フィルター Web パーツを使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

web パーツをフィルター処理する特定の条件に基づいて、別の web パーツに表示されたデータの表示を変更します。たとえば、フィルター Web パーツでは、特定の年の値のみを表示したり、クラスの学生のリストに特定の割り当てを完了した学生の名前のみを表示したりすることができます。

フィルター Web パーツでは、フィルターアイコンをページに表示し、日付やテキストなどのユーザー入力を必要とするフィルター条件を作成することができます。または、フィルター Web パーツが自動的に動作する場合があります。このページには表示されない場合があります。また、現在のユーザーフィルターなど、3番目の Web パーツから提供されるフィルター処理の抽出条件を使用することもできます。ページに表示されていない web パーツをフィルター処理すると、コンテキスト web パーツと呼ばれます。ユーザー入力なしで結果を自動的にフィルター処理します。

フィルター Web パーツは、SharePoint リスト、Microsoft SQL Server version 2005 および 2008 Analysis services のデータ、およびビジネス接続サービスに存在するデータを操作します。

この記事の内容

フィルターを使用する方法

フィルターの種類

フィルターを使用する

フィルターを使用する方法

次のシナリオでは、フィルター Web パーツを使用するためのさまざまな方法の2つを示しています。

  • ジェフ・スミスは、製品によって生成された収益を月単位で伝えたいと考えています。従来、Jeff は Contoso Sales アプリケーションによって生成された SQL Server Analysis Services レポートを表示し、その情報を電子メールメッセージにコピーしてチームに配布しました。

    これで、Jeff さんは、ユーザーのクレームを製品別に示すレポートと共に、毎月のダッシュボードに同じ SQL Server Analysis Services レポートを追加します。Jeff は、ダッシュボードユーザーが関心のある製品を選ぶことができるように、フィルター Web パーツを追加します。彼は、製品のリストを表示するためのフィルターを設定します。また、フィルターは、製品月次レポートによる新しい顧客クレームと、既存の製品収益を月ごとにレポートに接続します。チームメンバーがページを表示すると、レポートの既定の製品 Jeff set のデータが表示されますが、リストから任意の製品を選ぶこともできます。チームメンバーが別の製品を選ぶと、接続されている各 Web パーツのすべてのデータがフィルターによって変わります。

  • リージョナルセールスマネージャーのクリスティーナ・リーは、部門のダッシュボードを使用して月次データを確認します。ユーザー満足度の主要業績評価指標 (KPI) が黄色であることを通知し、警告モードになっていることを示します。インジケーターをクリックすると、インジケーターが表示された Web ページに移動します。そのため、黄色である理由と、追加の洞察を提供する3つのレポートを説明します。

    このフィルターには、特にクリスティーナの部門に適用されるページ要素のみが表示されます。クリスティーナの会社の他のセールスマネージャーは同じダッシュボードを表示できますが、ビューは異なります。フィルターは、特定の区分の各ビューをカスタマイズします。

ページの先頭へ

フィルターの種類

使用するフィルター Web パーツの種類とその使用方法は、データソース、ユーザーから必要な操作の種類、必要な結果によって異なります。Microsoft SharePoint Server 2010には、フィルター操作 Web パーツと共に9種類のフィルターが用意されています。これによって、ページにデータを更新するタイミングをユーザーが選択できるように、フィルターボタンをページに追加することができます。

次のフィルター Web パーツを使うと、ページに表示されるデータをフィルター処理する値を手動で指定できます。

Web パーツ

説明

日付フィルター

既定値を指定することも、空白のままにすることもできます。ユーザーは、ドロップダウンカレンダーから日付を選ぶか、または Web ページに表示されるボックスに m/d/yyyy 値を入力できます。

テキストフィルター

ユーザーがテキストを入力したり、既定のテキストを指定したりすることを要求できます。

次のフィルター Web パーツを使用すると、ユーザーは値のリストから選ぶことができます。

Web パーツ

説明

選択フィルター

選択フィルターを使用すると、Web パーツのツールウィンドウで値を指定できます。ユーザーは、ページに表示されるドロップダウンメニューからいずれかの値を選択します。

Business Data Connectivity フィルター

この Web パーツでは、ビジネスデータカタログから値のリストを指定し、[値の列] を指定することができます。さらに、[説明] 列を追加することもできます。

たとえば、エンティティが製品である場合、 AdventureWorks アプリケーションValue 列Nameを指定することができます。[説明] 列を追加した場合、このフィルター Web パーツは、ユーザーがドロップダウンリストを使用して、説明キー、または名前で製品を検索できるようにするピッカーダイアログボックスを追加します。

SharePoint リストフィルター

このフィルターを構成するときは、SharePoint リストをポイントし、タイトル、説明、日付、ドキュメントの種類など、列の値を指定します。ユーザーはリストを参照し、指定した項目の種類から選択することができます。

SQL Server Analysis Services フィルター

このフィルターを使用すると、現在の web ページ上の web パーツから、または SharePoint データ接続ライブラリまたは Office データ接続ライブラリからデータ接続を選ぶことができます。次に、ディメンションと階層を指定します。ユーザーは、結果の値の一覧から選ぶことができます。

次のフィルター web パーツは、web ページに表示されるデータを自動的にフィルター処理します。

Web パーツ

説明

現在のユーザーフィルター

現在のユーザーのログイン名または選択した SharePoint プロファイルプロパティのいずれかを提供します。

クエリ文字列 (URL) フィルター

ツールウィンドウで構成した別のソースから固定値 (複数可) を渡します。

ページフィールドフィルター

現在のページに関連付けられているリスト行の列の値を提供します。

<link xlink:href="6b4ab13a-32a7-427f-8dbc-a076ae2e6132#__top">ページの先頭へ</link>

フィルターを使用する

フィルターを使用するには、次の3つの手順があります。

  • Web ページにフィルターを追加する

  • フィルター設定を構成する

  • てフィルターをページ上の他の Web パーツに接続する

フィルター Web パーツをページに追加する

フィルター web パーツをページに追加することは、他の web パーツをページに追加することと似ています。ユーザー入力を要求するフィルターを使う場合は、ページ上の Web パーツの配置を考慮します。さらに、ツールウィンドウでフィルター用に指定した名前は、テキストボックスまたはメニューのページの説明として機能します。

フィルター設定を構成する

[Web パーツ] ツールウィンドウを使用して、フィルターの設定を構成します。各ツールウィンドウには、設定するフィルターの種類に応じてさまざまなオプションがあります。

フィルターをページ上の他の Web パーツに接続する

使用しているフィルター web パーツをページ上の別の web パーツに接続する必要がある場合があります。この場合は、Excel web Access web パーツでフィルターを使用している場合が考えられます。ユーザーに対して表示されているか、見えないフィルター Web パーツを接続できます。表示されたフィルター Web パーツは、製品リストからの選択など、ページビューアーからの入力を要求することがあります。現在のユーザーフィルターなどの非表示のフィルター web パーツでは、コンピューターにログオンしている人に基づいてターゲット web パーツのデータが自動的にフィルター処理されます。

ページ上の別の web パーツに接続できるフィルターを利用できる場合、[接続] メニューは [web パーツ] メニューから表示されます。いずれかの web パーツから、フィルター web パーツと、ページ上の別の web パーツ間の接続を開始することができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×