フィールド内の一部の値に基づいてレコードを並べ替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

日付値の月の部分だけに基づいてレコードを並べ替え、日や年は無視したい場合があります。または、テキスト フィールドの最初の数文字だけに基づいてレコードを並べ替えたい場合があります。ここでは、簡単な式を作成してこうした検索を実行する方法について説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

部分的な日付値で並べ替えを行う

部分的なテキスト値で並べ替えを行う

部分的な日付値に基づいて並べ替える

[並べ替え] のいずれかのコマンドを使用してレコードを並べ替える場合は、各レコードの位置を決めるために日付値全体 (日、月、年) が使用されます。しかし、誕生日の月だけに基づいて誕生日を並べ替え、値の日と年の部分を無視する必要があるとします。

日付値の一部だけに基づいて並べ替える場合は、式を作成する必要があります。テーブル内のデータまたはクエリの結果に基づいて並べ替えることができますが、最初にデータシート ビューを使用する必要があります。[フィルタ] タブのクエリ領域で式を作成します。作成する式では、必要なデータだけを抽出し、抽出データに基づいて並べ替えを行います。

[フィルタ] タブを表示する

  1. テーブルまたはクエリをデータシート ビューに切り替えます。

    クエリを操作している場合は、クエリを実行してデータシート ビューで結果を表示します。

  2. [ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] で [詳細設定] をクリックし、ショートカット メニューの [フィルター/並べ替えの編集] をクリックします。

    [フィルタ] タブが表示されます。

式を作成する

  1. [ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] で [詳細設定] をクリックし、ショートカット メニューの [フィルター/並べ替えの編集] をクリックします。

  2. 最初の列の [Field] 行に式を入力します。たとえば、年に関係なく月に基づいて並べ替えるには、最初の列の [Field] 行に式「Expr1: DatePart("m",[BirthDate])」を入力します。

  3. 各月の日に基づいてレコードを並べ替えるには、2 番目の列の [Field] 行に式「Expr2: DatePart("d",[BirthDate])」を入力します。

    最初の列のDatePart関数は、月単位でレコードを並べ替えます、2 番目の列のDatePart関数は、1 か月の日付でレコードを並べ替えます。

  4. [Sort] 行で、式ごとに [昇順] または [降順] をクリックします。

    最初の列の昇順の並べ替えでは、一番上に [1月]、一番下に [12月] が表示されます。2 番目の列の昇順の並べ替えでは、一番上に [1]、一番下に [31] が表示されます。降順の並べ替えでは、その逆になります。

  5. [ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] で、[フィルターの切り替え] をクリックします。

ページの先頭へ

部分的なテキスト値に基づいて並べ替える

部分的なテキスト値に基づいて並べ替えるのは、部分的な日付値に基づいて並べ替えるのとよく似ています。フィルタ/並べ替えの編集ウィンドウで式を作成して、並べ替えの基となる文字列を抽出する必要があります。

City フィールドに North SeattleSouth SeattleNorth TacomaSouth Tacoma などの値が格納されるとします。最初の単語は無視して、2 番目の単語だけでレコードを並べ替えるとします。

  1. [ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] で [詳細設定] をクリックし、ショートカット メニューの [フィルター/並べ替えの編集] をクリックします。

  2. 最初の列の [Field] 行に式を入力します。たとえば、City フィールドの最初の 6 文字を無視するために「=Mid([City], 7)」と入力します。

    Mid関数は、フィールド、指定した文字列に含まれている部分を返します。この例では、各レコードの値を返します、7 文字から始まる (つまり、スペース後) 市区町村] フィールドにします。

  3. [Sort] セルで、[昇順] または [降順] をクリックします。

  4. [ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] で、[フィルターの切り替え] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×