フィードバックを送信する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office プログラム別の設定方法

Word

Excel

PowerPoint

Outlook

単語

フィードバックは Microsoft 製品の改善に役立ちます。また、フィードバックは匿名なので、お客様のプライバシーも保護されます。

次のいずれかの操作を実行します。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加していただくと、使用しているハードウェア設定と Microsoft 製品の使用方法について匿名の情報が収集されます。 個人を特定できる情報は収集されません。 この情報は、お客様の要望に合わせてソフトウェアを改善するために使用されます。 プログラムへの参加は任意です。

  1. [Word] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [個人設定] の [フィードバック] [個人設定] の [フィードバック] ボタン をクリックします。

  3. [カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに匿名で参加する (推奨)] をクリックします。

    注: CEIP の詳細については、「Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」を参照してください。

Word についての製品フィードバックを送信する

  1. [ヘルプ] メニューの [Word のフィードバックの送信] をクリックします。

    注: フィードバックを送信するには、インターネットに接続する必要があります。

  2. Web ブラウザーに表示されるフォームにフィードバックを入力して、[送信] をクリックします。

エラー報告ツールを無効にする

Office アプリケーションで問題が発生した場合は、Microsoft Error Reporting Protocol (MERP) を使用して、匿名で情報を Microsoft に送信できます。 この情報は、ソフトウェアの問題を特定して修正し、Office 全体の安定性を向上させるために使用されます。 Office アプリケーションが応答しなくなると、状況の詳細を示す報告が MERP により作成されます。 お客様は、インターネット経由で Microsoft にエラー報告を送信するかどうかを選ぶことができます。 収集されるデータの内容、収集の理由、用途の説明については、「Microsoft オンライン クラッシュ ダンプ解析サービス」を参照してください。 Office をインストールすると Microsoft エラー報告ツールは自動的に有効になりますが、必要に応じて無効にすることもできます。

  1. /ライブラリ/Application Support/Microsoft/MERP2.0 フォルダーで、Microsoft Error Reporting アプリケーションのアイコンをダブルクリックします。

  2. [Microsoft エラー報告ツール] メニューの [環境設定] をクリックします。

  3. [Microsoft エラー報告を有効にする] チェック ボックスをオフにします。

Excel

フィードバックは Microsoft 製品の改善に役立ちます。また、フィードバックは匿名なので、お客様のプライバシーも保護されます。

次のいずれかの操作を実行します。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加していただくと、使用しているハードウェア設定と Microsoft 製品の使用方法について匿名の情報が収集されます。 個人を特定できる情報は収集されません。 この情報は、お客様の要望に合わせてソフトウェアを改善するために使用されます。 プログラムへの参加は任意です。

  1. [Excel] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [共有とプライバシー] の [フィードバック[個人設定] の [フィードバック] ボタン をクリックします。

  3. [カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに匿名で参加する (推奨)] をクリックします。

    注: CEIP の詳細については、「Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」を参照してください。

Excel についての製品フィードバックを送信する

  1. [ヘルプ] メニューの [Excel のフィードバックの送信] をクリックします。

    注: フィードバックを送信するには、インターネットに接続する必要があります。

  2. Web ブラウザーに表示されるフォームにフィードバックを入力して、[送信] をクリックします。

エラー報告ツールを無効にする

Office アプリケーションで問題が発生した場合は、Microsoft Error Reporting Protocol (MERP) を使用して、匿名で情報を Microsoft に送信できます。 この情報は、ソフトウェアの問題を特定して修正し、Office 全体の安定性を向上させるために使用されます。 Office アプリケーションが応答しなくなると、状況の詳細を示す報告が MERP により作成されます。 お客様は、インターネット経由で Microsoft にエラー報告を送信するかどうかを選ぶことができます。 収集されるデータの内容、収集の理由、用途の説明については、「Microsoft オンライン クラッシュ ダンプ解析サービス」を参照してください。 Office をインストールすると Microsoft エラー報告ツールは自動的に有効になりますが、必要に応じて無効にすることもできます。

  1. /ライブラリ/Application Support/Microsoft/MERP2.0 フォルダーで、Microsoft Error Reporting アプリケーションのアイコンをダブルクリックします。

