フィルタ Web パーツを Excel Web Access に接続する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

接続を有効にする他の web パーツと同様に、フィルター web パーツを使用して、 Microsoft Office Excel Web Access web パーツに値を渡すことができます。この値に基づいて、ブック内のデータの表示を変更します。たとえば、フィルター web パーツのトップセラー製品のリストから選択して、1つのMicrosoft Office Excel Web Access Web パーツで現在の在庫レベルを Microsoft Office Excel テーブルとして同時に表示することができます。過去5年間の売上収益の棒グラフ第2の excel web access web パーツと、3番目の excel web access web パーツのピボットテーブルレポートで過去5年間の売上をまとめたものです。これは、フィルター Web パーツで選択した値に基づいています。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Web パーツをフィルター処理する方法の詳細

選択フィルター web パーツを Excel web Access web パーツに接続する

SQL Server 2005 Analysis Services フィルター web パーツを Excel web Access web パーツに接続する

Web パーツをフィルター処理する方法の詳細

フィルター Web パーツは非常に強力で柔軟であり、次の操作を行うことができます。

  • テキスト、数値、日付を入力するか、値のリストから項目を選択して、固定値によってフィルター処理します。

  • 手動データ入力または外部データソース ( Windows SharePoint Servicesリスト、ビジネスデータカタログ、Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services、または同じページ上の別の Web パーツなど) からフィルター処理する値を取得します。

  • Excel web Access Web パーツで、SQL Server 2005 Analysis Services のディメンションと階層のデータに基づいて、ピボットテーブルレポートをフィルター処理します。

  • 現在のユーザーのログイン名や、ユーザーが報告する人の名前など、現在のWindows SharePoint Servicesプロファイルプロパティの値に基づいてデータをフィルター処理します。

  • 編集モードで web パーツの現在のフィルター web パーツ接続に関する簡単な情報を表示します。

詳細については、「フィルター Web パーツを使用する」を参照してください。

<link xlink:href="6b4ab13a-32a7-427f-8dbc-a076ae2e6132#__top">ページの先頭へ</link>

選択フィルター web パーツを Excel web Access web パーツに接続する

次の手順では、選択フィルター web パーツを使用して Excel web Access web パーツに接続し、パラメーター値を渡して、ブック内のデータビューを動的に変更します。

準備   

作業を開始する前に、次の操作を行う必要があります。

  • 1つまたは複数のセルを含む Excel ブックを作成し、それぞれが名前付き範囲として定義されており、ローンの期間に基づいて毎月の支払いを計算する住宅ローン計算機など、値を受け付けるように設計されています。

  • ブックをExcel Servicesに発行し、値を受け取るセルごとにパラメーターを定義してください。

詳細については、「 Excel Services でブックのパラメーターを変更する」を参照してください。

手順   

  1. Web パーツページを変更するには、[サイトの操作] をクリックし、[ページの編集] をクリックします。

    Web パーツ ページが編集モードで表示されます。

  2. 選択フィルター web パーツと Excel web Access web パーツを web パーツページに追加します。

    詳細については、「 Web パーツを追加または削除する」を参照してください。

  3. 選択フィルター Web パーツの [開始] 画面で、リンクをクリックし、ツールウィンドウを開きます。

    選択フィルター web パーツが編集モードに入り、web パーツのツールウィンドウが表示されます。

  4. 次の操作を行います。

    • [フィルター名] ボックスに Web パーツを識別するための名前を入力します。

    • ユーザーがスクロールリストから選択できるようにする値のリストと、省略可能な説明を入力します。たとえば、住宅ローンの支払いを計算するブックがあり、年にローンの長さが含まれているセルがパラメーターとして定義されている場合は、値のリストとして10、15、20、25、30を入力できます。各値は個別の行になります。

      ヒント: 各行の値ごとに説明を追加するオプションもあります。例えば:

      1010年
      1515年

      などです。

    • 必要に応じて、[高度なフィルターオプション] セクションの [既定値] ボックスに既定値を入力します。

    • 変更を保存するには、Web パーツのツールウィンドウの下部にある [ OK ] をクリックします。

  5. Excel Web Access の [開く] 画面で、リンクをクリックし、ここをクリックしてツールウィンドウを開きます。

    Excel web Access web パーツが編集モードに入り、web パーツのツールウィンドウが表示されます。

  6. [ブック] テキストボックスに、住宅ローンの計算を含むブックの場所を入力します。

    SharePoint ライブラリでブックを簡単に見つけるには、[リンクの選択] をクリックし、[リンクの選択] ダイアログボックスを使用します。 [ビルダー] ボタン

  7. Excel web Access web パーツで、[web パーツ] メニューの [ [Web パーツ] メニュー ] をクリックし、[接続] をポイントし、[フィルター値の取得] をポイントして、[選択フィルター] web パーツの名前をクリックします。

  8. [構成] をクリックします。

  9. [接続の構成] ダイアログボックスで、[フィルターパラメーター ] リストからパラメーターを選択し、[完了] をクリックします。

  10. web パーツページの編集モードを終了してページを表示するには、web パーツページの上部にある [サイトの操作] の [ ボタンの画像 ] ドロップダウンメニューで、[編集モードの終了] をクリックします。

