フォロー アップ アラームを設定した電子メール メッセージを送信します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

メッセージを送信するアクションが必要なまたはその受信者に通知するフラグを設定できます。

自分用のフラグを設定します。

応答を要求するメッセージを送信します。 要求を忘れないでくださいし、必要な情報を取得するかどうかを確認します。 自分宛てにフラグを使用して、他のユーザーを応答を送信することを確認できます。 フラグを追加すると、タスクおよびタスク プレビューで to do アイテムが表示されます。

  1. メッセージ_gt のフラグの設定] をクリックします。

    リボンの [フラグの設定]

  2. 今日明日今週来週日付、またはユーザー設定] をクリックします。

メッセージを表示したままで、 [送信済みアイテムフォルダーからなる、ので、自分用のアラームを追加することをお勧めします。 アラームは、フォロー アップの期日、今後の会議や予定の表示と同じように表示される警告ダイアログ ボックス。

自分用のアラームを追加するには、[フラグの設定_gtアラームの追加] をクリックします。 アラーム] ダイアログ ボックスを表示する場合の日付と時刻を入力します。

受信者のフラグを設定します。

フラグ、メッセージの受信者に重点を追加します。 フラグがメッセージ一覧に表示して、メッセージの差出人上にあるテキストが表示されます。 受信者もOutlookを使用している場合、アイテムがだれかの to do リストに追加されます。

  1. メッセージ_gt のフラグの設定] をクリックします。

    リボンの [フラグの設定]

  2. [ユーザー設定] をクリックします。

  3. [受信者用にフラグ] ボックスを確認してください。

    [ユーザー設定] ダイアログ ボックスの [受信者用にフラグを設定する] コマンド

  4. [ユーザー設定] ダイアログ ボックスで、[フラグの内容] の既定のテキストを説明またはアクションに変更することをお勧めします。 たとえば、「許可の件について Anne に回答を送る」と入力します。 これは、テキストから線の上に、受信者が表示されます。

追加の表示設定のアラームを含めることができます。 アラームは、フォロー アップが期限を超過しているときに表示される警告ダイアログ ボックスについては、予定、会議の表示と同じように開始します。

受信者用のアラームを追加するには、[受信者用にフラグ] ボックスを確認し、受信者を表示するのには、[アラーム] ダイアログ ボックスの目的の日付と時刻を入力します。

ヒント: 受信者のフラグにアラームを追加する際に判断を使用します。 実際に、[アラーム] ダイアログ ボックスで、受信者を中断する必要がある場合、またはフラグが十分な場合は確認します。

[フラグの設定] メニューの [フラグの日付の動作

フォロー アップするアイテムをマークして、アラームを追加するのには、フラグを使用します。 次の既定の開始と、日付、期限、アラーム時刻がフラグを使用します。 それぞれの設定をカスタマイズできます。

フラグ

開始日

期限

アラーム

今日

現在の日付

現在の日付

現在の稼働日の終了時刻の前に 1 時間

明日

現在の日付 + 1 日

現在の日付 + 1 日

現在の日付 + 1 稼働日の開始時刻

今週

現在の日付 + 2 日ですが今週の最後の稼働日より後

今週の最後の稼働日

現在の日付 + 2 稼働日の開始時刻

来週

来週の最初の稼働日

来週の最後の稼働日

来週の最初の稼働日の開始時刻

日付なし

日付なし

日付なし

現在の日付

ユーザー設定

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

関連項目

アラームを設定または解除する

受信メッセージにフォローアップのフラグを設定する

電子メール メッセージに確認を追加する

自分用のフラグを設定します。

次のいずれかの操作を行います。

  • メッセージ一覧では、希望するメッセージをクリックします。 [メッセージ] タブの [タグ] グループで、フラグの設定] をクリックし、設定するフラグの種類をクリックします。

  • [メッセージ] タブの [タグ] グループで、開いているメッセージでは、フラグの設定] をクリックし、設定するフラグの種類をクリックします。

このフラグが設定されたメッセージ、[メッセージ] タブの [タグ] グループで、アラームを表示する場合は、フラグの設定] をクリックし、[アラームの追加] をクリックします。 必要に応じて、アラームの日時を変更します。

受信者のフラグを設定します。

他のユーザーに通知を送信する場合は、判断を使用します。 一部の受信者作業する際にアラームを念頭可能性があります。 別の方法として開始と期限とするフラグを設定する] ボックスの一覧で取り上げるその他のフラグが設定されたメッセージを送信します。 これにより、情報は、アラームを設定せずに、メッセージの情報バーに、その受信者に利用できます。

フラグを送信するには、すべき他のユーザーが求めるメッセージが表示されるように、メッセージを送信する前に、次を手順します。

  1. [メッセージ] タブの [タグ] グループで、開いているメッセージでは、フラグの設定] をクリックし、[受信者用にフラグ] をクリックします。

  2. [受信者用にフラグを [フラグの内容の一覧で、送信するフラグの種類をクリックします。

  3. 既定では、受信者のフラグが設定されたメッセージは、アラームを追加します。 必要に応じて、日付と時刻を変更します。 アラームを設定するしない]、[アラーム] チェック ボックスをオフにします。

