フィールドとグループの結合処理

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

次の結合操作は、フィールドまたはグループのデータ型によって異なります。

フィールドまたはグループの結合設定を構成する場合は、ソース フォームの値を無視してターゲット フォームの値を保持することを選ぶか、ユーザー定義の結合設定を選ぶことができます。次の表は、ユーザー定義の結合設定をフィールドまたはグループの種類別に示したものです。

フィールドまたはグループの種類

利用できる結合設定

このフィールド タイプにバインドできるコントロールの例

繰り返さないフィールド

  • ターゲット フォームの値をソース フォームの値と組み合わせる

    • 空白フィールドを無視する

    • アイテム間に区切り文字を追加する

    • 各アイテムにプレフィックスを追加する

  • テキスト ボックス

  • ドロップダウン リスト ボックス

  • コンボ ボックス

繰り返しフィールド

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームの値を挿入する

    • 空白のフィールドを削除する

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 標準リスト

  • 複数選択リスト ボックス

繰り返さない XHTML フィールド

  • ターゲット フォームの値をソース フォームの値と組み合わせる

    • 空白フィールドを無視する

    • アイテム間に区切り文字を追加する

    • 各アイテムにプレフィックスを追加して、プレフィックス テキストの書式を設定する

リッチ テキスト ボックス

繰り返す XHTML フィールド

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームの値を挿入する

    • 空白のフィールドを削除する

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 標準リスト

  • 繰り返しテーブル

属性フィールド

  • ターゲット フォームの値をソース フォームの値に置き換える

    ユーザーが複数のフォームを選んだ場合、ユーザーが最後に選んだフォームの値がターゲット フォームに保存されます。たとえば、ユーザーが小林さんのフォーム、山本さんのフォーム、渡辺さんのフォームの順に 3 つのフォームを選んだ場合、ターゲット フォームの元の値は、最後に選んだ渡辺さんのフォームの属性フィールドのデータで置き換えられます。

    注: フォームを結合するユーザーが使っているオペレーティング システムによって、保存される値が異なる場合があります。

  • ターゲット フォームの値をソース フォームの値と組み合わせる

    • 空白フィールドを無視する

    • アイテム間に区切り文字を追加する

    • 各アイテムにプレフィックスを追加する

属性フィールドには、すべてのコントロールをバインドできます。

繰り返さないグループ

  • ターゲット フォームの値をソース フォームの値と組み合わせる

  • セクション

  • 省略可能セクション

繰り返しグループ

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームの値を挿入する

    • 空白のフィールドを削除する

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 標準リスト

  • 複数選択リスト ボックス

  • 繰り返しテーブル

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×