  11. Excel web Access web パーツでブックの結果を動的に変更するには、[選択フィルター web パーツ] で [フィルター 適用されたフィルターのアイコン ] をクリックし、値をクリックして、[ OK] をクリックします。

注: 選択フィルター Web パーツには、1000項目の制限があります。

<link xlink:href="6b4ab13a-32a7-427f-8dbc-a076ae2e6132#__top">ページの先頭へ</link>

SQL Server 2005 Analysis Services フィルター web パーツを Excel web Access web パーツに接続する

次の手順では、SQL Server 2005 Analysis Services フィルター web パーツを使用して、Excel web Access Web パーツに接続し、パラメーター値を渡して、レポートフィルターを使ってブック内のデータビューを動的に変更します。

準備   

作業を開始する前に、次の操作を行う必要があります。

  • Excel ブックで、SQL Server 2005 Analysis Services データベースのキューブに接続するピボットテーブルレポートを作成します。

  • 作成したピボットテーブルレポートにレポートフィルターを追加し、レポートフィルターが配置されているセルに定義された名前を作成します。

    詳細については、「 Excel Services でブックのパラメーターを変更する」を参照してください。

  • 管理者によって信頼済みとして定義されている SharePoint データ接続ライブラリに、接続情報を Office データ接続 (odc) ファイル (.odc) として保存します。

  • ブックを Excel Services に発行し、各レポートフィルターのパラメーターを定義していることを確認します。

手順   

  1. Web パーツページを変更するには、[サイトの操作 ボタンの画像 ] をクリックし、[ページの編集] をクリックします。

    Web パーツ ページが編集モードで表示されます。

  2. SQL Server 2005 Analysis Services フィルター web パーツと Excel web Access web パーツを web パーツページに追加します。

    詳細については、「 Web パーツを追加または削除する」を参照してください。

  3. SQL Server 2005 Analysis Services フィルター Web パーツで、リンクをクリックし、ツールウィンドウを開きます。

    SQL Server 2005 Analysis Services フィルター web パーツが編集モードになり、web パーツのツールウィンドウが表示されます。

  4. 次の操作を行います。

    • [フィルター名] ボックスに Web パーツを識別するための名前を入力します。

    • [データ接続の選択] で、[ SharePoint データ接続ライブラリ] を選びます。

      注: このページの web パーツを選択して、kpi リスト web パーツおよびOffice data 接続に kpi リスト web パーツ名と ODC ファイルを入力することによって、ページ上の主要業績評価指標 (kpi) リスト web パーツからデータ接続を選択することもできます。ファイルボックス。

    • [参照] ボタンをクリックし、[リンクの選択] ダイアログボックスで、以前に保存したライブラリと接続ファイルを探します。

    • ディメンションと階層のボックスからディメンションと階層を選びます。

      重要: レポートフィルターで使用するのと同じディメンション階層を選択する必要があります。詳細については、Microsoft Office Excel のサポートシステムを参照してください。

      注: 必要に応じて、[選択された値をセットとしてエンコード] を選ぶことができます。このチェックボックスをオンにすると、選択した値のメンバーの一意の名前がセミコロンで delimitted されます (;) は、Cube 関数を使用する Excel の数式で使用するための単一の文字列として渡されます。詳細については、「Office Excel のサポートシステム」を参照してください。

    • 変更を保存するには、Web パーツのツールウィンドウの下部にある [ OK ] をクリックします。

  5. Excel Web Access の [開く] 画面で、リンクをクリックし、ここをクリックしてツールウィンドウを開きます。

    Excel web Access web パーツが編集モードに入り、web パーツのツールウィンドウが表示されます。

  6. [ブック] テキストボックスにピボットテーブルレポートが含まれているブックの場所を入力します。

    SharePoint ライブラリでブックを簡単に見つけるには、[リンク選択] をクリックし、[リンクの選択] ダイアログボックスを使用します。 [ビルダー] ボタン

  7. Excel web Access web パーツで、[web パーツ] メニューの [ [Web パーツ] メニュー ] をクリックし、[接続] をポイントし、[フィルター値の取得] をポイントして、SQL Server 2005 Analysis Services フィルター Web パーツの名前をクリックします。

  8. [構成] をクリックします。

  9. [接続の構成] ダイアログボックスで、フィルターパラメーターリストからレポートフィルターに定義したパラメーターを選択し、[完了] をクリックします。

  10. web パーツページの編集モードを終了してページを表示するには、web パーツページの上部にある [サイトの操作] の [ ボタンの画像 ] ドロップダウンメニューで、[編集モードの終了] をクリックします。

  11. Excel web Access web パーツでブックの結果を動的に変更するには、SQL Server 2005 Analysis Services フィルター web パーツで、[フィルター] メニューから項目を選びます。

    注: SQL Server 2005 Analysis Services フィルター Web パーツには、1000項目の制限があります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×