フィールド プロパティを伝達する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

一部のフィールド プロパティは継承できます。フィールドを基にしたコントロールを作成すると、基になるフィールドからプロパティ設定が継承され、新しいコントロールに設定されます。継承できるフィールド プロパティをデザイン ビューで変更すると、そのフィールドに既に連結されているコントロールに対しても、自動的に同じ変更を加えることができます。このように自動的に変更を加える処理は、伝達と呼ばれます。

伝達された "説明" プロパティの設定がステータス バーに表示された

1. 継承できるフィールド プロパティを変更します。

2. すべての箇所でプロパティ設定を更新するように指定します。

3. フィールドが使用されているすべての箇所で、新しいプロパティ設定に更新されます。

たとえば、フィールドの "Description/説明" プロパティを変更したら、Access の機能を利用して、そのフィールドに連結されているコントロールにも同じ変更を加えることができます。その後、フォームを開き、同じフィールドが使用されているコントロールを選択すると、ステータス バーに新しい説明が表示されます。

継承できるプロパティを更新する

  1. 継承できるプロパティに必要な変更を加えます。[プロパティの更新オプション] が表示されます。

  2. プロパティの更新オプション] ボタンをクリックし、[ドロップダウン メニューで、[更新プログラムに反映されているフィールドが使用されている場所でプロパティ] をクリックします。[更新プログラムのプロパティ] ダイアログ ボックスが開き、フィールドを使用してデータベース オブジェクトの一覧が表示されます。

  3. [プロパティの更新] ダイアログ ボックスで、自動的に更新する項目をすべて選択し、[はい] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×