ファイルをチェックアウトして編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Windows SharePoint Services サイト上のライブラリからファイルをチェックアウトすると、チェックアウトしたユーザーがファイルを編集している間、他のユーザーはそのファイルに変更を加えることができません。ファイルがチェックアウトされている間、そのファイルをチェックアウトしたユーザーは、ファイルを編集して保存したり、ファイルを閉じたり、閉じたファイルを再度開いたりすることができます。ファイルがチェックインされるまで、他のユーザーは、そのファイルに変更を加えることも、変更内容を閲覧することもできません。

Windows SharePoint Services 3.0 互換のプログラムを使用する場合、チェックアウトしたファイルは、ローカルのハード ディスクで編集でき、作業中にサーバーとの接続を維持する必要はありません。たとえば、会社にいるときに、必要なファイルを自分のラップトップにチェックアウトしておき、出張先でそのファイルを編集できます。一般に、サーバー上でファイルを編集するよりもローカルのハード ディスク上で編集した方が効率的です。

概要

ファイルをチェックアウトすることにより、ファイルが複数のユーザーによって同時に変更されてしまうトラブルを防ぐことができ、編集上の矛盾や混乱をなくすことができます。作業対象のファイルを開いたり閉じたりするたびにバージョンが作成されるわけではなく、ファイルをチェックインして初めて新しいバージョンが作成されます。その点で、チェックインとチェックアウトには、詳細なバージョン管理が可能になるという利点があります。

Windows SharePoint Services 3.0と互換性があるいくつかのプログラムからファイルをチェックするときに切断されている場合でも、ハード_ディスク上のファイルを使用することができます。コピーは、既定では、[マイ ドキュメント] フォルダーで SharePoint の下書きフォルダーに、サーバー下書きフォルダーに保存されます。ただし、一部のクライアント プログラム内の場所を変更できます。ハード_ディスク上のファイルの作業が頻繁にサーバー上のファイルを操作するよりも高速化を簡単に作業を継続外出中にできます。

ファイルがチェック アウト、チェック アウトしたユーザーを除く編集いないことができます。ライブラリにファイルがチェック アウト アイコンの画像 ことを示すアイコン。[チェック アウト] にマウス ポインターを置くと、ポップ ヒントにファイルをチェック アウトする人の名前が表示されます。チェック アウトされているときに、ファイルには、他のユーザーの変更は、ファイルをチェックインするまでは他のユーザーに表示されません。これは、ユーザーが、ハード_ディスク上またはサーバー上のファイルを操作するかどうかに関係なくは true です。

ライブラリには、ファイルをチェックアウトしなければ編集できないような設定を適用できます。ライブラリでチェックアウトが必須になっている場合、編集時に、ファイルをチェックアウトするように求めるメッセージが表示されます。ライブラリでチェックアウトが必須になっている場合、ライブラリに新しいファイルを作成したり、アップロードしたりするときには、必ずそのファイルをチェックインする必要があります。ファイルをチェックインするまで、他のユーザーはそのファイルを利用できません。

一般的な作業の流れとしては、ファイルをチェックアウトした後、そのファイルを編集し、再びチェックインすることになります。

ライブラリでファイルのチェックアウトが必須になっている場合、ファイルを編集目的で開くときにチェックアウトすることもできます。チェックアウトが必須になっていて、かつ、編集対象のファイルがまだチェックアウトされていなかった場合、ファイルを編集しようとすると、そのファイルがチェックアウトされることを示すメッセージが表示されます。

  1. まだライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでその名前をクリックします。

    目的のライブラリの名前が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックして、ライブラリの名前をクリックします。

  2. 対象のファイル名をポイントして、表示された矢印をクリックし、[チェックアウト] をクリックします。

    画像ライブラリの場合、ファイルをクリックして表示されるプロパティで、[チェックアウト] をクリックします。

  3. ファイルの編集に使用するプログラムが、Windows SharePoint Services 3.0 と互換性がある場合、そのファイルを下書き用としてローカルで編集するかどうかを確認するメッセージが表示されます。ハード ディスク上でファイルのコピーを編集する場合は、[ローカルの下書きフォルダを使用する] チェック ボックスをオンのままにしておいてください。チェックアウトしている間、下書き用のコピーをサーバーに保存しておく場合は、このチェック ボックスをオフにします。

    注記: 

    • [チェックアウト] コマンドが利用できない場合、そのファイルは、チェックアウトした本人または他のユーザーによって既にチェックアウトされている可能性があります。

    • 後で変更を保存せずにファイルをチェックインしたくなった場合は、変更を破棄できます。その場合、ファイルをチェックアウトしていた間に行った変更はすべて失われます。ファイルは、最後にチェックインされたバージョンに戻り、保存されなかった変更に対するバージョン履歴は作成されません。

    • チェックアウトされた状態を維持したままファイルをチェックインし、他のユーザーが変更を確認できるようにしたうえで、ファイルの編集を続けることもできます。その場合は、ファイルをチェックインするときに、[このバージョンをチェックインした後も、ドキュメントをチェックアウトしたままにする] チェック ボックスをオンにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×