ファイルをライブラリにアップロードする

ファイルをライブラリにアップロードする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

コンピューターからファイルをドラッグするだけで、OneDrive for Business ライブラリまたは SharePoint チーム サイトにファイルをアップロードできます。 また、参照してファイルをアップロードすることもできます。

注: この記事では、SharePoint server の場合は、経験と SharePoint Online で、従来のエクスペリエンスについて説明します。 新しいエクスペリエンスでSharePoint Onlineを使っている場合は、フォルダーまたはドキュメント ライブラリにファイルのアップロードを参照してください。

更新日: 2017 年 5 月 5 日。お客様からのフィードバックに感謝します。

注: ライブラリにファイルをアップロードまたは作成する前に、管理者からライブラリに投稿する許可を得てください。 また、ライブラリ内の一部の種類のファイルは、セキュリティ上の理由によってブロックされます。 詳細については、「リストまたはライブラリに追加できないファイルの種類」 を参照してください。

ファイルおよびフォルダーをコンピューターからコピーする方法を確認する

ファイルを OneDrive for Business とチーム サイトにコピーする方法についてはこのビデオをご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ファイルをエクスプローラーから OneDrive for Business またはサイト ライブラリにアップロードする

  1. OneDrive または SharePoint サイト ライブラリを開きます。

    SharePoint Server 2016 のドキュメント ライブラリのスクリーンショット
  2. ドキュメント ライブラリの上部にある [アップロード] をクリックします。

    [アップロード] ボタンが強調表示されているドキュメント ライブラリ
  3. [ドキュメントの追加] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックして個別のファイルをアップロードできます。 使用している SharePoint のバージョンによっては、Ctrl キーまたは Shift キーを押しながら複数のファイルを選択して、複数のファイルをアップロードすることもできます。

  4. アップロードするファイルを選択したら、[OK] をクリックします。

  1. OneDrive または SharePoint サイト ライブラリを開きます。

    SharePoint Server 2016 のドキュメント ライブラリのスクリーンショット
  2. コンピューターで、[スタート Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン ]、[エクスプローラー] の順にクリックします。

    [エクスプローラー] が強調表示されている [スタート] メニュー

    アップロードするドキュメントを含むフォルダーに移動します。

  3. [ここにファイルをドラッグ] と表示されている SharePoint ライブラリ内の領域にファイルをドラッグします。 ファイルをライブラリ上に移動すると、ライブラリに [ここにドロップ] と表示されます。

    ファイルをライブラリにドラッグする
  4. ファイルをドロップすると、ドキュメント ライブラリ内に表示されます。

注: Windows 10 の既定のブラウザーである Microsoft Edge ブラウザーを使用している場合は、次の点に注意してください。

  • ドラッグ アンド ドロップ使っていない場合は、 Windows 10記念日の更新プログラムが機能しません。 代わりに [新しいドキュメント] または [アップロード] を使用してください。

    適用済みの場合は、Microsoft Edge ブラウザーでのドラッグ アンド ドロップはファイルとフォルダーのどちらについても問題なく機能します。

  • [エクスプローラーで開く] と [エクスプローラーで表示] が機能しない、または存在しない場合があります。 Windows 10 では Internet Explorer 11 を使用してください。 下記の「Windows 10 ユーザーの場合」を参照してください。

大きなファイルや、合計すると大きなサイズになる多数のファイルをアップロードする場合は、SharePoint のファイル サイズ制限によるエラーや、使用しているバージョンの Internet Explorer のタイムアウト エラーが発生することがあります。 このようなエラーを回避するには、以下の方法を試してください。

  • ドラッグ アンド ドロップを使用する場合は、100 個以下のファイルをアップロードします。

  • Office 365 または SharePoint Online を使用している場合は、サイズが 15 GB を超えるファイルをアップロードしないでください。15 GB が既定の最大ファイル サイズになります。

  • 組織で SharePoint をサーバーに展開している場合は、アップロードするファイルのサイズに合わせて、最大ファイル サイズ制限を確認または拡張するように、サーバーの管理者に依頼してください。 既定のサイズ制限は 250 MB ですが、最大 10 GB まで拡大できます。

  • ファイル サイズが SharePoint Server で 10 GB または SharePoint Online で 15 GB を超えるときに、"処理しています" というメッセージが消えない場合は、「Microsoft Support: "接続がタイムアウトになりました" という Internet Explorer エラー メッセージが、サーバーから応答がない場合に表示される」の指示に従います。

  • OneDrive for Business 同期クライアントを使うことができる場合は、これを使って大きなファイルや複数のファイルをアップロードします。 同期により、オンラインのときに自動的にバックグラウンドでファイルがアップロードされます。 詳細については、 Windows の OneDrive の同期クライアントを使ってファイルを同期するを参照してください。

ファイルとフォルダーをアップロードする場合は、パスとファイル名の長さに注意する必要があります。 SharePoint Online と OneDrive for Business では、ファイルとパスの合計の長さは最大 400 文字までサポートされます。 SharePoint Server バージョンでは、ファイルとパスの合計の長さは 260 文字までサポートされます。

