フィールドのテキストに書式を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office InfoPath フォームには、リッチ テキスト フィールドがよく含まれます。リッチ テキスト フィールドは通常のテキスト フィールドに似ていますが、ワード プロセッサ文書でテキストに書式を設定するように、フィールドに入力する情報に書式を設定することができます。たとえば、テキストに太字や下線を設定したり、テキストの色を変更することができ、図や表をリッチ テキスト フィールドに挿入することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

フォームにリッチ テキスト フィールドかどうか

リッチ テキスト フィールドのテキストの書式設定

リッチ テキスト フィールド内に図を挿入します。

リッチ テキスト フィールド内の表を挿入します。

フォームにリッチ テキスト フィールドが含まれるかどうかを確認する

場合によっては、テキストに書式を設定できなくても問題にはならないことがあります。たとえば、名前や住所のフィールドでは、書式はあまり必要ありません。しかし、コメントのフィールドに長いコメントを入力するなどの場合は、テキストに書式を設定できると便利です。このような場合、フォーム作成者はよくリッチ テキスト ボックスを使用します。

  • 特定のフィールド内のテキストに書式を設定できるかどうかを確認するには、フィールド内のテキストをクリックまたは選択します。

    [書式設定] ツールバーのオプションが淡色表示ではなくアクティブである場合は、他の Microsoft Office ドキュメントと同じように、そのフィールド内のテキストに書式を設定することができます。

ページの先頭へ

リッチ テキスト フィールドのテキストに書式を設定する

  1. リッチ テキスト フィールドで、書式を設定するテキストを選択します。

  2. [書式] メニューで次のいずれかの操作を行います。

    • フォントのスタイル、サイズ、または色を指定するか、テキストに文字書式を適用するには、[フォント] をクリックし、オプションを選択します。

    • インデント、間隔、または段落の他の書式を設定するには、[段落] をクリックし、オプションを選択します。

    • 行頭文字付きや段落番号付きの箇条書きのスタイルを適用または指定するには、[箇条書きと段落番号] をクリックし、オプションを選択します。

ページの先頭へ

リッチ テキスト フィールド内に図を挿入する

フォームのリッチ テキスト フィールドに図を追加すると、フォームを視覚的にすることができます。フォームのリッチ テキスト フィールド内に図を挿入できるかどうかは、フォーム作成者が最終的に決定します。フォーム作成者により、図の挿入、図へのリンクの挿入、またはその両方が可能かどうかが指定されます。

  1. リッチ テキスト フィールド内で、図を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [画像] をポイントし、次のいずれかの操作を行います。

    • クリップ アートを挿入するには、[クリップ アート] をクリックし、[クリップ アート] 作業ウィンドウで、使用するクリップを参照します。次に、そのクリップをダブルクリックします。

    • 図を挿入するには、[ファイルから] をクリックし、[図の挿入] ダイアログ ボックスで、使用する図を参照して選択します。次に、[挿入] をクリックします。

ページの先頭へ

リッチ テキスト フィールド内に表を挿入する

  1. リッチ テキスト フィールド内で、表を挿入する場所をクリックします。

  2. [挿入] メニューの [] をクリックします。

  3. [表の挿入] ダイアログ ボックスで、表に挿入する列数と行数を入力します。

ヒント: さらに複雑な表を作成する場合は、表を描画することもできます。この機能は、たとえば異なる高さのセルを含む表や、1 行あたりの列数が異なる表を作成するときに役立ちます。表を描画するには、[] メニューの [罫線を引く] をクリックし、リッチ テキスト フィールド内に長方形を描画します。次に、その長方形内に列と行の罫線を描画します。このツールをオフにするには、[] ツールバーの [罫線を引く] をクリックするか、またはセル内をダブルクリックしてキー入力を開始します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×