  2. [Microsoft エラー報告ツール] メニューの [環境設定] をクリックします。

  3. [Microsoft エラー報告を有効にする] チェック ボックスをオフにします。

PowerPoint

フィードバックは Microsoft 製品の改善に役立ちます。また、フィードバックは匿名なので、お客様のプライバシーも保護されます。

次のいずれかの操作を実行します。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加していただくと、使用しているハードウェア設定と Microsoft 製品の使用方法について匿名の情報が収集されます。 個人を特定できる情報は収集されません。 この情報は、お客様の要望に合わせてソフトウェアを改善するために使用されます。 プログラムへの参加は任意です。

  1. [PowerPoint] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [環境設定] ツール バーの [フィードバック] [個人設定] の [フィードバック] ボタン をクリックします。

  3. [カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに匿名で参加する (推奨)] をクリックします。

    注: CEIP の詳細については、「Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」を参照してください。

PowerPoint についての製品フィードバックを送信する

  1. [ヘルプ] メニューの [PowerPoint のフィードバックの送信] をクリックします。

    注: フィードバックを送信するには、インターネットに接続する必要があります。

  2. Web ブラウザーに表示されるフォームにフィードバックを入力して、[送信] をクリックします。

エラー報告ツールを無効にする

Office アプリケーションで問題が発生した場合は、Microsoft Error Reporting Protocol (MERP) を使用して、匿名で情報を Microsoft に送信できます。 この情報は、ソフトウェアの問題を特定して修正し、Office 全体の安定性を向上させるために使用されます。 Office アプリケーションが応答しなくなると、状況の詳細を示す報告が MERP により作成されます。 お客様は、インターネット経由で Microsoft にエラー報告を送信するかどうかを選ぶことができます。 収集されるデータの内容、収集の理由、用途の説明については、「Microsoft オンライン クラッシュ ダンプ解析サービス」を参照してください。 Office をインストールすると Microsoft エラー報告ツールは自動的に有効になりますが、必要に応じて無効にすることもできます。

  1. /ライブラリ/Application Support/Microsoft/MERP2.0 フォルダーで、Microsoft Error Reporting アプリケーションのアイコンをダブルクリックします。

  2. [Microsoft エラー報告ツール] メニューの [環境設定] をクリックします。

  3. [Microsoft エラー報告を有効にする] チェック ボックスをオフにします。

Outlook

フィードバックは Microsoft 製品の改善に役立ちます。また、フィードバックは匿名なので、お客様のプライバシーも保護されます。

次のいずれかの操作を実行します。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加していただくと、使用しているハードウェア設定と Microsoft 製品の使用方法について匿名の情報が収集されます。 個人を特定できる情報は収集されません。 この情報は、お客様の要望に合わせてソフトウェアを改善するために使用されます。 プログラムへの参加は任意です。

  1. [Outlook] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [その他] の [フィードバック] [個人設定] の [フィードバック] ボタン をクリックします。

  3. [プログラムに参加します。] をクリックします。

    注: CEIP の詳細については、「Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」を参照してください。

Outlook についての製品フィードバックを送信する

  1. [ヘルプ] メニューの [Outlook のフィードバックの送信] をクリックします。

    注: フィードバックを送信するには、インターネットに接続する必要があります。

  2. Web ブラウザーに表示されるフォームにフィードバックを入力して、[送信] をクリックします。

エラー報告ツールを無効にする

Office アプリケーションで問題が発生した場合は、Microsoft Error Reporting Protocol (MERP) を使用して、匿名で情報を Microsoft に送信できます。 この情報は、ソフトウェアの問題を特定して修正し、Office 全体の安定性を向上させるために使用されます。 Office アプリケーションが応答しなくなると、状況の詳細を示す報告が MERP により作成されます。 お客様は、インターネット経由で Microsoft にエラー報告を送信するかどうかを選ぶことができます。 収集されるデータの内容、収集の理由、用途の説明については、「Microsoft オンライン クラッシュ ダンプ解析サービス」を参照してください。 Office をインストールすると Microsoft エラー報告ツールは自動的に有効になりますが、必要に応じて無効にすることもできます。

  1. /ライブラリ/Application Support/Microsoft/MERP2.0 フォルダーで、Microsoft Error Reporting アプリケーションのアイコンをダブルクリックします。

  2. [Microsoft エラー報告ツール] メニューの [環境設定] をクリックします。

  3. [Microsoft エラー報告を有効にする] チェック ボックスをオフにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×