スキップしてメイン コンテンツへ
フィードバック ループを使用して課題をレビュー、返却、提出する

フィードバック ループを使用して課題をレビュー、返却、提出する

すべての教師には、フィードバックを提供するための独自のアプローチがあります。 この取り組みと学習は、多くの場合、ドラフト、フィードバックの反映、改訂の提出などの反復的なプロセスで行われることがわかっているため、課題は実際の教室の機能に基づいて構築されます。 次のようなラーニングシナリオでは、次のようにプロセスの有効化、確認、および返すことができます。 

  • [元に戻す]学生は、期限前に提出された課題を改善することを決定しました。

  • 返却して再提出 期限日に達する前に教師が学生に作業を返却し、追加や修正を要求します。この場合、学生は課題を再提出することができます。

  • 割り当てタイムライン課題が学生にどのように投稿されるかを決定します。また、期限が過ぎた後でも、提出を承諾するかどうかを決定します。

  • チェックボックス一度に1回ではなく、作業を戻し、スコアを定期的に評価します。

  • 成績を表示する課題を利用して学生の取り組みを追跡して、表示されている数と有効になった回数を確認します。

  • 学生ビュー  課題が学生にどのように表示されるかを確認します。

課題をレビューして返却する

  1. 該当するクラスルームの [全般] チャネルに移動して、[課題] を選択します。 

    ヒント: 検索バーでキーワードで任意の課題を検索します。 

  2. 作業を左から成績までの課題は、自動的にリストの先頭に並べ替えられます。 いずれかを開いて評価を開始するか、[評価の表示] を選択して、成績作業を切り替えます。

    [成績の表示] を選択します。

  3. 学生の進捗状況の詳細を表示します。

    レビュー対象の学生のリストです。  

分析ダッシュボード

自分のクラスの学生の中で課題を表示済みの人数と提出済みの人数がわかるカウンターが表示されます。 レビューする状態にしたままの課題の数も表示に含まれます。

分析ダッシュボードには、作業を表示済みの学生数、提出済みの学生数、レビューする状態にしたままの課題の数のカウンターが表示されます。

名前

各学生の名前の隣にチェックボックスがあり、課題を返却する対象の学生を個別に選ぶことができます。 最上部のチェックボックスで、すべての学生の名前を選択します。 学生をアルファベット順で昇順または降順に並べ替えるには、矢印アイコンをクリックします。

学生の作業

提出するように指定したドキュメントがここに添付されます。 学生の状態を選択して、そのユーザーの作業を全画面表示モードで表示します。

学生の作業が遅く、期限が過ぎている場合は、遅延通知が表示されます。 課題を提出していない学生に対しては、未提出が表示されます。 既に課題を返却している学生については、返却が表示されます。

5. [フィードバック] のボックスをオンにし、学生へのコメントを追加します。

フィードバックまたは点数を追加します。  

6. この課題に点数を指定してある場合は点数を追加します。 例: 3.7/4.0 または 88/100 のようになります。

7. 上部のチェックボックスを選択して、すべての学生に作業を返却するか、各学生の名前の隣にあるチェックボックスを個別に選択します。

8.  [返却] を選択します。 選択した学生は、課題が返却されたことについての通知を受け取ります。

フィードバックを更新して再返却する

作成した課題を戻った後で、学生に提出を依頼した場合は、課題を開いてもう一度送信します。 該当する学生の行で、更新された日時のスタンプを確認できます。 上記の手順を繰り返して、フィードバックの更新と課題の再返却を行います。

課題を選択し、[課題の編集] を選択して、いつでも承諾できる時間を更新します。 [編集] を選択して、割り当てのタイムラインを調整します。


[課題のタイムラインの編集] ウィンドウ。

ヒント: 

  • 全画面表示モードで課題を確認するには、学生の状態を選択して作業を開始します。 矢印を使用して、学生から学生に移動します。 入力するフィードバックと点数は自動的に保存されます。 全画面表示モードでは、学生がWeb 用 OneNote、Word Online、PowerPoint Online、または Web 用 Excelを使用していたドキュメントを開いて表示できます。

  • 全画面表示で編集するドキュメントを選択します。

学生として作業を提出し、変更する

課題を提出するには、課題カードを選択します。 課題の状態に基づき、作業を期限どおりに提出するか、遅れて提出するか、返却された作業を修正して提出することになります。

  1. 該当するクラスルームの[全般] チャネルに移動して、[課題] を選択します。 検索バーを使用してキーワードで課題を検索することもできます。

  2. 課題が期日の日付ごとに編成したカードとして表示されます。 任意の課題カードを選択して開いて、課題の詳細を表示します。 

    ヒント: 全画面表示モードで動作させるには、展開アイコン (対角線、二重方向の矢印) を選択します。

  3. 教師が、提出するドキュメントを指定した場合、またはこの割り当てに他のファイルを添付する場合は、[ + 作業の追加] を選択し、ファイルをアップロードします。 この画面から直接 Office ファイルを操作することはできますが、アプリを終了する必要はありません。

  4. 期限日になる前に、課題を初めて提出するときは、[提出] を選択します。 提出を記録する日時のスタンプが表示されます。

    課題を表示し、[提出] を選択します。

作業を提出する際のその他のオプションは次のとおりです。

提出を取り消す                                         

既に提出済みの課題を取り戻して、期限日までに変更を加えます。 

再提出                                               

既に提出済みの課題に対する修正を行った後に作業を提出します。 <c0>例:</c0> 教師から課題が返却され、変更を求められる場合です。 または、自分で期限前に作業の修正を行うことにした場合です。

後で提出

課題の期限日が過ぎた後に作業を提出します。 この場合は、教師が課題の遅延を受け入れることを意味します。 課題を初めて提出する場合や、課題が返却された後にその修正版を提出する場合が考えられます。

未提出

教師が課題の提出の受け入れを終了したため、作業を提出することができない状態になります。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×