ファイルのチェックアウトを必須にするようにライブラリを設定する

ファイルのチェックアウトを必須にするようにライブラリを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ドキュメントの共同作業を制御する方法の 1 つは、ライブラリに複数のユーザーがアクセス権を持つ場合は特に、ファイルのチェック アウトを必須にします。ライブラリのチェック アウトが必要な場合は、他のユーザーを上書きすることはできません。ただし、他のユーザーを最新の変更を表示したり、自分の変更を防止するリスクを実行します。他のユーザーがドキュメントを操作する必要がある場合は、ファイルがすばやくチェックに戻ることが重要です。

注:  複数のユーザーがライブラリでドキュメントを共同編集する場合、ライブラリでチェックアウトが必須になるように構成しないでください。チェックアウトが必須になっている場合、複数のユーザーはドキュメントを同時に操作できません。

編集用のファイルのチェック アウトが必要

注: フル コントロール権限またはデザイン権限を所有するユーザーに限り、ライブラリでファイルのチェックアウトが必須になるように設定できます。

  1. ライブラリ作業する予定に移動します。

  2. [設定 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します ]、[ライブラリの設定] を順にクリックします。

    これらのメニュー項目が表示されない場合は、リボンの [ライブラリ] をクリックし、次をクリックします。

    [設定] グループの [ライブラリの設定]。

  3. [設定] ページの [全般設定] で [バージョン設定] をクリックします。

  4. チェック アウトを必須] セクションで、[ドキュメントを編集する前にチェック アウトが必要ですか?、[はい] をクリックします。

  5. [OK] をクリックして設定を保存し、[ライブラリの設定] ページに戻ります。

これを行う場合.

操作の結果

ライブラリにファイルを作成または追加する

ファイルは、最初にチェックアウトされます。ライブラリにチェックインしないと、他のユーザーがそのファイルを表示して作業することができません。

編集するファイルを開く

ファイルは、[編集] をクリックすると自動的にチェックアウトされます。ファイルをチェックアウトしようとしていることを警告し、ファイルをローカルの下書きフォルダーで編集することを勧めるメッセージ ボックスが表示されます。

チェック アウトした後、ファイルのアイコンは、ファイルが現在チェック アウトされていることを示す、緑、下向き矢印を説明します。他のユーザー、ファイルを変更することができ、変更内容を表示ほかの人には、チェック アウト中にします。

ファイルに関する情報 (プロパティ) を変更する

ファイルのタイトル、作成者名、期限、文字カウントなどのプロパティを変更する場合、ファイルをまだチェックアウトしていないのであれば、そのファイルをチェックアウトする必要があります。変更は、ファイルをチェックインして戻すまで有効になりません。

他のユーザーがチェックアウトしたファイルを開こうとする

[チェックアウト] オプションおよび [チェックイン] オプションは使用できません。他のユーザーがチェックアウトしたファイルはチェックアウトできません。チェックアウトしようとすると、他のユーザーがファイルをチェックアウトしていることを知らせるメッセージが表示されます。

ただし、ファイル アイコンにポインターを合わせることで、誰がファイルをチェックアウトしたか確認できます。ファイルをチェックアウトしたユーザーの名前がツールヒントに表示されます。ファイルが直ちに必要な場合、そのユーザーに連絡して、ファイルをチェックインするように要求できます。

ファイルをチェックインする

行った変更に関するコメントを入力するよう要求するメッセージが表示されます。ライブラリでバージョンが管理される場合、コメントはバージョン履歴の一部となります。メジャー バージョンとマイナー バージョンの両方が管理される場合、チェックインするバージョンの種類を選ぶよう要求するメッセージが表示されます。バージョン管理の詳細については、この記事の [参照] セクションのリンク先をご覧ください。

ファイルを長期間チェックアウトしたままにする

ファイルをチェックアウトしている間、他のユーザーは、そのファイルへの変更を表示することも、そのファイルを編集することもできません。変更を行う間、これは便利ですが、他のユーザーが割り当てられたタスクを実行できない場合もあります。ファイルをチェックアウトした後、できるだけ早くファイルをチェックインして戻すのが業務上適切であり、他のユーザーに対して親切です。状況によっては、管理者がファイルのチェックインを強制する必要がある場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×