ファイルを開く

ファイルを Microsoft Office で開く場合、ファイルをどのような状態で開くかによって開く方法が異なります。ファイルを開く際には、元のファイルを編集用として開く、コピーとして開く、読み取り専用として開く、のいずれかを選択できます。読み取り専用として開くと、別の名前を付けて保存しない限り、そのファイルを保存することはできません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ファイルを開く

ファイルをコピーとして開く

ファイルを読み取り専用として開く

ファイルを開く

  1. 以下の 2007 Microsoft Office system プログラムで次の操作を行います。

    Word、Excel、PowerPoint、または Access の場合

    • Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[開く] をクリックします。

      ショートカット キーの使用  [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示するには、Ctrl + O キーを押します。

      InfoPath、OneNote、Project、Publisher、または Visio の場合

    • [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。

      ショートカット キーの使用  [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示するには、Ctrl + O キーを押します。

  2. [ファイルの場所] で、開くファイルが格納されているフォルダ、ドライブ、またはインターネット上の場所をクリックします。

  3. フォルダとファイルの一覧で、目的のファイルが格納されているフォルダを見つけて開きます。

    注: 既定では、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスに表示されるファイルは、使用中のアプリケーションで作成されたファイルだけです。たとえば、Microsoft Office Excel を使用している場合、[ファイルの種類] ボックスで [すべてのファイル] を選択しないと、Microsoft Office Word で作成されたファイルは表示されません。

  4. 目的のファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

ページの先頭へ

ファイルをコピーとして開く

ファイルをコピーとして開くと、そのファイルのコピー (複製) が自動的に作成され、このコピーが開きます。加えた変更はすべて、このコピーに保存されます。コピーの名前は自動的に決まります。既定では、元のファイル名の先頭に "コピー (1)" が付加された名前になります。

  1. 以下の 2007 Microsoft Office system プログラムで次の操作を行います。

    Word、Excel、PowerPoint、または Access の場合

    • Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[開く] をクリックします。

      ショートカット キーの使用  [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示するには、Ctrl + O キーを押します。

      InfoPath、OneNote、Project、Publisher、または Visio の場合

    • [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。

      ショートカット キーの使用  [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示するには、Ctrl + O キーを押します。

  2. [ファイルの場所] で、開くファイルが格納されているフォルダ、ドライブ、またはインターネット上の場所をクリックします。

  3. フォルダとファイルの一覧で、目的のファイルが格納されているフォルダを見つけて開きます。

  4. コピーを開くファイルを選択し、[開く] ボタンの横にある矢印をクリックして [コピーとして開く] をクリックします。

注: コピーとしてファイルを開くと、元のファイルが格納されているフォルダにファイルのコピーが作成されます。

ページの先頭へ

ファイルを読み取り専用として開く

ファイルを読み取り専用として開くと、元のファイルの内容を閲覧することはできますが、加えた変更をそのファイルに保存することはできません。

  1. 以下の 2007 Microsoft Office system プログラムで次の操作を行います。

    Word、Excel、PowerPoint、または Access の場合

    • Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[開く] をクリックします。

      ショートカット キーの使用  [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示するには、Ctrl + O キーを押します。

      InfoPath、OneNote、Project、Publisher、または Visio の場合

    • [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。

      ショートカット キーの使用  [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示するには、Ctrl + O キーを押します。

  2. [ファイルの場所] で、開くファイルが格納されているフォルダ、ドライブ、またはインターネット上の場所をクリックします。

  3. フォルダとファイルの一覧で、目的のファイルが格納されているフォルダを見つけて開きます。

  4. 読み取り専用として開くファイルを選択し、[開く] ボタンの横にある矢印をクリックして [読み取り専用として開く] をクリックします。

注: 

  • ネットワーク ファイル サーバーまたは Web サーバー上のフォルダへのショートカットを作成するには、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスの [マイ プレース] バーにある [マイ ネットワーク] を使用します。

  • [ファイル] メニューの [最近使用したファイル] の一覧、または Office ボタンのイメージ (Microsoft Office ボタン) をクリックしたときに表示される [最近使用したドキュメント] の一覧に、最近開いたファイルが表示されます。ファイル名をクリックしてファイルを開きます。

  • [ファイルを開く] ダイアログ ボックスの [最近使ったファイル] フォルダには、以前開いたことがあるファイルおよびフォルダの一覧が表示されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×