フィルターを使用してファイルまたはリスト アイテムの表示を変更する

フィルターを使用してファイルまたはリスト アイテムの表示を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フィルター ウィンドウでは、目的のファイルやリスト アイテムを容易に検索できます。フィルターを選択すると、一致しないアイテムはページに表示されているリストから削除されます。

注: 一部の機能は、初回リリース プログラムに加入した組織に段階的に導入されます。初回リリース プログラムに申し込んでいない場合は、この機能が表示されない可能性があります。

フィルター ウィンドウを開く

フィルター ウィンドウを開くには、リストまたはライブラリの右上にあるフィルター アイコン [フィルター] アイコン をクリックします。表示されるフィルターは、現在表示されているリスト アイテムに基づきます。

ドキュメント ライブラリ、最近使用したファイルだけにリストをフィルター処理できる 1 つを編集するファイルを表示する、または Word 文書や PowerPoint のスライドのようななどの他のユーザー、または特定の種類のファイルだけを表示します。管理メタデータ用語階層に基づいて、列場合、は、親用語と 1 つのアイテムにフィルター処理できます。

フィルターの設定

リストまたはライブラリをフィルター処理した後で、元の状態に戻したい場合は、フィルター ウィンドウの右上にあるフィルターのクリア アイコン フィルターのクリア] アイコン をクリックします。

列見出しおよびビューと連携したフィルター ウィンドウの動作

フィルター ウィンドウは、列見出しやビューなど馴染みの深い SharePoint 機能と連携して動作します。列見出しのメニューで選んだフィルターは、フィルター ウィンドウにも表示されます。逆の場合も同じように動作します。フィルター ウィンドウでの選択は、列見出しのフィルター選択にも表示されます。

列ヘッダーの選択肢を含むウィンドウをフィルター処理します。

ビューではフィルターの選択を保存できます。

ビュー フィルターの設定を保存する] オプションを保存します。

リストおよびライブラリに関するヘルプ

SharePoint ヘルプには、ドキュメントおよびライブラリデータおよびリストを取り上げた多くの記事が含まれています。

ここで、答えが得られなかった場合は、Microsoft コミュニティの SharePoint オンライン フォーラムで質問してください。

組織固有の問題については、IT 部門または IT 管理者にお問い合わせください。SharePoint Online 管理者の方は、Office 365 管理センターでサポート チケットを開くこともできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×