フィールドまたはグループを追加、移動、または削除する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フィールドおよびグループのすべてのユーザーがフォームに入力したデータを格納されているデータ ソースが構成されています。同様に、ハード ディスク ドライブ上のフォルダーが含まれてし、ファイルを整理、フィールドには、ユーザーにフォームに入力し、グループを含むし、これらのフィールドを整理するデータが含まれています。たとえば、フォームのデータ ソースにフィールド名、ミドル ネーム、姓、名が含まれている場合これらのフィールドに組み込むことが「名前」というグループ

この記事の内容

始める前に

フィールドを追加します。

グループを追加します。

参照フィールドを追加します。

参照グループを追加します。

フィールドまたはグループをメインのデータ ソース内の別の場所に移動します。

[フィールドまたはグループを削除します。

始める前に

フォーム テンプレートのメインのデータ ソースにのみフィールドまたはグループを追加することができます。フィールドまたはグループは、データベース、Web サービス、または既存のXML スキーマまたは XML ドキュメントに基づいて、セカンダリ データ ソースには、フィールドまたはグループを追加することはできません。

ヒント: 表示このロックされた場合は、または、次のフィールド アイコン ロック済みフィールドのアイコン には、[データ ソース] 作業ウィンドウでグループ アイコン [ロック済み] グループ アイコン がロックされている、[フィールドまたはグループを変更することはできません。

各フィールドまたはデータ ソース内のグループには、一意の名前がある場合があります。既存のフィールドまたは別のフィールドまたはグループ内のグループの名前を使用する必要がある場合は、フォーム テンプレートに参照フィールドまたは参照グループを追加できます。

移動またはデータ ソースから既存のフィールドまたはグループを削除してフォーム テンプレートを更新することができます。移動したり、フィールドまたはグループのメインのデータ ソースに追加されたのみを削除します。フィールドまたは XML スキーマ、データベース、または Web サービス、またはフィールドに基づくグループとセカンダリ データ ソースでグループを移動または削除することはできません。

注: フィールドを削除すると、そのフィールドにバインド コントロール、コントロールは、データを格納するフィールドが既に存在しなくなったためにデータを保存ことはできません。さらに場合は、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに既に入力されていることが、フィールドを削除するデータが失わこれらの完成したフォームにします。場合は、フィールドを削除して、そのフィールドにバインド コントロール、コントロールを別のフィールドにバインドかコントロールを削除します。グループを削除すると、そのグループ内のフィールドのすべてが削除されます。削除されたグループ内のフィールドにバインドされているすべてのコントロールでは、その他のフィールドにバインドする必要があります。 または削除します。

ページの先頭へ

フィールドを追加する

メインのデータ ソース内のグループには、要素フィールドまたは属性フィールドを追加できます。メインのデータ ソース内の既存の要素フィールドに属性フィールドを追加することもできます。ただし、属性のフィールドにフィールドを追加することはできません。

フィールドをグループに追加します。

  1. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. データ ソース] 作業ウィンドウでは、フィールドを追加するグループを右クリックし、ショートカット メニューの [追加] をクリックします。

  4. フィールドの追加] または [グループ] ダイアログ ボックスで [名前] ボックスで、新しいフィールドの名前を入力します。名前がアルファベット文字で始まる必要がありますまたはアンダー スコア (_) と、文字の英数字、アンダー スコア、ハイフン (-)、およびピリオド (.)。名前には、スペースを含めることはできません。

    フィールドの内容を説明する名前を使用します。たとえば、フィールドがある場合、経費、名前のフィールドの経費の量があります。

  5. 種類の一覧でフィールド (要素)を選択またはフィールド (属性)を選択します。

  6. データの種類] の一覧で、フィールドを使用するデータ型を選択します。

    フィールドのデータ型の一覧

    データ型

    使用する場合

    テキスト

    書式なしテキストが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    リッチ テキスト

    書式設定されたテキストが含まれる要素フィールドでは、このデータ型を使用します。属性のフィールドのこのデータ型を使うことはできません。

    整数

    10 進数の値を使用しない数値を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    小数点型

    通貨の値または 10 進数を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    True または False

