定オプションについて詳しくは、このコースの最後にあるコースのまとめをご覧ください。

または、オプションをクリックして、機能を確認してみてください。

Ctrl + Z キーを押せば、いつでも変更を元に戻すことができます。

次は、すべてのメッセージのフォントを変更する方法についてご説明します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×