フィールドまたはグループを追加、移動、または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ ソースはフィールドとグループで構成され、フォームに入力されたすべてのデータを格納します。ハード ディスク ドライブにフォルダを作成してファイルを整理するのと同じように、フィールドはユーザーがフォームに入力したデータを格納し、グループはフィールドの格納と整理を行います。たとえば、フォームのデータ ソースに姓と名のフィールドがある場合、そのフィールドを "名前" というグループに含めることができます。

この記事の内容

始める前に

フィールドを追加する

グループを追加する

参照フィールドを追加する

参照グループを追加する

フィールドまたはグループをデータ ソースの別の場所に移動する

フィールドまたはグループを削除する

始める前に

フィールドやグループを追加できるのは、フォーム テンプレートのメイン データ ソースだけです。セカンダリ データ ソースにフィールドやグループを追加したり、データベース、Web サービス、既存の XML スキーマまたは XML ドキュメントに基づくフィールドやグループに追加を行うことはできません。

ヒント: 表示このロックされた場合は、または、次のフィールド アイコン ロックされたフィールド アイコン には、[データ ソース] 作業ウィンドウでグループ アイコン ロックされたグループ アイコン がロックされている、[フィールドまたはグループを変更することはできません。

データ ソースの各フィールドまたは各グループの名前は一意である必要があります。既存の別のフィールドまたはグループの名前を使用する必要がある場合は、フォーム テンプレートに参照フィールドまたは参照グループを追加します。

フォーム テンプレートを更新するには、既存のフィールドやグループをデータ ソースから移動または削除します。移動または削除が可能なフィールドとグループは、メイン データ ソースに追加されているものだけです。XML スキーマ、データベース、または Web サービスに基づいたフィールドとグループ、セカンダリ データ ソースのフィールドとグループは、移動したり削除することはできません。

注: フィールドを削除すると、そのフィールドにバインド コントロール、コントロールは、データを格納するフィールドが既に存在しなくなったためにデータを保存ことはできません。さらに場合は、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに既に入力されていることが、フィールドを削除するデータが失わこれらの完成したフォームにします。場合は、フィールドを削除して、そのフィールドにバインド コントロール、コントロールを別のフィールドにバインドかコントロールを削除します。グループを削除すると、そのグループ内のフィールドのすべてが削除されます。削除されたグループ内のフィールドにバインドされているすべてのコントロールでは、その他のフィールドにバインドする必要があります。 または削除します。

ページの先頭へ

フィールドを追加する

メイン データ ソースのグループには、要素フィールドまたは属性フィールドを追加できます。属性フィールドは、メイン データ ソースの既存の要素フィールドに追加することもできます。ただし、属性フィールドにフィールドを追加することはできません。

フィールドをグループに追加する

  1. [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソース] をクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. [データ ソース] 作業ウィンドウで、フィールドを追加するグループを右クリックし、ショートカット メニューの [追加] をクリックします。

  4. フィールドの追加] または [グループ] ダイアログ ボックスで [名前] ボックスで、新しいフィールドの名前を入力します。名前がアルファベット文字で始まる必要がありますまたはアンダー スコア (_) と、文字の英数字、アンダー スコア、ハイフン (-)、およびピリオド (.)。名前には、スペースを含めることはできません。

    フィールドの内容について説明した名前を使用します。たとえば、経費を含むフィールドの名前は "経費" にします。

  5. [種類] ボックスの [フィールド (要素)] または [フィールド (属性)] を選択します。

  6. [データ型] ボックスで、フィールドに使用するデータ型を選択します。

    フィールドのデータ型の一覧

    データ型

    使用する場合

    テキスト

    Use this data type for an element or attribute field that contains unformatted text.

    Rich Text

    Use this data type for an element field that contains formatted text. You cannot use this data type for attribute fields.

    Whole Number

    このデータ型は、小数点のない数値を含む要素または属性フィールドで使用します。

    10 進

    このデータ型は、通貨または 10 進数を含む要素または属性フィールドで使用します。

    True/False (真/偽)

    このデータ型は、2 つの値の一方のみをとりうるデータを含む要素または属性フィールドで使用します。

    Hyperlink

    Use this data type for an element or attribute field that contains a Uniform Resource Identifier (URI), such as a hyperlink or a namespace.