    2 つの値のいずれかののみデータが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    ハイパーリンク

    要素または属性を統一リソース識別子 (URI)、または名前空間のハイパーリンクなどが含まれているフィールドでは、このデータ型を使用します。

    日付

    予定表の日付を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    時刻

    24 時間制の時刻を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    日付と時刻に関する数式

    予定表の日付と 24 時間制の両方が含まれている要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    画像または添付ファイル

    画像や図などのバイナリ データが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    ユーザー設定

    名前空間で定義されているユーザー設定のデータ型の要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。通常、このデータ型はフィールドまたはカスタム コントロールにバインドされているグループを使用します。このデータ型を選択すると、データの名前空間] ボックスが有効になります。

    次の表は、最も一般的な XML データ型だけでフォーム テンプレートを使用します。InfoPath では、World Wide Web コンソーシアム (W3C) の推奨事項の任意の XML 1.0 データ型を使用できます。表に記載されていないデータ型を使用するには、フォーム テンプレートの形式のファイルを抽出し、スキーマ (.xsd) ファイルを編集して必要があります。詳細については、「参照」セクション内のフォーム テンプレートをフォーム構成ファイルを抽出するへのリンクを検索します。

  7. フィールドに表示するフォームを初めて開いたときに、最初の値を指定するには、既定値] ボックスに値を入力します。詳細については、「参照」セクションでフィールドの既定値を設定へのリンクを検索します。

  8. 繰り返しフィールドには、要素フィールドを変換するには、繰り返し] チェック ボックスを選択します。

  9. フィールドに値が含まれている必要があるに空にすることはできません] チェック ボックスを選択します。場合は、このチェック ボックスをオンにすると、そこに入力した値がないフィールドにバインドされているいずれのコントロールに表示される赤いアスタリスクまたは赤い破線とマークされます。

要素のフィールドに属性フィールドを追加します。

属性フィールドのみを追加する要素のフィールドに、ための種類を追加するフィールドまたはグループのダイアログ ボックスの一覧が無効にします。

  1. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. データ ソース] 作業ウィンドウでは、フィールドを追加するフィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [追加] をクリックします。

  4. フィールドの追加] または [グループ] ダイアログ ボックスで [名前] ボックスで、新しいフィールドの名前を入力します。名前がアルファベット文字で始まる必要がありますまたはアンダー スコア (_) と、文字の英数字、アンダー スコア、ハイフン (-)、およびピリオド (.)。名前には、スペースを含めることはできません。

    フィールドの内容を説明する名前を使用します。たとえば、フィールドがある場合、経費、名前のフィールドの経費の量があります。

  5. データの種類] の一覧で、フィールドを使用するデータ型を選択します。

    フィールドのデータ型の一覧

    データ型

    使用する場合

    テキスト

    書式なしテキストが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    整数

    10 進数の値を使用しない数値を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    小数点型

    通貨の値または 10 進数を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    True または False

    2 つの値のいずれかののみデータが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    ハイパーリンク

    要素または属性を統一リソース識別子 (URI)、または名前空間のハイパーリンクなどが含まれているフィールドでは、このデータ型を使用します。

    日付

    予定表の日付を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    時刻

    24 時間制の時刻を含む要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    日付と時刻に関する数式

    予定表の日付と 24 時間制の両方が含まれている要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    画像または添付ファイル

    画像や図などのバイナリ データが含まれる要素または属性フィールドでは、このデータ型を使用します。

    次の表は、最も一般的な XML データ型だけでフォーム テンプレートを使用します。Microsoft Office InfoPath での W3C 推奨事項の任意の XML 1.0 データ型を使用できます。表に記載されていないデータ型を使用するには、フォーム テンプレートの形式のファイルを抽出し、スキーマ (.xsd) ファイルを編集して必要があります。詳細については、「参照」セクション内のフォーム テンプレートをフォーム構成ファイルを抽出するへのリンクを検索します。

  6. フィールドに表示するフォームを初めて開いたときに、最初の値を指定するには、既定値] ボックスに値を入力します。詳細については、「参照」セクションでフィールドの既定値を設定へのリンクを検索します。

