フィルタ Web パーツを Excel Web Access に接続する

フィルタ Web パーツを使用すると、接続をサポートしている他の Web パーツと同じように、Excel Web Access Web パーツに値を渡し、その値に基づいてブックの表示を変更できます。たとえば、売れ行きのよい商品の一覧をフィルタ Web パーツに表示して、いずれかの商品が選択されたら、現在の在庫レベルを Microsoft Office Excel テーブルとして 1 つの Excel Web Access Web パーツに表示し、過去 5 年間の売上を横棒グラフとして 2 番目の Excel Web Access Web パーツに表示し、過去 5 年間の売上データをピボットテーブル レポートとして 3 番目の Excel Web Access Web パーツに表示できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

フィルタ Web パーツについて

フィルタ Web パーツを Excel Web Access Web パーツに接続する

フィルタ Web パーツについて

フィルタ Web パーツは、次のような操作を可能にする強力で柔軟な Web パーツです。

  • 固定値、入力した文字列、入力した数値、入力した日付、または一覧から選択した値に基づいてフィルタを適用する。

  • 手動で入力したデータまたは外部データ ソースから、値をフィルタに引き渡す。外部データ ソースには、SharePoint リスト、ビジネス データ カタログ、SQL Server Analysis Services、同じページ上にある他の Web パーツなどがあります。

  • SQL Server Analysis Services の主要業績評価指標 (KPI) に基づいてスコアカードにフィルタを適用する。

  • 現在のユーザーのログイン名やレポート先のユーザー名など、現在のユーザーの SharePoint プロファイル プロパティの値に基づいてフィルタを適用する。

  • 編集モードの Web パーツで、現在のフィルタ Web パーツ接続に関する簡単な説明を表示する。

詳細については、「フィルタ Web パーツを使った作業」を参照してください。

ページの先頭へ

フィルタ Web パーツを Excel Web Access Web パーツに接続する

フィルタ Web パーツおよび Excel Web Access Web パーツを含む Web パーツ ページを作成するには、いくつもの方法があります。次の手順では、選択フィルタ Web パーツを使用して Excel Web Access Web パーツに接続し、パラメータ値を渡してブックの表示を動的に変更します。

  1. Web パーツ ページに、選択フィルタ Web パーツおよび Excel Web Access Web パーツを追加します。詳細については、「Web パーツを追加または削除する」を参照してください。

  2. Web パーツ ページを修正するには、 ボタンの画像 (サイトの操作) をポイントし、その横の矢印をクリックして、[ページの編集] をクリックします。

    Web パーツ ページが編集モードで表示されます。

  3. 選択フィルタ Web パーツの開始画面で、[ツール ウィンドウを開く] というリンクをクリックします。

    選択フィルタ Web パーツが編集モードに切り替わり、Web パーツ ツール ウィンドウが表示されます。

  4. 次の操作を行います。

    • [フィルタ名] ボックスに、Web パーツを識別する名前を入力します。

    • スクロール リスト ボックスでユーザーが選択できるようにする値の一覧と、オプションの説明を入力します。たとえば、ローンの返済額を計算するブックがあり、ローンの期間を年数単位で含むセルがパラメータとして定義されている場合は、値の一覧として、10、15、20、25、および 30 を入力できます。

    • オプションで、[高度なフィルタ オプション] の [既定値] ボックスに既定値を入力します。

    • 変更を保存するには、Web パーツ ツール ウィンドウの下部にある [OK] をクリックします。

  5. Excel Web Access の開始画面の [ツール ウィンドウを開くには、ここをクリックしてください。] というリンクをクリックします。

    Excel Web Access Web パーツが編集モードに切り替わり、Web パーツ ツール ウィンドウが表示されます。

  6. ローンの返済額の計算と、ローン期間として定義されたパラメータを含むブックの URL または UNC を、[ブック] ボックスに入力します。

    ブックを簡単に見つけるには、 [ビルダー] ボタン (リンクの選択) をクリックし、[リンクの選択] ダイアログ ボックスを使用します。

  7. Excel Web Access Web パーツから、 [Web パーツ] メニュー (Web パーツ メニュー) をクリックし、[接続] をポイントします。次に、[Get Filtered Value From] をポイントし、選択フィルタ Web パーツの名前をクリックします。

  8. [接続の構成] ダイアログ ボックスで、[フィルタ パラメータ] ボックスからパラメータを選択し、[完了] をクリックします。

  9. Web パーツ ページの編集モードを終了してページを表示するには、Web パーツ ページの上部で、 ボタンの画像 (サイトの操作) メニューの [編集モードの終了] をクリックします。

  10. Excel Web Access Web パーツでブックの結果を動的に変更するには、選択フィルタ Web パーツで 適用されたフィルターのアイコン (フィルタ) をクリックし、値をクリックして [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×