    Date

    このデータ型は、暦の日付を含む要素または属性フィールドで使用します。

    時刻

    このデータ型は、24 時間形式の時刻を含む要素または属性フィールドで使用します。

    日付と時刻

    このデータ型は、暦の日付と 24 時間形式の時刻の両方を含む要素または属性フィールドで使用します。

    画像またはファイル添付

    Use this data type for an element or attribute field that contains binary data, such as an image or a picture.

    Custom

    Use this data type for an element or attribute field with custom data types that are defined by a namespace. This data type is typically used for a field or group that is bound to a custom control. The Data namespace box is enabled when you choose this data type.

    This table shows only the most common XML data types used in a form template. In InfoPath, you can use any XML 1.0 data type in the World Wide Web Consortium (W3C) recommendations. To use a data type that is not listed in the table, you must extract the form files for a form template and edit the schema (.xsd) file. Find links to more information about extracting the form files for a form template in the See Also section.

  7. ユーザーがフォームを初めて開いたときにフィールドに表示する初期値を指定するには、[既定値] ボックスに値を入力します。フィールドに対する既定値の設定の詳細については、[参照] に掲載されているリンクを参照してください。

  8. 要素フィールドを繰り返しフィールドに変換するには、[繰り返し] チェック ボックスをオンにします。

  9. フィールドに値が含まれている必要があるに空にすることはできません] チェック ボックスを選択します。場合は、このチェック ボックスをオンにすると、そこに入力した値がないフィールドにバインドされているいずれのコントロールに表示される赤いアスタリスクまたは赤い破線を枠線とマークされます。

属性フィールドを要素フィールドに追加する

要素フィールドに追加できるのは属性フィールドだけなので、[フィールドまたはグループの追加] ダイアログ ボックスの [種類] ボックスは無効です。

  1. [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソース] をクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. [データ ソース] 作業ウィンドウで、フィールドを追加するフィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [追加] をクリックします。

  4. フィールドの追加] または [グループ] ダイアログ ボックスで [名前] ボックスで、新しいフィールドの名前を入力します。名前がアルファベット文字で始まる必要がありますまたはアンダー スコア (_) と、文字の英数字、アンダー スコア、ハイフン (-)、およびピリオド (.)。名前には、スペースを含めることはできません。

    フィールドの内容について説明した名前を使用します。たとえば、経費を含むフィールドの名前は "経費" にします。

  5. [データ型] ボックスで、フィールドに使用するデータ型を選択します。

    フィールドのデータ型の一覧

    データ型

    使用する場合

    テキスト

    このデータ型は、書式設定されていないテキストを含む要素または属性フィールドで使用します。

    整数

    このデータ型は、小数点のない数値を含む要素または属性フィールドで使用します。

    10 進

    このデータ型は、通貨または 10 進数を含む要素または属性フィールドで使用します。

    True/False (真/偽)

    このデータ型は、2 つの値の一方のみをとりうるデータを含む要素または属性フィールドで使用します。

    Hyperlink

    Use this data type for an element or attribute field that contains a Uniform Resource Identifier (URI), such as a hyperlink or a namespace.

    Date

    このデータ型は、暦の日付を含む要素または属性フィールドで使用します。

    時刻

    このデータ型は、24 時間形式の時刻を含む要素または属性フィールドで使用します。

    日付と時刻

    このデータ型は、暦の日付と 24 時間形式の時刻の両方を含む要素または属性フィールドで使用します。

    画像またはファイル添付

    このデータ型は、イメージや画像などのバイナリ データを含む要素または属性フィールドで使用します。

    この表では、フォーム テンプレートで使用される最も一般的な XML データ型のみを示しています。Microsoft Office InfoPath では、W3C 勧告のすべての XML 1.0 データ型を使用できます。この表に示されていないデータ型を使用するには、フォーム テンプレートからフォーム ファイルを抽出し、スキーマ (.xsd) ファイルを編集する必要があります。フォーム テンプレートからフォーム ファイルを抽出する詳細については、[参照] に掲載されているリンクを参照してください。

  6. ユーザーがフォームを初めて開いたときにフィールドに表示する初期値を指定するには、[既定値] ボックスに値を入力します。フィールドに対する既定値の設定の詳細については、[参照] に掲載されているリンクを参照してください。

