ピボット テーブルまたはピボット グラフにデータをピボットします。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel では、データのフィールドのレイアウトを変更することによって、ピボット テーブルまたはピボット グラフのデータをピボットできます。ピボット テーブルのフィールド リストを使用すると、追加、配置変更、したりれたりするピボット テーブルまたはピボット グラフにデータを表示するフィールドを削除できます。

既定では、ピボットテーブルのフィールド リストで行った変更は、自動的にレポートのレイアウトに反映されます。大量の外部データにアクセスしているときは、パフォーマンスの低下を防ぐため、一時的に手動更新に切り替えることができます。

Excel でピボットテーブルを作成すると、ピボットテーブルのフィールド リストが表示され、ピボットテーブルにフィールドを追加し、必要に応じてフィールドを再配置し、ピボットテーブルからフィールドを削除できるようになります。既定では、ピボットテーブルのフィールド リストには次の 2 つのセクションが表示されます。

  • ピボットテーブルのフィールドを追加および削除するための上側のフィールド セクション

  • フィールドを再配置するための下側のレイアウト セクション

    ピボットテーブル フィールド リスト

ピボットテーブルのフィールド リストは、Excel ウィンドウのいずれかの端に固定することや、幅を変更することができます。また、ピボットテーブルのフィールド リストの固定を解除することもでき、この場合は高さと幅の両方を変更できます。

ピボットテーブルのフィールド リストが表示されない場合は、ピボットテーブル内の任意の場所をクリックします。

ピボットテーブルのフィールド リストを閉じた場合は、再表示できます。ピボットテーブルを右クリックし、[フィールド リストを表示する] をクリックします。リボンの [フィールド リスト] をクリックすることもできます (ピボットテーブルの場合は [ピボットテーブル ツール] の [オプション] タブの [表示]、ピボットグラフの場合は [ピボットグラフ ツール] の [分析] タブの [表示/非表示])。

新しいフィールド、計算フィールド、メジャー、計算されるメジャー、または最後の操作 (以降に追加した寸法を表示するピボット テーブルまたはピボット グラフをピボット テーブル フィールド リストの最新の情報に更新で使用するフィールドが表示されない場合ピボット テーブル ツールオプション] タブの [データ] グループ)。

ピボット テーブル フィールド リストの動作方法と、ピボット テーブルまたはピボット グラフのフィールドのレイアウトを作成する場合に結果を得ることができるように、さまざまな種類のフィールドを配置できる方法を理解する重要です。

ピボットテーブルのフィールド リストの動作

1. 外部データ ソースには、フィールド リストに表示されるフィールド (列とも呼ばれる) で構成される構造化データが含まれます。

2. ピボット テーブル レポート フィルター領域にフィールドを同時に移動するフィールドのリストで [レポート フィルター] 領域にフィールドを移動します。

3. ピボット テーブルの列ラベル] 領域にフィールドを同時に移動するフィールドのリストでの [列ラベル] 領域にフィールドを移動します。

4. ピボット テーブル内の [行ラベル] 領域にフィールドを同時に移動するフィールドのリストで [行ラベル] 領域にフィールドを移動します。

5。 ピボット テーブルの [値] 領域にフィールドを同時に移動するフィールドのリストで [値] 領域にフィールドを移動します。

フィールドのレイアウトを作成するには、次のガイドラインに従って、値、名前、およびディメンション フィールドをフィールド セクションからレイアウト セクションの 4 つのレポート エリアに移動してください。

  • 値フィールド    数値フィールドのチェック ボックスのみをオンにした場合、フィールドの既定の移動先は [値] エリアです。

  • 行フィールドと列フィールド    フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] エリア、[行ラベル] エリア、[列ラベル] エリアのいずれかに 1 回のみ追加できます。同じフィールドを 2 回以上追加しようとすると (たとえば、レイアウト セクションの [行ラベル] エリアと [列ラベル] エリアに追加しようとした場合)、元のエリアのフィールドが自動的に削除されて、新しいフィールドに配置されます。

  • メジャー   オンライン分析処理 (OLAP) のデータ ソース内は多くの場合、フィールド (メジャー) 異なるディメンションの階層構造] で多くの階層とレベルされます。展開 プラス記号 (+) ボックス をクリックし、目的のフィールドが見つかるまで マイナス記号 (-) ボックス ボタンを折りたたみます。