場合は、回答を実行するためのメール メッセージのフラグの設定をすることができます。

[フラグの設定] メニューの [フラグの日付の動作

フォロー アップするアイテムをマークして、アラームを追加するのには、フラグを使用します。 次の既定の開始と、日付、期限、アラーム時刻がフラグを使用します。 それぞれの設定をカスタマイズできます。

フラグ

開始日

期限

アラーム

今日

現在の日付

現在の日付

現在の稼働日の終了時刻の前に 1 時間

明日

現在の日付 + 1 日

現在の日付 + 1 日

現在の日付 + 1 稼働日の開始時刻

今週

現在の日付 + 2 日ですが今週の最後の稼働日より後

今週の最後の稼働日

現在の日付 + 2 稼働日の開始時刻

来週

来週の最初の稼働日

来週の最後の稼働日

来週の最初の稼働日の開始時刻

日付なし

日付なし

日付なし

現在の日付

ユーザー設定

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

関連項目

アラームを設定または解除する

対処が必要な電子メール メッセージをトラッキングする

フラグが設定されたメール メッセージを確認します。

電子メール メッセージに確認を追加する

フラグを追加する

自分用のフラグを設定します。

  1. [メッセージ] タブの [オプション] グループで、新しいメッセージにフォロー アップ ボタンの画像 ] をクリックします。

  2. [フラグの設定] メニューで、アラームの追加] をクリックします。

  3. アラームの種類を選択するには、フラグの内容の一覧からいずれかを選択します。

    たとえば、通話などを転送しない]個人情報には、校閲アラームを使用するその他の特定の語句を選択できます。 この情報は、メッセージに情報バーに表示されます。

  4. [アラーム] ボックスの横にあるリストで、日付と時刻を選択します。

    日付と時刻を選択すると、アラームも情報バーに表示されます。

  5. サウンドのアラームの既定値を変更するには、 ボタンの画像 ] をクリックし、サウンド ファイルを参照します。 選択されていない場合は、この音を鳴らす] チェック ボックスを選択します。

受信者のフラグを設定します。

他のユーザーに通知を送信する場合は、判断を使用します。 一部の受信者念頭に作業する際にアラームが鳴ます。 別の方法として開始と期限とするフラグを設定する] ボックスの一覧で取り上げるその他のフラグが設定されたメッセージを送信します。 これにより、情報は、アラームを設定せずに、メッセージの情報バーに、その受信者に利用できます。

  1. [メッセージ] タブの [オプション] グループで、新しいメッセージで[フラグの設定 ボタンの画像 ] をクリックします。

  2. フラグの設定] メニューで、[受信者用にフラグをクリックします。

  3. ] セクションの受信者用にフラグを選択する (フラグの設定は、既定値)、アラームの種類を選択にフラグボックスの一覧で必要なフラグします。

    たとえば、通話などを転送しない]個人情報には、校閲アラームを使用するその他の特定の語句を選択できます。 この情報は、メッセージの上部に表示されます。

  4. [アラーム] ボックスの横にあるリストで、日付と時刻を選択します。

    日付と時刻を選択すると、アラームも情報バーに表示されます。

    ヒント: 自分や他のユーザー用のフラグとアラームを含める、自分用のフラグのチェック ボックスをオンにしを [、フラグの情報を選択し、アラームのオプションを選択します。

フラグが設定されたメッセージを送信した後は、受信者を管理できます。 Microsoft Exchange アカウントを使用している場合を検索し、受信した返信を追跡もできます。 [フラグ付きメッセージを検索するには、この機能について説明します。

[フラグの設定] メニューの [フラグの日付の動作

フォロー アップするアイテムをマークして、アラームを追加するのには、フラグを使用します。 次の既定の開始と、日付、期限、アラーム時刻がフラグを使用します。 それぞれの設定をカスタマイズできます。

フラグ

開始日

期限

アラーム

今日

現在の日付

現在の日付

現在の稼働日の終了時刻の前に 1 時間

明日

現在の日付 + 1 日

現在の日付 + 1 日

現在の日付 + 1 稼働日の開始時刻

今週

現在の日付 + 2 日ですが今週の最後の稼働日より後

今週の最後の稼働日

現在の日付 + 2 稼働日の開始時刻

来週

来週の最初の稼働日

来週の最後の稼働日

来週の最初の稼働日の開始時刻

日付なし

日付なし

日付なし

現在の日付

ユーザー設定

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要な場合は、カスタムの日付を選択します。

関連項目

アラームを設定または解除する

対処が必要な電子メール メッセージを追跡する

フラグの設定されたメッセージを検索する

フラグを追加、削除する

電子メール メッセージに確認を追加する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×