  7. 要素フィールドを繰り返しフィールドに変換するには、[繰り返し] チェック ボックスをオンにします。

  8. フィールドに値が含まれている必要があるに空にすることはできません] チェック ボックスを選択します。場合は、このチェック ボックスをオンにすると、そこに入力した値がないフィールドにバインドされているいずれのコントロールに表示される赤いアスタリスクまたは赤い破線を枠線とマークされます。

ページの先頭へ

グループを追加する

  1. [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソース] をクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. [データ ソース] 作業ウィンドウで、グループを追加するグループを右クリックし、ショートカット メニューの [追加] をクリックします。

  4. フィールドの追加] または [グループ] ダイアログ ボックスで [名前] ボックスで、新しいグループの名前を入力します。名前がアルファベット文字で始まる必要がありますアンダー スコア (_) や、文字の英数字、アンダー スコア、ハイフン (-)、およびピリオド (.)。名前には、スペースを含めることはできません。

    グループの内容について説明した名前を使用します。たとえば、経費明細を含むグループの名前は "経費明細" にします。

  5. [種類] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 他のグループまたはフィールドを含めることのできるグループを追加するには、[グループ] を選択します。

    • フィールドのグループを複数含めることのできるグループで、そのフィールドのグループの 1 つだけをフォームのビューに表示できるグループを追加するには、[グループ (選択肢)] を選択します。

  6. グループを繰り返しグループに変換するには、[繰り返し] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

参照フィールドを追加する

フォーム テンプレートの別のグループにあるフィールドに既存のフィールドの名前を付ける場合は、参照フィールドを作成します。参照フィールドを作成すると、フォーム テンプレートに新しいフィールドが作成され、名前やデータ型など、そのプロパティが元のフィールドのプロパティにリンクされて対になります。両方のフィールドが参照フィールドになり、一方のフィールドを変更すると、他方のフィールドが自動的に更新されます。

注: 2 つの参照フィールドを同じグループに所属させることはできません。参照フィールドはグループだけに追加できます。参照フィールドを別のフィールドに追加することはできません。

  1. [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソース] をクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. 参照フィールドの基にするフィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [参照] をクリックします。

  4. [参照フィールドまたはグループ] ダイアログ ボックスで、新しい参照フィールドを含めるグループを選択します。

ページの先頭へ

参照グループを追加する

フォーム テンプレートの別のグループに既存のグループの名前を付ける場合は、参照グループを作成します。参照グループを作成すると、フォーム テンプレートに新しいグループが作成され、そのプロパティが元のグループのプロパティにリンクされて対になります。最初のグループのフィールドは参照グループに複製されます。両方のグループが参照グループになり、グループ内のフィールドを変更するなど、一方のグループを変更すると、他方のグループが自動的に更新されます。

注: 2 つの参照グループを同じグループに所属させることはできません。

  1. [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソース] をクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. 参照グループの基にするグループを右クリックし、ショートカット メニューの [参照] をクリックします。

  4. [参照フィールドまたはグループ] ダイアログ ボックスで、新しい参照グループを含めるグループを選択します。

ページの先頭へ

フィールドまたはグループをデータ ソースの別の場所に移動する

  1. [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソース] をクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. [データ ソース] 作業ウィンドウで、移動するフィールドまたはグループを右クリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のグループ内のフィールドまたはグループの順序を変更するには、ショートカット メニューの [上へ移動] または [下へ移動] をクリックします。

    • フィールドまたはグループを新しいフィールドまたはグループに移動するには、ショートカット メニューの [移動] をクリックし、[フィールドまたはグループの移動] ダイアログ ボックスでフィールドまたはグループの新しい場所を選択します。

ページの先頭へ

フィールドまたはグループを削除する

注: フォーム テンプレートのコントロールがバインドされているフィールドまたはグループを削除すると、エラーが発生する場合があります。さらに、フォーム テンプレートに基づいたフォームにユーザーが既に入力している場合、フィールドまたはグループを削除すると、これらのフォームのデータが失われる可能性があります。

  1. [データ ソース] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[表示] メニューの [データ ソース] をクリックします。

  2. フォーム テンプレートは、1 つ以上のデータ ソースを使用している場合は、データ ソースの一覧でメインを選択します。

  3. 削除するフィールドまたはグループを右クリックし、ショートカット メニューの [削除] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×