フェーズとタスクの定義

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクトに関係する作業について理解したら、Microsoft Office Project 2007 でタスク リストを作成します。タスク リストはプロジェクトの中心となります。タスク リストが不完全であるか、計画が不適切であれば、プロジェクトの進捗が深刻に妨げられます。タスクをマイルストーンとフェーズに整理することで、プロジェクトが構造化され、進捗状況の評価が楽になります。

標準のプロジェクト管理方法を使用して数千のステップが数年続くプロジェクトでも、アジャイル プロジェクト管理方法を使用して少数のステップが 1 か月で終わるプロジェクトでも、プロジェクトを達成するためにはタスク リストの整理が欠かせません。

ヒント: この記事は、さまざまなプロジェクト管理作業について説明している「ステップ ガイド」の記事の一部です。プロジェクト管理の各作業は、計画の立案、プロジェクトの進捗管理、およびプロジェクトの終了というプロジェクト管理のライフ サイクルに向けて構成されるため、"目標" という言い方をします。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

"スタート プラン ユーザー ゴール" グラフィック

番号 1  プロジェクト タスクを定義する     タスクはプロジェクトの中心となる部分です。それぞれのタスクは、プロジェクトの完成に必要な個別の作業を表します。

詳細情報

適切に定義されたタスクとは、プロジェクト管理者がタスクの完了を簡単に判別できるように、開始と終了が明確なタスクです。

タスクの作成時には、次の点に注意してください。

  • 実用的な見地から、タスクは 1 日以上の長さにしてください。長期間のプロジェクトでは、タスクの期間が長くなる傾向があります。短期間のプロジェクトでは、タスクの期間が短くなる傾向があります。

  • 一般的には、作業が開始される順番でタスクを入力することをお勧めします。ただし、プロジェクトによっては類似するタスクをグループ化したり、タスクに従事するリソースの種類に応じてタスクをグループ化したりする必要があります。このようにして、プロジェクトのフェーズを作成します。

    組織で慣習的に作業を特定のカテゴリに分類している場合は、そのカテゴリに従って分類することもできます。ただし、タスクをグループ化する場合、タスクをグループ化することで既にアウトラインが構成されるため、後でタスクのアウトラインを作成することはできなくなります。

  • タスク リストの構造によって、プロジェクト計画の詳細レベルが決定されます。プロジェクトのフェーズのみがタスク リストに含まれていて、各フェーズの期間が長い場合、その計画はプロジェクトの概要を表したものになります。最小単位の作業までがタスク リストに含まれている場合、計画は極端に細かくなります。通常は、この 2 つの間を取った、バランスのよい一覧を作成する必要があります。

    タスク リストの詳細レベルを決める 1 つの方法は、プロジェクトをどれだけ詳細に管理するかを検討することです。

    • 実行が必要な作業を小さなものまで含めてすべて一覧に含める場合、すべてのタスクを管理し、おそらく 1 日に 1 回はその進捗状況を入力する必要があります。その場合、最小単位の作業項目が少し遅れただけでも把握できます。

      作業を 1 か月程度のタスクに分割することが好まれる組織では、より詳細なタスクを作成すると役立つ場合があります。アジャイル プロジェクト管理を行う場合など、短期間のタスクを使用することで、スコープやリソースの変更に対するプロジェクトの柔軟性を向上できることがあります。

    • プロジェクトのフェーズのみを一覧に含めて管理する場合、プロジェクトはそれほど頻繁に更新する必要はありません。その場合、フェーズが終了するまで作業の遅れを把握することはできません。

  • プロジェクトの重大性、タスクの確認と更新を行う頻度、およびプロジェクトの遅延を防ぐために進捗管理する必要があるタスクのレベルなどを考慮します。

番号 3  プロジェクトにタスクを入力する     繰り返し実行するタスクと、1 回のみ実行するタスクを追加します。

4 番   プロジェクトのフェーズとサブフェーズを作成する    関連するタスクをグループ化することでプロジェクトに大きなステップを作成し、プロジェクトを整理します。

番号 5  マイルストーンを設定する     マイルストーンによって、プロジェクトの重要な時点に目印を付けることができます。マイルストーンはプロジェクトの進捗状況を監視する目的で使用されます。

2 番  プロジェクトにタスクをインポートする     別の場所にタスク リストを既に保存している場合、タスクをインポートします。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

  • 簡単な方法としては、Excel のデータをプロジェクトにリンクするか、埋め込みます。Microsoft Office Excel に動的にリンクされているタスクがプロジェクトに追加されます。

  • プロジェクトには、他のファイル形式からデータをインポートします。Excel ワークシート、データベース、またはテキスト ファイルからタスク データをインポートし、対応するフィールドProject 2007にそのデータをマップできます。プロジェクト ファイルに、タブ区切り、コンマ区切り値テキスト形式のファイルをインポートすることもできます。

  • Microsoft Office Outlook でタスク リストを保存し、リストをプロジェクト プランにコピーする場合、Outlook タスク リストをプロジェクトにインポートします

番号 6  タスクに関するサポート情報を追加する     詳細な情報を、メモやドキュメント、Web ページへのリンクなどの形式で追加します。

次のうち、該当する項目をクリックしてください。

前の目標  |  次の目標

ステップ ガイドのすべての目標を表示する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×