ピボット テーブルの値フィールドに別の計算を表示する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ピボット テーブルの値フィールドで使われる計算の種類を変更すると、数値の代わりに、全体の比率や途中経過、他の値との差、ランクなどを表示できます。

  1. ピボットテーブルで値フィールドを右クリックして、[計算の種類] を選びます。

計算の種類

  1. [親集計に対する比率] や [基準値に対する比率の差] など、実行したいオプションを選びます。

計算と、計算に使われる値と並べて表示するには (たとえば、[総計に対する比率] を小計の横に表示するには)、最初に、値フィールドを複数回追加して複製する必要があります。[フィールド リスト] で、複製したいフィールドをドラッグして [] 領域に移動し、同じフィールドのすぐ下にドロップします。

[値] 領域での値の複製

上の例では、3 つの値フィールドが [] 領域に 2 度追加されています (それぞれ、名前の後に "2" が追加されています)。 "Sum of 1/1/14" フィールドは、ピボット テーブル レポートでは 2 回表示されます。そのため、都市とその親 (East または West 地域) の値を表示できます。 また、総計に対する比率を地域ごとに表示することもできます。

同じフィールドに値と比率が表示される

ピボットテーブルの詳細

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×