ファイルを開くのに使うパスワードを分析と比較のために管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

重要: この機能は、Windows RT PC 上の Office では利用できません。Inquire は、Office Professional Plus および Office 365 Professional Plus エディションでのみ利用できます。「Power Pivot を含む Excel 2010 ブックが Excel 2013 の一部のバージョンで動作しない」を参照してください。使用している Office のバージョンを確認するには、こちらを参照してください。

Excel の [Inquire] タブにあるコマンドを使ってパスワード保護されたワークブックを分析または比較する際、それらのファイルが開かれるたびにパスワードを入力する手間を省くことができます。これは、Excel がコンピューターに保存できるパスワードを使って行います。コンピューターに Microsoft Office Professional Plus 2013 がインストールされている場合は、Excel で使用できる Inquire アドインを有効化した後で、[Inquire] タブが表示されます。

  1. リボン上に [Inquire] タブが表示されない場合、Inquire アドインをインストールしてください。

    1. [ファイル]、[オプション]、[アドイン] の順にクリックします。

    2. [移動] ボタンの横にあるリストに [COM アドイン] が表示されていることを確認し、[移動] をクリックします。
      COM アドインを管理する

    3. [Inquire アドイン] の横のボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

  2. [Inquire] タブの [その他] のグループで、[ブックのパスワード] をクリックします。
    ブックのパスワード コマンド
    [Password Manager] ダイアログ ボックスが表示されます。
    パスワード マネージャー

  3. [追加] をクリックします。

  4. パスワードを入力して確認し、必要に応じて説明を追加します。

ファイル用のパスワードがたくさんある場合は、それらのパスワードを含むテキスト ファイルを作成してインポートできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×