ファイルをチェックインする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Windows SharePoint Services サイトのライブラリにファイルをチェックインすると、ライブラリを使用するユーザーは変更されたファイルを利用できます。

この記事の内容

概要

ファイルをチェックインします。

ファイルをチェックインするときに、マイナー バージョンを上書きします。

概要

ファイルをチェックアウトして更新した後、ファイルをチェックインして他のユーザーが変更されたファイルを表示できるようにします。チェックアウトが必要なライブラリでは、ファイルは最初に作成するかアップロードするとき、チェックアウトされます。他のユーザーがファイルを表示または使用できるようにするには、ファイルをチェックインする必要があります。ライブラリでコンテンツの承認が必要な場合、更新が承認されないと、ライブラリを使用するユーザーは更新されたファイルを表示できません。

ファイルをチェックインするときに、ファイルに加えた変更についてコメントを入力できます。コメントがあると、ファイルのチェックアウト中に行ったファイルの変更を他のユーザーが理解するのに役立ちます。ファイルを複数のユーザーが使用する場合、チェックイン コメントは特に役立ちます。バージョンが追跡されている場合、ファイルのコメントはファイルのバージョン履歴の一部になります。ファイルに複数の改訂がある場合に便利です。

メジャー バージョンとマイナー バージョンの両方が追跡されている場合、チェックインするバージョンの種類を選択するよう要求されます。メジャー バージョンはセクションの追加など、通常は大きな変更です。マイナー バージョンは入力ミスの修正など、小さな変更です。ライブラリで両方の種類のバージョンを追跡しており、コンテンツの承認が必要な場合、マイナー バージョンをチェックインすると、ファイルの下書きコピーが作成されます。承認されるファイルの準備ができたら、下書きをメジャー バージョンとして発行する必要があります。

通常、自分がチェックアウトしたファイルのみチェックインしてください。他のユーザーにチェックアウトされたファイルをチェックインすると、警告を受けます。ファイルをチェックインすると、他のユーザーがファイルに行った変更はすべて上書きされます。

場合によっては、他のユーザーが変更を表示できるようにサーバーのコピーを更新し、しかもファイルに対する作業を続けることが必要になります。また、バージョンが追跡されている場合、変更を必要に応じて復元できるよう、変更をバージョン履歴の一部とした方がいいことがあります。このような場合、ファイルのコピーをチェックインするがファイルはチェックアウトしたままにし、ファイルへの作業を続行することができます。

Microsoft Office Word 2007 など、Windows SharePoint Services 3.0 と互換性のある一部のプログラムを使用すると、ファイルをチェックインするためサーバーに戻ることなく、プログラムからファイルのチェックインとチェックアウトを行うことができます。詳細については、ご使用のプログラムのヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

ファイルをチェックインする

  1. ライブラリがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

    ライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. チェックインを表示される矢印をクリックして、[チェックイン] をクリックするファイルをポイントします。

  3. 表示されたページの [ドキュメントのチェックイン] セクションで、チェックインするバージョンの種類を選択するよう要求される場合、ライブラリでファイルのメジャー バージョンとマイナー バージョンの両方を追跡しています。ファイルに行った変更の種類に従って、[マイナー バージョン (下書き)] または [メジャー バージョン (発行)] をクリックします。

    バージョン オプションによって、チェックインするバージョンに番号も割り当てられます。たとえば、2.3 はメジャー バージョンとして 2 回発行されたファイルの 3 番目のマイナー バージョンであり、3.0 はそのファイルの次のメジャー バージョンです。

  4. 変更内容を確認し、ファイルをチェック アウトを残したい場合は、次のように選択します。、ドキュメントをこのバージョンをチェックインした後にチェック アウトの保持ですか?[ドキュメント] セクションのチェック ボックス。

  5. [コメント] セクションに、ファイルに行った変更についての説明を入力します。

    チェックイン コメントに関して、組織によっては特に何か推奨または要求されている場合があります。

  6. [OK] をクリックします。

  7. チェックインの確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    たとえば、まだファイルが開いて編集できる状態になっている場合、ファイルのチェックインを確認するメッセージが表示されることがあります。

ページの先頭へ

ファイルのチェックイン時にマイナー バージョンを上書きする

マイナー バージョンを上書きするには、通常どおりファイルをチェックインしますが、現在のマイナー バージョンを上書きすることを指定します。このオプションを使用すると、保持できるバージョンの数が組織で厳密に制限されている場合などに、バージョン履歴が長くならないようにすることができます。

ファイルのメジャー バージョンとマイナー バージョンが両方とも追跡されており、現在マイナー バージョンを使用しており、新しいマイナー バージョンをチェックインする場合にのみ、マイナー バージョンを上書きできます。また、以前のバージョンを削除する権限も持っている必要があります。

重要: 入力ミスやその他のエラーがあるなど、ファイルの以前のバージョンを完全に削除してもかまわない場合にのみ、このオプションを選択してください。マイナー バージョンを上書きすると、そのバージョンはバージョン履歴から削除され、元に戻すことはできません。

  1. ライブラリがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

    ライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. チェックインを表示される矢印をクリックして、[チェックイン] をクリックするファイルをポイントします。

  3. 表示されたページの [ドキュメントのチェックイン] セクションで、[現在のマイナー バージョンを上書きする] をクリックします。

  4. 変更内容を確認し、ファイルをチェック アウトを残したい場合は、次のように選択します。、ドキュメントをこのバージョンをチェックインした後にチェック アウトの保持ですか?[ドキュメント] セクションのチェック ボックス。

  5. [コメント] セクションに、ファイルに行った変更についての説明を入力します。

    チェックイン コメントに関して、組織によっては特に何か推奨または要求されている場合があります。

  6. [OK] をクリックします。

  7. チェックインの確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    たとえば、まだファイルが開いて編集できる状態になっている場合、ファイルのチェックインを確認するメッセージが表示されることがあります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×