スキップしてメイン コンテンツへ
保存と共有

ファイルを保存する場所

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Office 365 では、OneDrive for Business または SharePoint サイトのいずれかで作業内容を保存することができます。 組織の各ユーザーには、個人用の作業ファイルを保存するために、独自の OneDrive for Business ライブラリがあります。 OneDrive フォルダーにファイルを作成して保存すると、クラウドに同期されるため、Web ブラウザー、コンピューター、モバイル デバイスのように、どこからでもアクセスできます。 共有ファイル ストレージとチームの共同作業には、SharePoint サイトを使用します。 SharePoint サイトは、どこからでも簡単にアクセスできるように、クラウドへの同期も行われます。

OneDrive でファイルを保存または共有する

  1. コンピューター上で、エクスプローラーを使用して OneDrive を開きます。 または、Office 365からアプリ起動ツールで [OneDrive] を開きます。

  2. 個人用ファイルを表示およびアップロードしたり、[共有] をクリックして、ドキュメントを表示するために他のユーザーを招待するか、リンクを送信することで、ドキュメントやフォルダーを共有したりします。 詳細については、こちらを参照してください

SharePoint サイトで共同作業を行う

  1. Office 365からアプリ起動ツールで [SharePoint] を開いて、チーム サイトを選択します。

  2. ライブラリと呼ばれる、既定のドキュメントの保存場所にファイルを追加したり、追加の保存場所を作成したりします。

特定のプロジェクト、チーム、または顧客用にサブサイトを作成して、SharePoint サイトをカスタマイズできます。 また、サイトを企業のイントラネットに変更して、会社名、ロゴ、外観を追加することもできます。 詳細については、こちらを参照してください

関連項目

ファイルをライブラリにアップロードする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×