    [行ラベル]、[列ラベル]、および [レポート フィルター] エリアに移動できるのは、階層、属性、および名前付きのセットだけです。

    [値] エリアに移動できるのは、メジャー、計算済みのメジャー、および主要業績評価指標 (KPI) だけです。

ピボットテーブルのフィールド リストには、ピボットテーブルのさまざまな作業に合わせて設計され、最適化された 4 種類の表示方法があります。

  1. 表示を変更するには、ピボットテーブルのフィールド リストの上部にある表示ボタンをクリックします。

    ピボットテーブル フィールドの [リスト ビュー] ボタン

  2. 表示の一覧で、次のいずれかの表示を選択します。

[フィールド セクションを上、エリア セクションを下に表示]

これが既定の表示方法です。フィールドの数が少ないときに適しています。

[フィールド セクションを左、エリア セクションを右に表示]

各エリアのフィールドの数が 5 個以上の場合のフィールドの追加と削除に適しています。

[フィールド セクションのみ表示]

複数のフィールドの追加と削除のみを行う場合に適しています。

[エリア セクションのみ表示 (横 2 段、縦 2 段)]

複数のフィールドの再配置のみを行う場合に適しています。

[エリア セクションのみ表示 (横 1 段、縦 4 段)]

複数のフィールドの再配置のみを行う場合に適しています。

ヒント   フィールド セクションと領域セクションの積み上げ、およびフィールド セクションと領域セクション サイド バイ サイドのビューで調整できます幅と高さの各セクションを垂直に変わったら、セクション区切りのマウス ポインターを置くと双方向矢印 縦向き双方向矢印 または水平の両方向矢印 横向き双方向矢印 、二重矢印を上下または左右目的の場所にドラッグして、双方向矢印をクリックするとか、ENTER キーを押しています。

ピボット テーブルまたはピボット グラフを作成した後は、レポートに表示するデータが含まれるフィールドを追加する準備が整います。通常はレイアウト セクションの領域ごとの 1 つのフィールドを選択します。ただし、特定のフィールドに別の値を表示するも追加できます複数フィールドの] 領域に。

ピボット テーブルが大量のデータを含む外部データ ソースに接続している場合は、レポートの更新にかかる時間を短縮に役立つ、レポートにフィールドを追加する前に、1 つまたは複数のフィールドをフィルターできます。

ピボットテーブルのフィールド リストでは、次のいずれかの操作を行うことで、ピボットテーブルまたはピボットグラフにフィールドを追加できます。

  • フィールドをレイアウト セクションの特定のエリアに配置するには、[レポートに追加するフィールドを選択してください] ボックスの一覧で、目的のフィールドのチェック ボックスをオンにします。これにより、後でフィールドを再配置できるようになります。

    メモ   既定では、数値以外の値のフィールドは [行ラベル] 領域に追加され、数値フィールドは、オンライン分析処理 (OLAP) の日付と、[] 領域に追加日時階層は [列ラベル] 領域に追加します。

  • フィールドをレイアウト セクションの特定のエリアに配置するには、[レポートに追加するフィールドを選択してください] ボックスの一覧のフィールド名を右クリックし、[レポート フィルターに追加]、[列ラベルに追加]、[行ラベルに追加]、[値に追加] のいずれかをクリックします。

  • フィールドをレイアウト セクションのエリアにドラッグするには、[レポートに追加するフィールドを選択してください] ボックスの一覧のフィールドをクリックし、フィールド セクションから目的のレイアウト セクションにドラッグします。

Excel ワークシートのデータまたはオンライン分析処理 OLAP 以外のデータ ソースから外部データに基づくピボット テーブル] の] 領域に複数回同じフィールドを追加します。データ型がまたはに数値以外の数字であるかどうかに、これを行うことができます。たとえば、計算サイド バイ サイド、総と純利益率、最小値と最大の売上や顧客の数と合計の顧客の割合などを比較することがあります。

  1. ピボットテーブルのフィールド リストで、[レポートに追加するフィールドを選択してください] ボックスの一覧のフィールドをクリックし、レイアウト セクションの [] エリアにドラッグします。

  2. 手順 1. を繰り返し、[] エリアに表示するフィールドのコピーを必要な数だけ作成します。

  3. ピボットテーブルで、フィールドの各コピーでの集計関数またはユーザー設定の計算方法を変更します。

    ヒント    ピボットテーブルでは、必要に応じて、コピーしたフィールドの名前を変更することもできます。

メモ   

  • 同じフィールドのコピーであるか異なるフィールドであるかに関係なく、複数のフィールドを [値] エリアに追加すると、フィールド リストの [] エリアに [値列] ラベルが自動的に追加されます。 このフィールドを使用して、[] エリア内でフィールドを上下に移動できます。[値列ラベル] を [列ラベル] エリアまたは [行ラベル] エリアに移動することもできます。ただし、[値列ラベル] は、[レポートのフィルター] エリアには移動できません。

  • フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] エリア、[行ラベル] エリア、[列ラベル] エリアのいずれかに 1 回のみ追加できます。同じフィールドを 2 回以上追加しようとすると (たとえば、レイアウト セクションの [行ラベル] エリアと [列ラベル] エリアに追加しようとした場合)、元のエリアのフィールドが自動的に削除されて、新しいフィールドに配置されます。

  • 同じフィールドを [] エリアに追加するもう 1 つの方法は、数式内の同じフィールドを使用する数式 (集計列とも呼ばれます) を使用することです。

  • ピボットテーブルのフィールド リストで、[レポートに追加するフィールドを選択してください] のフィールド名の上にポインターを置き、フィールド名の横にあるフィルターの下向きの矢印をクリックします。

    [フィルター] メニューで、目的のフィルター オプションを選択します。

ピボットテーブルのフィールド リストでは、レイアウト セクションの下部にある 4 つの領域のいずれかを使用して、既存のフィールドを再配置できます。

ピボットテーブル

説明

集計した数値データとして表示するフィールドを追加します。

行ラベル

集計した数値データとして表示するフィールドを追加します。

列ラベル

レポートの上部に列として表示するフィールドを追加します。一覧で下にあるフィールドは、そのすぐ上の列の中に配置されます。

レポート フィルター

このエリアに追加したアイテムに基づいてレポート全体からデータが抽出されます。

ピボットグラフ

説明

集計した数値データとして表示するフィールドを追加します。

軸フィールド (項目)

グラフで軸として表示するフィールドを追加します。

凡例フィールド (系列)

グラフの凡例に表示するフィールドを追加します。

レポート フィルター

このエリアに追加したアイテムに基づいてレポート全体からデータが抽出されます。

ピボット テーブルのフィールドを再配置するには、領域の 1 つのフィールド名をクリックし、[次のコマンドのいずれかを選択します。

[上へ移動]

フィールドをエリア内で 1 つ上に移動します。

[下へ移動]

フィールドをエリア内で下に移動します。

[先頭へ移動]

フィールドをエリア内の先頭に移動します。

[末尾へ移動]

フィールドをエリア内の末尾に移動します。

[レポート フィルターに移動]

フィールドを [レポート フィルター] エリアに移動します。

[行ラベルに移動]

フィールドを [行ラベル] エリアに移動します。

[列ラベルに移動]

フィールドを [列ラベル] エリアに移動します。

[値に移動]

フィールドを [値] エリアに移動します。

[値フィールドの設定]、[フィールドの設定]

[フィールドの設定] ダイアログ ボックスまたは [値フィールドの設定] ダイアログ ボックスを表示します。各設定の詳細を確認するには、ダイアログ ボックスの上部にある ボタンの画像 (ヘルプ) をクリックします。

ヒント    また、フィールド セクションとレイアウト セクションの間、または領域間で、フィールドをドラッグすることができます。

フィールドを削除するには、ピボットテーブルのフィールド リストで、次のいずれかの操作を行います。

  • [レポートに追加するフィールドを選択してください] ボックスの一覧で、削除するフィールドのチェック ボックスをオフにします。

    メモ    チェック ボックスをオフにすると、そのフィールドのすべてのインスタンスがレポートから削除されます。

  • レイアウト エリアで、削除するフィールドをクリックし、[フィールドの削除] をクリックします。

  • レイアウト エリアで、削除するフィールドをクリックし、ピボットテーブルのフィールド リストの外にドラッグします。

既定では、ピボットテーブルのフィールド リストに変更を加えるたびに、レポートのレイアウトが自動的に更新されます。大量の外部データにアクセスしているときは、パフォーマンスの低下を防ぐため、一時的に手動更新モードに切り替えることができます。手動更新モードでは、ピボットテーブルのフィールド リストにすばやくフィールドを追加、移動、および削除できます。ただし、自動更新モードに戻るまでレポートを使用できません。

  1. ピボット テーブルのフィールド リストの下部で、ピボット テーブルの手動で更新を有効にするには、 %s レイアウトの更新] チェック ボックスを選択します。

    注意が必要   レポートのレイアウトを手動更新、ピボット テーブルのフィールド リストを終了に設定した後フィールドのみに変更するビュー、または Excel を終了する破棄確認せずに、ピボット テーブルに加えたすべてのレイアウト変更します。

  2. ピボット テーブル フィールド] ボックスの一覧で、フィールドのレイアウトの変更を行い更新をピボット テーブルのレイアウトを手動で更新する] をクリックします。

  3. フィールド リストでレポートのレイアウトを変更したら、[レイアウトの更新を保留する] チェック ボックスをオフにして自動更新に戻します。

メモ   ピボット テーブルは、自動更新のたびに、ブックを開くことから始まります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×