フィルター Web パーツを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フィルター Web パーツは、特定の条件に基づいて、別の Web パーツに表示されるデータのビューを変更します。たとえば、フィルター Web パーツを使用すると、財務報告書に特定の年度の値だけを表示したり、クラスの学生のうち、特定の課題を完了した学生の名前だけを表示したりできます。

フィルター Web パーツを使用すると、ページにフィルター アイコンが表示され、フィルター条件を作成するための日付やテキストなどのユーザー入力が要求されます。自動的に実行されるフィルター Web パーツもあり、この場合、ページには表示されず、現在のユーザーによるフィルターなどの別の Web パーツから提供された条件が使用されます。ページに表示されないフィルター Web パーツはコンテキスト Web パーツと呼ばれ、ユーザー入力なしに自動的に結果がフィルター処理されます。

フィルター Web パーツは、SharePoint リスト、Microsoft SQL Server version 2005/2008 Analysis Services のデータ、および Business Connectivity Services のデータと連携します。

この記事の内容

フィルターを使用する方法

フィルターの種類

フィルターを使用します。

フィルターの使い方

フィルター Web パーツにはさまざまな用途がありますが、次のシナリオは、そのうちの 2 つを示しています。

  • 小田が月単位の製品の売り上げを通信しようとするとします。従来、Jeff は Contoso の販売アプリケーションによって生成される SQL Server Analysis Services のレポートを表示して、自分のチームに配布する電子メール メッセージに情報をコピーします。

    これで、Jeff は、製品、顧客の苦情を示すレポートと共に、月単位で自分のダッシュ ボードに同じ SQL Server Analysis Services のレポートを追加します。ジェフは、ダッシュ ボードのユーザーが対象の製品を選択できるようにフィルター Web パーツを追加します。製品のリストを表示、フィルターを設定するフィルター製品月例レポートで新規顧客の苦情と月のレポートで既存の製品売上の両方に接続する.ページを表示すると、自分のチーム メンバーとレポートは、Jeff を設定する既定の製品に関するデータが表示は、製品一覧から選択することも。チーム メンバーを選択すると、その他の製品、すべての接続された Web パーツの各データのフィルター変更されます。

  • 地域セールス マネージャである林さんは自分の部署のダッシュボードを使って月次データをレビューします。林さんは、顧客満足度に関する主要業績評価指標 (KPI) が、黄色になっていることに気付きました。黄色は警告モードを意味します。林さんは指標をクリックして、Web ページに移動します。この Web ページには、その指標の他、指標が黄色に変わった原因の説明、およびその他の洞察を示した 3 つのレポートが表示されています。

    フィルターには、林さんの部署に適用されるページ要素のみが表示されます。林さんの会社で他の営業マネージャーは、同じのダッシュ ボードを表示できますが、自分のビューが異なります。フィルターでは、特定の除算の各ビューをカスタマイズします。

ページの先頭へ

フィルタの種類

フィルター Web パーツの種類を使用して、使用する方法は、データ ソースを操作して、望みどおりの結果からの種類によって異なります。次の 9 の種類のフィルター操作 Web パーツを使用すると、ユーザーが、ページ上のデータを更新するタイミングを選択するため、[フィルター] ボタンをページに追加すると、 Microsoft SharePoint Server 2010で提供されているフィルターがあります。

次のフィルター Web パーツを使用すると、ページに表示されるデータをフィルター処理するための値をユーザーが手動で指定できます。

Web パーツ

説明

[日付フィルタ]

既定値を設定することも、値を空のままにしておくこともできます。ユーザーはドロップダウン型のカレンダーから日付を選択することも、または Web パーツ ページに表示されたボックスに yyyy/m/d 形式で値を入力することもできます。

テキスト フィルター

ユーザーにテキストの入力を求めたり、既定のテキストを提供したりできます。

次のフィルター Web パーツでは、ユーザーが値を一覧から選択できます。

Web パーツ

説明

[フィルタの選択]

[フィルターの選択] を使用すると、Web パーツのツール ウィンドウで値を指定できます。ユーザーは、ページに表示されるドロップダウン メニューから、いずれかの値を選択します。

Business Data Connectivity フィルター

この Web パーツでは、ビジネス データ カタログの値の一覧を指定し、[値列] を指定できます。また、[説明列] を追加することもできます。

たとえば、[製品] というエンティティの場合、[AdventureWorks アプリケーション] および [値列] は [名前] になります。[説明列] を追加した場合、ピッカー ダイアログが追加され、ユーザーがドロップダウン リストを使って [説明]、[キー]、または [名前] で製品を検索できるようになります。

SharePoint リスト フィルター

このフィルターを構成するときは、SharePoint リストをポイントし、列の値 (たとえば、タイトル、説明、日付、ドキュメントの種類) を指定します。ユーザーはリストを参照し、指定されたアイテムの種類から選択することができます。

SQL Server Analysis Services フィルター

このフィルターを使用する際には、現在の Web ページ上の Web パーツ、SharePoint データ接続ライブラリまたは Office データ接続ライブラリのいずれかからのデータ接続を選択することができます。次に、ディメンションおよび階層構造を指定します。ユーザーは、結果として表示される値の一覧から選択できます。

次のフィルター Web パーツは、Web ページに表示されるデータを自動的にフィルター処理します。

Web パーツ

説明

[現在のユーザーによるフィルタ]

現在のユーザーのログイン名または選択された SharePoint プロファイルのプロパティを提供します。

クエリ文字列 (URL) フィルター

ツール ウィンドウで構成した別のソースからの固定値を提供します。

ページ フィールド フィルター

現在のページが関連付けられているリスト行の列の値を提供します。

ページの先頭へ

フィルタを使用する

フィルタの使用手順は、次の 3 段階から成ります。

  • Web ページにフィルターを追加する

  • フィルター設定を構成する

  • (任意) ページ上の他の Web パーツにフィルターを接続する

フィルター Web パーツをページに追加する

フィルター Web パーツをページに追加する方法は、他の Web パーツをページに追加する方法と同様です。ユーザー入力を要求するフィルターを使用するときは、ページ上に Web パーツを配置することを検討してください。また、ツール ウィンドウでフィルターに指定した名前は、ページ上でテキスト ボックスまたはメニューの説明として使用されます。

フィルター設定を構成する

Web パーツのツール ウィンドウを使用して、フィルターの設定を構成します。各ツール ウィンドウに表示されるオプションは、設定するフィルターの種類によって異なります。

ページ上の他の Web パーツにフィルターを接続する

使用するフィルター Web パーツは、ページ上の別の Web パーツに接続する必要がある場合があります。Excel Web Access Web パーツでフィルターを使う場合などが、これに該当します。フィルター Web パーツは、ユーザーに表示するものも非表示にするものも接続できます。表示フィルター Web パーツの場合、ページ ビューアーからの入力要求 (製品リストから選択するなど) が可能です。非表示フィルター Web パーツ (たとえば、"現在のユーザーによるフィルター") の場合、コンピューターにログオンしているユーザーに基づいて、接続先の Web パーツのデータが自動的にフィルター処理されます。

ページ上の別の Web パーツに接続できるフィルターがある場合は、[Web パーツ] メニューに [接続] メニューが表示されます。ページ上のフィルター Web パーツと別の Web パーツとの接続は、どちらの Web パーツからでも開始できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×