ファイルを Business Contact Manager レコードにリンクする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Excel ファイル、PowerPoint ファイル、Publisher ファイル、Word ファイル、画像ファイルなどのさまざまな種類のファイルを Business Contact Manager for Outlook のアカウント レコード、ビジネス用連絡先レコード、潜在顧客レコード、営業案件レコード、またはビジネス プロジェクト レコードとリンクさせることができます。

これらのファイルのリンクは、Business Contact Manager for Outlook のレコードのコミュニケーション履歴に表示されます。

この記事では、以下の操作を行う方法を説明します。

Excel、PowerPoint、Publisher、または Word のファイルを Business Contact Manager レコードにリンクする

  1. Excel、PowerPoint、Publisher、または Word で、[ファイル] タブをクリックし、[Business Contact Manager] をクリックします。

    ヒント: Business Contact Manager が表示されない場合は、まだ Business Contact Manager がインストールされていません。

  2. [レコードにリンク] をクリックします。

  3. [Business Contact Manager レコードにリンク] ダイアログ ボックスの [フォルダー] リストで、ファイルのリンク先にするレコードの種類を選択します。

  4. リンク先にするレコードをクリックします。

    複数のレコードを選択する方法

    連続しているレコードをまとめて選択するには、Shift キーを押しながら、追加する一連のレコードの先頭レコードと末尾のレコードをクリックします。連続していないレコードを選択するには、Ctrl キーを押しながら、各レコードを 1 つずつクリックしていきます。すべてのレコードを選択するには、1 つをクリックしてから Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

これでファイルがレコードにリンクされ、そのレコードのコミュニケーション履歴アイテムの一覧、および [コミュニケーション履歴] フォルダーに表示されるようになります。

Access アプリの基本タスク

Excel、PowerPoint、Publisher、または Word のファイルの Business Contact Manager レコードへのリンクのトラブルシューティング

アクティブなファイルを Business Contact Manager レコードにリンクするBusiness Contact Manager データベース接続が必要です。アクティブな接続がない、レコードにリンクできないというメッセージが表示があります。

以下のような原因が考えられます。

  • Outlook は、既定の電子メール プログラムではありません。Business Contact Manager for Outlookは、Outlook でのみ使用できます。

    Outlook を既定の電子メール プログラムとして設定します。   

    1. Outlook で、[ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

    2. [全般] タブで、[Outlook を電子メール、連絡先、予定表の既定のプログラムにする] チェック ボックスをオンにします。

  • Outlook がインストールされている 2 つのバージョンがあります。

    バージョンと一致する既定の電子メール プログラムの Business Contact Manager を Outlook のバージョンを設定します。   

    1. 目的のバージョンの Outlook では、[ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

    2. [全般] タブで、[Outlook を電子メール、連絡先、予定表の既定のプログラムにする] チェック ボックスをオンにします。

      注:  2 つのバージョンの Outlook がインストールされている場合、ユーザーが起動した方のバージョンが、Business Contact Manager の一致するバージョンの Business Contact Manager オブジェクトを使用して、作成したリンクに関連付けられます。誤って間違ったデータベース内のレコードへのリンクを作成してしまわないよう、一貫して同じバージョンの Outlook を使用するようにしてください。

  • Outlook でプロファイルがないです。

    Outlook でプロファイルを作成します。   

    このプロファイルは、Business Contact Manager for Outlook に使用するプロファイルと同じである必要があります。

    1. 次の操作のいずれかを行います。

      • コントロール パネルがカテゴリ表示になっている場合    [ユーザー アカウント] をクリックし、[メール] をクリックします。

      • コントロール パネルがクラシック表示になっている場合    [メール] をダブルクリックします。

        注: Outlook がインストールされていて、少なくとも 1 度は実行されていないと、[メール] アイコンは表示されません。

        [メール セットアップ] ダイアログ ボックスが開きます。

    2. [プロファイルの表示] をクリックします。

    3. [追加] をクリックします。

    4. プロファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

    5. 画面に表示された指示に従って、そのプロファイルで使用する電子メール アカウントを追加します。

  • Business Contact Manager for Outlookのスタートアップ ウィザードが完了する前に、キャンセルされました

    Business Contact Manager スタートアップ ウィザードを完了します。   

    次のいずれかの操作を行って、スタートアップ ウィザードを実行します。

    1. Outlook を開きます。ウィザードが自動的に実行されます。

    2. ウィザードが完了する前に中断された場合は、ウィザードを再実行します。

      • Outlook で、[ファイル] タブをクリックします。

      • [Business Contact Manager] タブをクリックし、[有効にする] をクリックします。

        スタートアップ ウィザードが開始されます。

  • Business Contact Manager for Outlookが無効になっています。

    Business Contact Manager for Outlookを再び有効にします。   

    まれに、Business Contact Manager for Outlook のフォルダー、オプション、およびコマンドがナビゲーション ウィンドウや Backstage ビュー、リボン タブからなくなる場合があります。このような状態が発生した場合は、Business Contact Manager for Outlook を有効にし直す必要があります。

    1. Outlook を起動し、[ファイル] タブをクリックします。

    2. ナビゲーション ウィンドウで、[オプション] をクリックします。

    3. [Outlook のオプション] ウィンドウで、[アドイン] をクリックします。

    4. 必要に応じて、[管理] ボックス (ウィンドウの下部) の [COM アドイン] をクリックします。

    5. [実行] をクリックします。

    6. [COM アドイン] ダイアログ ボックスで、次のチェック ボックスをオンにします。

      • Business Contact Manager for Outlook

      • Business Contact Manager Loader for Outlook

Access アプリの基本タスク

Business Contact Manager for Outlook からファイルを Business Contact Manager レコードにリンクする

  1. ナビゲーション ウィンドウの [Business Contact Manager] で、次のいずれかのフォルダーをクリックしてワークスペースを表示します。

  2. リンクするレコードを含むタブをクリックします。

  3. レコードをダブルクリックして開きます。

  4. リボンの [表示] グループで [履歴] をクリックします。

  5. リボンの [履歴アイテムの追加] で、[その他] をクリックして、[ファイル] をクリックします。

  6. レコードにリンクするファイルの名前を入力するか、またはファイルを探して [開く] をクリックします。

これでファイルがレコードにリンクされ、そのレコードのコミュニケーション履歴アイテムの一覧、および [コミュニケーション履歴] フォルダーに表示されるようになります。

Access アプリの基本タスク

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×