サイト所有者は、ユーザーがファイルを編集する前にチェックアウトする (編集が終了したらチェックインする) ことが必須になるように、ライブラリを設定できます。 ライブラリでチェックアウトが必須になっている場合、ファイルは、最初にアップロードした時点でチェックアウトされますファイルをチェックインするまで、他のユーザーはそのファイルを編集できません。 チェックアウトの詳細については、「ライブラリのファイルのチェックアウト、チェックイン、または変更の破棄を行う」を参照してください。

サイト所有者は、ライブラリを使用する他のユーザーにコンテンツを公開する前に承認を必要とするように、ライブラリを設定できます。 ファイルの作成者は、一覧表示されているファイルを見て操作できますが、作成者以外のユーザーは表示または操作することはできません。 たとえば、法務部門では、文書を公開する前に承認を必要とする場合があります。 詳細については、「サイトまたはライブラリのアイテムの承認を必須にする」を参照してください。

ファイルを追加して、既存のファイルを改訂バージョンのファイルに置き換えることができます。 ライブラリがバージョンを管理するように設定されている場合、ファイルを追加すると、それが最新版になり、古いファイルはバージョン履歴に含められます。 新しいバージョンのファイルをアップロードする場合は、ファイルの履歴を管理しやすいように、そのバージョンでどのような変更を加えたかについてコメントを入力しておくことをお勧めします。 バージョン管理機能の詳細については、「リストまたはライブラリでのバージョン管理のしくみ」を参照してください。

SharePointとOneDrive for Businessを使用すると、ドラッグ アンド ドロップ フォルダーは、Microsoft Edge と Google Chrome ブラウザーの記念日の Windows update を使用できます。 Internet Explorer、Mozilla Firefox することはできませんをアップロードするか、ドラッグ アンド ドロップ フォルダーを直接します。 ただし、 SharePointサイト ライブラリに、コンピューター上のフォルダーを同期している場合は、フォルダー内にあるフォルダーやファイルの任意の組み合わせを持つことができます。 同期されたフォルダーまたはそうして 1 つの時刻としたら、必要なものをアップロードする同期の停止することができます。

フォルダーを同期すると、ライブラリ (オンライン上とローカル コンピューターの両方) 内のものはすべてコピーされます。 フォルダーを既存のライブラリに追加したい場合、ライブラリのコンテンツはお使いのコンピューターにコピーされる点にご留意ください。 同期は個別のフォルダーにではなく、ライブラリ全体に適用されます。

お使いのコンピューターでSharePointサイト フォルダーを同期する方法については、 Windows の OneDrive の同期クライアントを使ってファイルを同期するを参照してください。

ファイルをライブラリに追加する操作は、Office のバージョンや、使用しているブラウザーによって、多少異なる場合があります。 また、サイト管理者により、使用する必要があるライブラリに追加の要件が設定されている場合もあります。

注: Wiki ページ ライブラリでは、新しい Wiki ページを作成できますが、既存のファイルをアップロードすることはできません。

ファイルを保存する    ファイルを保存するには、最初に、前に、サイトで、ブラウザーの設定を信頼済みサイトとして追加する必要があります。 たとえば、Internet Explorer で、ツール_gt [インターネット オプション] _gtセキュリティ_gt信頼済みサイト_gtサイト] をクリックします。

詳細については、「アップロードに関する問題のトラブルシューティング」を参照してください。

現在Microsoft Edgeブラウザー、 SharePoint、 OneDrive for Businessをいくつかの問題があります。 Windows 10 の Anniversary Update を適用済みの場合は、Microsoft Edge でドラッグ アンド ドロップを使用できますが、[エクスプローラーで開く] や [エクスプローラーで表示] は使用できません。 ドラッグ アンド ドロップ機能と [エクスプローラーで開く] や [エクスプローラーで表示] を使用するには、次の回避策を試してみてください。

Windows 10で Internet Explorer 11 を開始します。

  1. [スタート Windows 10 の [スタート] ボタン ] をクリックします。

  2. Internet Explorer と入力し、[Internet Explorer] を選びます。

今後ページを開くときに SharePoint で Microsoft Edge が開かれないようにするには、既定のブラウザーを Internet Explorer 11 に変更します。

既定のブラウザーを変更するには

  1. Windows 10 の [スタート] Windows 10 の [スタート] ボタン をクリックし、「既定のプログラム」と入力し、[既定のプログラム] をクリックします。

    Windows の既定のプログラム
  2. Web ブラウザーでは、[Microsoft Edge] をクリックし、[アプリケーションの選択] ダイアログ ボックスの [Internet Explorer] をクリックします。

    Microsoft Edge または IE ブラウザーの既定のプログラムの選択
  3. [既定のアプリの選択] ダイアログ ボックスを閉じます。

詳細については、次の記事を参照してください。

ご意見を寄せてください。

この記事はお役に立ちましたか? お役に立った場合は、このページの最下部でお知らせください。 役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。 お客様からのご意見は、手順を見直して、この記事を更新するために利用させていただきます。

関連項目

ごみ箱を空にするまたはファイルを復元する

削除または OneDrive からファイルとフォルダーを復元します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×