フィールド プロパティを伝達する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: この記事は、Access web アプリに適用されません。

一部のフィールド プロパティは継承できます。 フィールドを基にしたコントロールを作成すると、プロパティ設定には 基になるフィールドから継承された、新しいコントロールが含まれています。 継承できるフィールド プロパティをデザイン ビュー テーブルで変更した場合、そのフィールドに既に基づいているコントロールにも同じ変更が行われます。  自動的に変更を行う というこの処理は、伝達と呼ばれます。

伝達された "説明" プロパティの設定がステータス バーに表示された

1. 継承可能なフィールド プロパティを変更する.

2.… 問題なければ [プロパティの場所で設定を更新する] を選びます。

3.… は新しいプロパティの設定は、フィールドが使用されている場所に自動的に更新されます。

たとえば、フィールドの "説明" プロパティを変更すると、そのフィールドに連結されているコントロールにも同じ変更を加えることができます。その後、フォームを開き、そのフィールドを使用しているコントロールを選択すると、ステータス バーに新しい説明が表示されます。

継承できるプロパティを更新する

  1. 継承できるプロパティに適切な変更を加えます。 [プロパティの更新オプション] が表示されます。

  2. [プロパティの更新オプション] をクリックして、ドロップダウン メニューの [フィールドが使用されているすべての箇所で継承されたプロパティを更新します] をクリックします。 [プロパティの更新] ダイアログ ボックスが表示され、フィールドを使用しているデータベース オブジェクトの一覧が表示されます。

  3. [プロパティの更新] ダイアログ ボックスで、自動的に更新する項目をすべて選択し、[はい] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×