  7. 繰り返しフィールドには、要素フィールドを変換するには、繰り返し] チェック ボックスを選択します。

  8. フィールドに値が含まれている必要があるに空にすることはできません] チェック ボックスを選択します。場合は、このチェック ボックスをオンにすると、そこに入力した値がないフィールドにバインドされているいずれのコントロールに表示される赤いアスタリスクまたは赤い破線とマークされます。

ページの先頭へ

グループの追加

  1. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. データ ソース] 作業ウィンドウでは、グループを追加するグループを右クリックし、ショートカット メニューの [追加] をクリックします。

  4. フィールドの追加] または [グループ] ダイアログ ボックスで [名前] ボックスで、新しいグループの名前を入力します。名前がアルファベット文字で始まる必要がありますまたはアンダー スコア (_) と、文字の英数字、アンダー スコア、ハイフン (-)、およびピリオド (.)。名前には、スペースを含めることはできません。

    グループの内容を説明する名前を使用します。たとえば、グループがある場合を明細"経費明細"グループの名前が表示されます。

  5. 種類の一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • その他のグループまたはフィールドに格納できるグループを追加するには、グループを選択します。

    • 2 つ以上のフィールドのグループが、それらのフィールドのグループの 1 つだけを含めることができるグループを追加するには、グループ (選択肢)の [フォームのビューに表示されます。

  6. 繰り返しグループにグループを変換するには、繰り返し] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

参照フィールドを追加します。

フォーム テンプレート内の他のグループ内のフィールドに、既存のフィールドの名前を使用する場合は、参照フィールドを作成することができます。参照フィールドを作成するときに、プロパティがリンクされており、名前およびデータ型を含め、元のフィールドのプロパティに一致するフォーム テンプレートに新しいフィールドが作成されます。両方のフィールドは参照フィールドをなり、1 つのフィールドに対して行った変更は、その他のフィールドを自動的に更新されます。

注: 2 つの参照フィールドには、同じグループの一部をすることはできません。グループにのみ参照フィールドを追加することができます。別のフィールドには、参照フィールドを追加することはできません。

  1. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. 参照フィールドを基にフィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [参照] をクリックします。

  4. 参照フィールドまたはグループのダイアログ ボックスで、新しい参照フィールドを配置するグループを選択します。

ページの先頭へ

参照グループを追加します。

フォーム テンプレート内の他のグループに既存のグループの名前を使用する場合は、参照グループを作成することができます。参照グループを作成するときに、プロパティがリンクされており、元のグループのプロパティに一致するフォーム テンプレートの新しいグループが作成されます。参照グループには、最初のグループ内の任意のフィールドが重複しています。両方のグループが参照グループとなり、グループ内のフィールドの変更を含む 1 つのグループを他のグループを自動的に更新すること、変更されます。

注: 2 つの参照グループには、同じグループの一部をすることはできません。

  1. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. [参照] グループの基にグループを右クリックし、ショートカット メニューの [参照] をクリックします。

  4. 参照フィールドまたはグループのダイアログ ボックスで、新しい参照グループを格納するグループを選択します。

ページの先頭へ

フィールドまたはグループをメインのデータ ソース内の別の場所に移動します。

  1. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. データ ソース] 作業ウィンドウでは、フィールドまたは移動するグループを右クリックし、次のいずれかの操作します。

    • フィールドまたは現在のグループ内のグループの順序を変更するには、するには、ショートカット メニューの [上へ移動または下へ移動]をクリックします。

    • 新しいフィールドまたはグループには、[フィールドまたはグループを移動するにショートカット メニューの [移動] をクリックし、[移動のフィールドまたはグループのダイアログ ボックスで、[フィールドまたはグループの新しい場所を選択します。

ページの先頭へ

[フィールドまたはグループを削除します。

注: [フィールドまたはグループを削除すると、そのフィールドまたはグループにバインドされているフォーム テンプレート上のコントロールでエラーが発生します。さらに場合は、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに既に入力されていることがある、[フィールドまたはグループを削除するデータが失わそれらのフォームでします。

  1. ]、[データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソースをクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. フィールドまたは削除するグループを右クリックし、ショートカット メニューの [削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×