ピボット テーブルの値フィールドに別の計算を表示する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

集計フィールドで、独自の数式を作成するのではなくさまざまな方法での値をすばやく表示するのに値として表示する使用できます。 親集計に対する比率累計 %などに、いくつかの新しい計算オプションも提供します。

ヒント: この機能を使用すると、値フィールドでさまざまな計算を実行してください。ただし、ピボット テーブルに何度も同じ値フィールドを追加できますが、できますも使用するこの機能を実際の値と、現在の総計算など、他の計算を並べて表示することができます。

  1. 2 つ以上のと同じで、追加するには、ピボット テーブルの値フィールドの特定のフィールドでは、実際の値のほかのさまざまな計算を表示できるように、次を操作します。

    1. フィールド リストで、その値のフィールドが既に含まれているの領域に追加する値フィールドをドラッグし、そのフィールドのすぐ下に配置します。

      注: 値フィールドをピボット テーブルに追加し、[フィールドの名前にバージョン番号を追加します。必要に応じて、フィールド名を編集できます。

    2. 手順 1 を繰り返して、計算を使用して計算するすべての値フィールドを表示します。

  2. ピボット テーブル] で、値フィールドを右クリックし、名前を付けて値を表示する] をクリックしてください

  3. [計算方法のオプションを使用する] をクリックします。

    次の計算オプションがあります。

計算方法] オプション

結果

計算しない

フィールドに入力された値が表示されます。

総計に対する比率

すべての値またはレポートのデータ要素の総計に対する比率としての値を表示します。

列集計に対する比率

列または系列の合計に対する割合として、各列または系列のすべての値を表示します。

行集計に対する比率

行または項目ごとの値が、行または項目の集計の比率として表示されます。

基準値に対する比率

値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率で表示します。

親行集計に対する比率

値は次のように計算されます。

(アイテムの値) / (行の親アイテムの値)

親列集計に対する比率

値は次のように計算されます。

(アイテムの値) / (列の親アイテムの値)

親集計に対する比率

値は次のように計算されます。

(アイテムの値) / (選択された [基準フィールド] の親アイテムの値)

基準値との差分

値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値との差分として表示します。

基準値に対する比率の差

値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率の差として表示します。

累計

[基準フィールド] 内の連続するアイテムの値が、類型として表示されます。

比率の累計

累計として表示されているフィールドを基に連続するアイテムの比率としての値を計算します。

昇順での順位

順位。 1、フィールドの最小のアイテムの一覧で特定のフィールドの選択された値と値につれて順位の値が大きく表示されます。

降順での順位

1、フィールドの最大のアイテムの一覧で特定のフィールドの選択された値と値につれて順位の値が小さくの順位を表示します。

インデックス

値は次のように計算されます。

((セルの値) x (総計)) / ((行の総計) x (列の総計))

関連項目

ビデオ: Excel 2010 でピボット テーブル レポートの値として表示する機能を使用します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×