ファイルを開いたときに起動するプログラムを変更する

Microsoft Windows Vista および Windows XP では、プログラム別に開くファイルの種類が登録されています。たとえば、通常、テキスト (.txt) ファイルを開くときにはメモ帳が起動します。ただし、プログラム別に開くファイルの種類を次のいずれかの方法で変更することもできます。

Microsoft Windows Vista の場合

  1. [スタート] ボタン ( ボタンの画像 ) をクリックし、[既定のプログラム] をクリックします。

  2. [既定のプログラム] ウィンドウの [ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け] をクリックします。

  3. [関連付けを設定する] ウィンドウの [名前] 列で、別のプログラムで開くファイルの種類を選択し、[プログラムの変更] をクリックします。

  4. [ファイルを開くプログラムの選択] ダイアログ ボックスで、使用するプログラムを選択し、[OK] をクリックします。

Microsoft Windows XP の場合

  1. [マイ コンピュータ] またはエクスプローラで、[ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。次に、[ファイルの種類] タブをクリックします。

  2. [登録されているファイルの種類] ボックスの一覧で、別のプログラムで開くファイルの種類を選択し、[変更] をクリックします。

  3. [ファイルを開くプログラムの選択] ダイアログ ボックスで、使用するプログラムを選択し、[OK] をクリックします。

  4. [フォルダ オプション] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×