フィールドとグループの結合処理

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

差し込み印刷の次の操作は、[フィールドまたはグループのデータの種類によって異なります。

あらゆる種類のフィールドまたはグループの結合の設定を構成するときにソース フォーム内の値を無視して、フォームで、対象の値を保持するか、カスタムの差し込みの設定を選択します。次の表では、[フィールドまたはグループの種類ごとにユーザー設定の結合の設定について説明します。

フィールドまたはグループの種類

利用可能な結合の設定

この種類のフィールドにバインドできるコントロールの例

非繰り返しフィールド

  • ターゲット フォームの値がソース フォームの値を結合します。

    • 空白のフィールドを無視します。

    • アイテムの間の区切りを追加します。

    • 各アイテムに接頭辞を追加します。

  • テキスト ボックス

  • ドロップダウン リスト ボックス

  • コンボ ボックス

繰り返しフィールド

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームから値を挿入します。

    • 空白のフィールドを削除します。

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 単純なリスト

  • 複数選択リスト ボックス

繰り返さない XHTML フィールド

  • ターゲット フォームの値がソース フォームの値を結合します。

    • 空白のフィールドを無視します。

    • アイテムの間の区切りを追加します。

    • 各アイテムに接頭辞を追加して、プレフィックス テキストの書式設定

リッチ テキスト ボックス

繰り返しの XHTML フィールド

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームから値を挿入します。

    • 空白のフィールドを削除します。

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 単純なリスト

  • 繰り返しテーブル

[属性] フィールド

  • 元のフォームの値を持つターゲット フォームの値を置換します。

    ユーザーは、複数のフォームを選択するユーザーを選択する最後のフォームの値がターゲット フォームに保存されている値になります。たとえば、ユーザーは、次の 3 つのフォームを選択する場合は、河本のし、[哲の選択をボブの開始、哲のフォームにある [属性] フィールドのデータがターゲット フォームの元の値に置き換えられます。

    注: フォームを結合したユーザーのオペレーティング システムに応じて、[保存] の値が異なる場合があります。

  • ターゲット フォームの値がソース フォームの値を結合します。

    • 空白のフィールドを無視します。

    • アイテムの間の区切りを追加します。

    • 各アイテムに接頭辞を追加します。

いずれのコントロールには、属性のフィールドの種類を持つことができます。

非繰り返しグループ

  • ターゲット フォームの値がソース フォームの値を結合します。

  • セクション

  • 省略可能セクション

繰り返しグループ

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームから値を挿入します。

    • 空白のフィールドを削除します。

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 単純なリスト

  • 複数選択リスト ボックス

  • 繰り返しテーブル

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×