ピボットテーブル レポート間のデータ キャッシュの共有解除

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

既定では、ピボット テーブル レポートの同じデータ ソースに基づく-ワークシートまたはデータ接続のセル範囲、データ キャッシュの共有は、いくつかの方法を使用してこのデータ キャッシュの共有を解除することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ピボット テーブルのデータ キャッシュを詳細します。

ピボット テーブル レポート間のデータ キャッシュの共有を解除します。

ピボット テーブルのデータ キャッシュを詳細します。

ピボット テーブル レポートのデータ キャッシュは、内部のメモリ、レポートのデータを格納する Microsoft Office Excel で使用されるコンピューター上の領域です。Excel ではパフォーマンスを向上させるしをブックのサイズを小さくするために、同じセル範囲またはデータ接続に基づく 2 つ以上のピボット テーブル レポートのピボット テーブル データのキャッシュを自動的に共有しています。ピボット テーブル レポートの 2 つ以上のセル範囲またはデータ接続が異なる場合は、これらのレポートのデータ キャッシュは共有できません。

ただし、同じデータ ソースに基づく 2 つ以上のピボット テーブル レポート間のデータ キャッシュを共有したいされない場合があります。例えば:

  • 計算フィールドとすべてのピボット テーブル レポートに表示されるアイテムされないようにします。

  • フィールドをすべてのピボット テーブル レポートで同じようにグループ化したくない場合。

  • すべてのピボット テーブル レポートを同時に更新されないようにします。

  • レポート フィルターを適用すると、選択したアイテムまたはアイテムのレポート内のデータを取得するなど、共有データのキャッシュを使用するときにサポートされていない機能を使用します。

注: OLAP 以外のデータ ソースとは異なる方法で使用されるため、オンライン分析処理 (OLAP) のデータ ソースに接続されているピボット テーブル レポートのデータ キャッシュを共有することはできません。

ページの先頭へ

ピボット テーブル レポート間のデータ キャッシュの共有を解除します。

データのキャッシュ、次のように共有を解除するいくつかの方法があります。

  • データのキャッシュを共有することがなく、同じまたはセル範囲として別のレポートに基づく新しいピボット テーブル レポートを作成するのにには、ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードを使用します。

  • Excel データのキャッシュの共有を解除するデータ範囲を再定義一時的にセル範囲に基づくピボット テーブル レポート間のデータ キャッシュの共有を解除します。

  • ブック内の各ピボット テーブル レポートの一意のデータへの接続を作成して、同じデータ接続に基づく 2 つ以上のピボット テーブル レポート間のデータ キャッシュの共有を解除します。

ヒント

ブック内にあるデータ キャッシュの数を表示するには、alt キーを押しながら f11 キーを押して、ctrl キーを押しながら G キーを押して、 Visual Basic エディターのイミディ エイト ウィンドウを開くし、次のように入力します。

?ActiveWorkbook.PivotCaches.Count

データのキャッシュを共有することがなく、同じまたはセル範囲として別のレポートに基づくピボット テーブル レポートを作成します。

  1. 新しいピボット テーブル レポートで使用するのと同じ範囲を基にした既存のピボット テーブル レポートがあることを確認します。

  2. ピボット テーブル レポートの外側のワークシートに空白のセルをクリックします。

  3. ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードを開始するには、alt キーを押しながら D キーを押しながら P キーを押します。

    ヒント

    ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードをクイック アクセス ツールバーに追加するには、次の操作を行います。

    1. ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧で、[ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード] を選択し、[追加] をクリックして、[OK] をクリックします。

  4. ウィザードの手順 1ページで、[ Microsoft Office Excel のリストまたはデータベースクリックして、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードの手順 2ページ] で、新しいピボット テーブル レポートの基にデータの範囲を選択し、[次へ] をクリックします。

  6. ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードには、データのキャッシュを共有するかどうかたずねるメッセージが表示されたら、[いいえ] をクリックします。

