スキップしてメイン コンテンツへ
フォルダーを使用して学生または他のチームメンバーの読み取り専用ファイルを作成する

フォルダーを使用して学生または他のチームメンバーの読み取り専用ファイルを作成する

一般的なチャネルの [クラス素材] フォルダーを使用して、閲覧はできるが編集はできない学生とファイルを共有します。 これは、カリキュラム、school rules、参考資料などのドキュメントをクラスで共有するための優れた方法です。 独自の読み取り専用フォルダーを作成して、チーム内のメンバーの編集権限を制限することもできます。

注: クラス素材フォルダーは、現在モバイルデバイスでは使用できません。 Desktop Teams アプリまたはモバイル SharePoint アプリを使用してクラスマテリアルにアクセスしてください。 クラスの教材は、SharePoint のナビゲーションのページの下にあります。

クラスチームのクラス素材フォルダーにファイルを追加する

  1. クラスチームの [全般] チャネルに移動し、[ファイル] タブを選択します。

  2. [クラス素材] を選びます。

    [ファイル] タブで、[クラス素材] フォルダーを選択します。

  3. [新規] ボタンを使用して、[クラス素材] フォルダーに新しい読み取り専用ファイルを作成します。 [アップロード] ボタンを使用して、OneDrive またはデバイスからファイルを追加します。

    新しいファイルを作成するには、[新規作成] を選択します。

  4. ファイルの横にある [その他のオプション] [その他のオプション] アイコン 選んで、[移動] または [コピー] を選択して、ファイルをクラスの素材フォルダーに移動またはコピーすることもできます。 ファイル構造に従って、クラスマテリアルを選択します。

    ファイルを移動またはコピーする。

注: 同じ権限を持たない場合、クラス素材ファイルをフォルダーに移動またはコピーすると、学生はそのドキュメントのコピーを編集できるようになります。

今後、[クラス素材] フォルダーに、学生が編集できないようにするファイルを追加します。 チームまたは SharePoint からフォルダーにファイルを追加することができます。変更内容は同期されたままになります。

独自の読み取り専用フォルダーを作成する

読み取り専用フォルダーを作成すると、自分が所有しているチームのメンバーとファイルを共有して、ファイルを編集できないようにすることができます。

  1. ファイルの共有を計画しているチーム内のチャネルに移動します。

  2. [ファイル] タブを選択し、[SharePoint で開く] を選びます。 SharePoint が Web ブラウザーで開き、自分のチームに対するファイル構造が示されます。

    SharePoint を [ファイル] タブから開きます。

  3. SharePoint で、[ + 新しい > フォルダー] を選びます。 フォルダーに名前を付けて、[作成] を選びます。

  4. 作成したフォルダーの [アクションの表示] (フォルダーを選択すると表示される縦方向の3つの点) を右クリックするか、[詳細] を選択します。

    [詳細] を選びます。

  5. [詳細] ペインで [アクセスの管理] を 選択します。

  6. [メンバー] の下で、ドロップダウンの矢印を選択して [Change to view only (表示のみに変更)] を選びます。

    [詳細] ペインで [表示のみに変更] を選択します。

これから、学生またはスタッフがこのフォルダーに編集する必要のないファイルを追加します。 チームまたは SharePoint からフォルダーにファイルを追加することができます。変更内容は、前後に同期されます。

注: 読み取り専用のファイルを同じ権限を持たないフォルダーに移動またはコピーすると、チームメンバーはそのドキュメントのコピーを編集することができます。

詳細情報

Microsoft Teams のファイル

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×