フィールド コード: Seq (連番) フィールド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Seq (連番) フィールドは、文書内の章、表、図、その他の項目に順番に番号を付けます。項目とそれに対応する Seq フィールドを追加、削除、または移動すると、文書内に残っている Seq フィールドが更新され、新しい順序を反映します。

ListNum フィールドでも自動的に番号を付けることができ、箇条書きの項目に複雑な段落番号を付けるには、こちらの方が適している場合があります。

Seq フィールドを挿入して文書中の表、図、またはその他の項目に番号を付けるには、[参考資料] タブの [図表番号] で [図表番号の挿入] をクリックして、[図表番号] コマンドを使用するのが最も簡単です。

注: ヘッダー、フッター、コメント、または脚注内の Seq フィールドは、文書の本文の Seq フィールドが生成する連番影響しません。

構文

文書内の Seq フィールド コードを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ SEQ 識別子 [ブックマーク ] [スイッチ ] }

注: フィールド コードはフィールドに表示する内容を指定します。フィールドの実行結果はフィールド コードを評価した後文書に表示されます。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

識別子

番号を付ける一連の項目に割り当てる名前です。名前の先頭は文字でなければならず、最大 40 文字 (文字、数字、およびアンダースコア) に制限されています。をクリックします。たとえば、一連の表の名前には "表" という名前を指定できます。

ブックマーク

文書外の場所にある項目を参照するブックマーク名を含めます。たとえば、図を相互参照するには、その図の Seq フィールドの番号付けに "Pic2" というブックマークを付け、{ SEQ illust Pic2 } を使用してそれに対する相互参照を挿入します。

スイッチ

\c

直前の連番を繰り返します。これは、ヘッダーとフッターに章番号を挿入するのに便利です。

\h

フィールドの実行結果を非表示にします。Seq フィールドには、クロス リファレンスを参照、数値を印刷しない場合に使用します。たとえば、するは、段落番号を参照してくださいが、章番号を印刷しないできるようにする可能性があります。\H スイッチが非表示にフィールドの実行結果を書式設定 (\ *) スイッチが含まれてもします。

\n

指定した項目に次の連番を挿入します。これは既定の設定です。

\r n

n 指定された番号に連番をリセットします。たとえば、{ SEQ figure \r 3 } は、図の番号付けを 3 から開始します。

\s

連番を "s" に続く見出しレベルにリセットします。たとえば、{ SEQ figure \s 2 } は、番号付けを見出し 2 スタイルから開始します。

使用例

形式の文書の見出しにスタイルを使用するしなかった場合は、各章の先頭に Seq フィールドを挿入することで章見出しに番号することができます。

  • たとえば、テキストとフィールド "第 { SEQ chapter } 章" は、"第 3 章" という結果を出力します。

  • ヘッダーまたはフッターに章番号を出力するには、\c スイッチを使用します。

  • たとえば、{ SEQ chapter \c } - { PAGE } ページは "3 - 1 ページ" という結果を出力します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×