フィールドに重複する値が含まれないようにする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

一意のインデックスを作成することで、フィールドの重複する値を防ぐことができます。一意のインデックスは、インデックスフィールドの各値が一意である必要があるインデックスです。

一意のインデックスを作成するには、次の2つの基本的な方法があります。

  • フィールドのインデックス付きプロパティを [はい] に設定します (重複はありません)    。これを行うには、 デザイン ビューでテーブルを開きます。この方法は、一度に1つのフィールドのみを変更する場合に適しています。

  • SQL ビューを使用してこの操作を実行できる一意のインデックスを作成する データ定義クエリ を作成します。この方法は、デザインビューを使用するのと同じくらい簡単ではありませんが、次の利点があります。データ定義クエリを保存して、後でもう一度使うことができます。これは、テーブルを定期的に削除して再作成し、一部のフィールドで一意のインデックスを使用する場合に便利です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

フィールドのインデックス付きプロパティを [はい] に設定します (重複はありません)。

データ定義クエリを使用してフィールドに一意のインデックスを作成する

フィールドのインデックス付きプロパティを [はい] に設定します (重複はありません)。

  1. ナビゲーションウィンドウで、フィールドが含まれているテーブルを右クリックし、[デザインビュー] をクリックします。

  2. 一意の値が含まれていることを確認するフィールドを選択します。

  3. [フィールドのプロパティ] ウィンドウの [全般] タブで、インデックス付きプロパティを [はい] に設定します(重複はありません)

    インデックス フィールドのプロパティ

ページの先頭へ

データ定義クエリを使用してフィールドに一意のインデックスを作成する

  1. [<ui>作成</ui>] タブの [<ui>その他</ui>] グループで [<ui>クエリ デザイン</ui>] をクリックします。

  2. [デザイン] タブの [結果] グループで、[表示] の下の矢印をクリックし、[ SQL ビュー] をクリックします。

  3. クエリからすべての SQL を削除します。

  4. クエリに次の SQL を入力するか貼り付けます。

    CREATE UNIQUE INDEX index_name
    ON table (field)
  5. SQL では、次のように変数を置き換えます。

    • index_name をインデックスの名前に置き換えます。インデックスの対象を特定するのに役立つ名前を使用することをお勧めします。たとえば、インデックスがソーシャルセキュリティ番号が一意であることを確認する場合は、unique_SSN という名前を付けることができます。

    • インデックスを作成するフィールドを含むテーブルの名前でテーブルを置き換えます。テーブル名にスペースまたは特殊文字が含まれている場合は、名前を角かっこで囲む必要があります。

    • [フィールドの置換] を使用して、インデックスを作成するフィールドの名前を入力します。フィールド名にスペースまたは特殊文字が含まれている場合は、名前を角かっこで囲む必要があります。

  6. クエリを保存して閉じます。

  7. クエリを実行してインデックスを作成します。RunSQL マクロアクションを使用して、マクロからクエリを実行できることに注意してください。詳細については、「関連項目」セクションを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×