フィールド コード: MergeField フィールド

宛名の差し込みのメイン文書で、"シェブロン" の差し込み文字内にデータ フィールドの名前を表示します。たとえば、«FirstName» です。メイン文書に選択した データ ソース が差し込まれると、指定したデータ フィールドからの情報が差し込みフィールドの代わりに挿入されます。

以前のバージョンの Word では、差し込まれた文書には、見つからないデータにマップされたフィールドの代わりに、ダブル スペースが頻繁に表示されていました。これからは、フィールドの結果の前後に印刷されるテキストを指定できるようになりました (フィールドにデータが含まれる場合に限る)。

差し込みフィールドを挿入する前に、メイン文書の データ ソース を選択する必要があります。

構文

文書内の MergeField フィールドを表示すると、次のような構文が表示されます。

{ MERGEFIELD FieldName [スイッチ]}

注: フィールド コードはフィールドに表示する内容を指定します。フィールドの実行結果はフィールド コードを評価した後文書に表示されます。フィールド コードとフィールド コードの実行結果の表示を切り替えるには、Alt キーを押しながら F9 キーを押します。

説明

"FieldName"

選択した データ ソース のヘッダー レコードに一覧されるデータ フィールドの名前です。フィールド名は、ヘッダー レコードのフィールド名に正確に一致する必要があります。

スイッチ

\b

フィールドが空白でない場合、MergeField フィールドの前に挿入するテキストを指定します。

\f

フィールドが空白でない場合、MergeField フィールドの後に挿入するテキストを指定します。

\m

MergeField フィールドがマップされたフィールドであることを示します。

\v

縦書き用の文字の変換を有効にします。

次の 3 つの MergeField フィールドを一緒に配置して、指定されたように \f スイッチを使用すると、指定されたフィールド情報が データ ソース に存在する場合にのみ、3 つのフィールドの間にスペースが挿入されます。

{ MERGEFIELD CoutesyTitle \f " " }{ MERGEFIELD FirstName \f " " }{ MERGEFIELD LastName }

結果は次のようになります。

  • すべてのフィールドが存在する場合: Ms. Mindy Martin

  • FirstName がデータ ソースにない場合: Ms. Martin

注: 差し込みフィールドに指定されたフィールド名を変更する必要がある場合、MergeField フィールド コードのフィールド名を編集します。非表示のフィールド コードを使用してフィールド名を変更しても、影響はありません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×