ファイル内のアクティブ コンテンツの種類

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

アクティブ コンテンツとは、マクロ、アドイン、データ接続など、ファイルやプログラムの中に追加される機能です。この記事では、セキュリティ センターの設定でブロックでき、ファイルに含まれている場合はファイルを開いたときにメッセージ バーが表示される、アクティブ コンテンツのタイプについて説明します。

アクティブ コンテンツがブロックされた場合、メッセージ バーが表示されます。2 種類以上のアクティブ コンテンツがファイルに含まれる場合、メッセージ バーには、「一部のアクティブ コンテンツが無効にされました」という警告文が表示されます。

"一部のアクティブ コンテンツが無効にされました" というメッセージが表示されたメッセージ バー
ファイル内のアクティブ コンテンツに関する警告を表示するメッセージ バー

セキュリティ センターを使用したファイルのチェック

セキュリティ センターでは、アクティブ コンテンツによってコンピューターにもたらされる可能性があるコンピューター ウイルスやその他のセキュリティ上の危険がないかどうかを調べるために、ファイルのコンテンツ チェックを設定できます。 このチェックでは、アクティブ コンテンツが自動的に実行されるのを防ぐことで、予期しないコンテンツまたは悪意のあるコンテンツが実行されないようにして、コンピューターとネットワークを保護できます。

セキュリティ センターに関する詳細については、「セキュリティ センターのオプションと設定を表示する」を参照してください。

Office プログラムでセキュリティ センターを開く

  1. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

    [セキュリティ センターの設定] を表示する Word オプション

アクティブ コンテンツのタイプ

ブロックされたアクティブ コンテンツのタイプを確認するには、[セキュリティ センター の設定] をクリックして、[セキュリティ センター] ウィンドウを開きます。

セキュリティ センターの [ActiveX の設定] 領域
セキュリティ センターの設定でアクティブ コンテンツの処理方法を指定

次のリストでは、セキュリティ センターによってブロックされるさまざまな種類の外部のアクティブ コンテンツを確認できます。次のタイプのアクティブ コンテンツがファイルに含まれていると、メッセージ バーが表示されます。

  • ActiveX コントロール

  • アドイン

  • データ接続

  • マクロ

  • Excel 4.0 のマクロ

  • スプレッドシートのリンク

次のタイプの外部コンテンツは、埋め込まれるか外部のファイルにリンクされているため、ブロックの対象となります。

  • リンクされた OLE (オブジェクトのリンクと埋め込み) ファイル

  • 配色テーマ ファイル

  • カスケード スタイル シート (CSS) ファイル

  • XML 拡張パック

  • 外部の画像へのリンク

  • メディア ファイル

  • リアルタイム データ サーバー

  • XML マニフェスト

  • スマート ドキュメント

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×