  7. ウィザードのステップ 3のページで、新しいピボット テーブル レポートの場所を選択し、[完了] をクリックします。

セル範囲に基づくピボット テーブル レポート間のデータ キャッシュの共有を解除します。

  1. 同じセル範囲を基に少なくとも 2 つのピボット テーブル レポートがあることと、これらのレポートが、同じデータのキャッシュを共有することを確認します。

  2. ピボット テーブル レポートでデータ キャッシュの共有を解除するセルをクリックします。

  3. ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードを開始するには、alt キーを押しながら D キーを押しながら P キーを押します。

    ヒント

    ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードをクイック アクセス ツールバーに追加するには、次の操作を行います。

    1. ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧で、[ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード] を選択し、[追加] をクリックして、[OK] をクリックします。

  4. ウィザードのステップ 3のページに戻るには、手順 2ページに戻る] をクリックします。

  5. ウィザードの手順 2ページで、[同じピボット テーブル レポートの基にデータの範囲が選択されているが、以下の 1 つ以上の行は選択範囲に含まれているを確認します。

    たとえば、範囲が $A$ 1: $E$ 286、範囲の変更に $A$ 1: $E$ 285 します。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. ウィザードの手順 3ページで、[既存のワークシートが選択されていると、場所が同じであるかどうかを確認し、[完了] をクリックします。

    ピボット テーブル レポートはさまざまなデータのキャッシュを。 ただしさまざまなデータの範囲に基づいたようになりました。

  8. ピボット テーブル レポートでデータ キャッシュの共有を解除するセルが選択されていることを確認します。

  9. ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードをもう一度開始するには、[alt キーを押しながら D キーを押しながら P キーを押します。

  10. ウィザードのステップ 3のページに戻るには、手順 2ページに戻る] をクリックします。

  11. ウィザードの手順 2ページで、[元の範囲にデータの範囲を変更します。

    たとえば、現在の範囲が $A$ 1: $E$ 285 を範囲に戻す $A$ 1: $E$ 286 します。

  12. [次へ] をクリックします。

  13. ウィザードの手順 3ページで、[既存のワークシートが選択されていると、場所が同じであるかどうかを確認し、[完了] をクリックします。

新しいピボット テーブル レポートは、その他のレポートと同じデータ範囲に基づいていますが、別のデータ キャッシュします。

同じデータ接続に基づく 2 つ以上のピボット テーブル レポートのデータ キャッシュの共有を解除します。

  1. 同じデータ接続に基づくに少なくとも 2 つのピボット テーブル レポートが、これらのレポートが、同じデータのキャッシュを共有することを確認してください。

    ピボット テーブル レポート間で同じデータ接続が使用されていることを確認します。

    1. [データ] タブの [接続] で [接続] をクリックします。

    2. ブックの接続] ダイアログ ボックスで、ピボット テーブル レポートの接続を選択します。

    3. このブックの接続を使用する場所] の下には、ここをクリックして、選択した接続が使用されているテキストを表示するリンクをクリックします。

      このデータ接続を使用するピボット テーブル レポートが表示されます。

  2. データ接続の接続ファイルお使いのコンピューターまたはネットワークがあることを確認します。

    ブックのデータ接続の接続ファイルを作成します。

    1. [データ] タブの [接続] で [接続] をクリックします。

    2. ブックの接続] ダイアログ ボックスで、ピボット テーブル レポートの接続を選択します。

    3. [プロパティ] をクリックします。

    4. 接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックし、[接続ファイルのエクスポート] をクリックします。

    5. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、現在の接続情報を .odc ファイルとして保存します。

    6. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

  3. データのキャッシュの共有を解除するピボット テーブル レポートの任意のセルをクリックします。

  4. [オプション] タブの [データ] グループで、データ ソースの変更] をクリックし、[データ ソースの変更] をクリックします。

    [ピボット テーブルを変更するデータ ソース] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. 別のデータ接続を使用するのには、外部データ ソースを使用するにはを選択し、[接続の選択] をクリックします。

    既存の接続] ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. ] カテゴリの[このコンピューターに接続ファイルまたはネットワーク上の接続ファイルへの接続の選択] の一覧からのデータ接続を選択し、[開く] をクリックします。

    注: 参照する接続ファイルを検索する] をクリックする必要があります。

  7. [OK] をクリックします。

ピボット テーブル レポートでは、別のデータ キャッシュできるようになりました。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×