ピボットテーブル レポート間のデータ キャッシュの共有解除

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既定では、同じデータ ソース (1 つのワークシートまたは 1 つのデータ接続) に基づくピボットテーブル レポートは "データ キャッシュ" を共有しますが、いくつかの方法を使用してこのデータ キャッシュの共有を解除できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ピボット テーブルのデータ キャッシュを詳細します。

ピボット テーブル レポート間のデータ キャッシュの共有を解除します。

ピボットテーブル データ キャッシュについて

ピボットテーブル レポートのデータ キャッシュは、Microsoft Office Excel がレポート用のデータを格納する、コンピュータの内部メモリの領域です。パフォーマンスを向上し、ブックのサイズを減らすために、同じセル範囲または同じデータ接続に基づく複数のピボットテーブル レポート間で、ピボットテーブル データ キャッシュを自動的に共有します。セル範囲またはデータ接続が異なる場合は、データ キャッシュを共有できません。

ただし、同じデータ ソースに基づく複数のピボットテーブル レポート間でも、次のような場合はデータ キャッシュを共有しません。

  • どのピボットテーブル レポートにも、集計フィールドおよび集計アイテムを表示しない。

  • ピボットテーブル レポートごとに異なる方法でフィールドをグループ化する。

  • すべてのピボットテーブル レポートを同時に更新しない。

  • データ キャッシュを共有した場合にはサポートされない機能を使用する (レポート フィルタを適用してレポートの選択したアイテムのデータを取得する場合など)。

注: OLAP 以外のデータ ソースとは異なる方法で使用されるため、オンライン分析処理 (OLAP) のデータ ソースに接続されているピボット テーブル レポートのデータ キャッシュを共有することはできません。

ページの先頭へ

ピボットテーブル レポート間のデータキャッシュの共有解除

データ キャッシュの共有を解除するには、次のような方法があります。

  • ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードを使用して、同じセル範囲に基づく新しいピボットテーブル レポートを、データ キャッシュを共有しない別のレポートとして作成します。

  • データ範囲を一時的に再定義して Excel がデータ キャッシュを共有しないようにすることにより、1 つのセル範囲に基づくピボットテーブル レポート間でデータ キャッシュの共有を解除します。

  • ブックの各ピボットテーブル レポートに固有のデータ接続を作成することにより、同じデータ接続に基づく複数のピボットテーブル レポート間でデータ キャッシュの共有を解除します。

ヒント

ブック内にあるデータ キャッシュの数を確認するには、Alt キーを押しながら F11 キーを押し、次に Ctrl キーを押しながら G キーを押して Visual Basic エディター のイミディエイト ウィンドウを開き、次のように入力します。

?ActiveWorkbook.PivotCaches.Count

データ キャッシュを共有せずに別のレポートと同じセル範囲に基づいたピボットテーブル レポートを作成する

  1. 新しいピボットテーブル レポートと同じ範囲に基づいた既存のピボットテーブル レポートが存在することを確認します。

  2. ピボットテーブル レポートの外側にあるワークシートの空白のセルをクリックします。

  3. ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードを開始するには、Alt キーと D キーを押しながら P キーを押します。

    ヒント

    ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードをクイック アクセス ツールバーに追加するには、次の操作を行います。

    1. ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧の [ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード] をクリックし、[追加] をクリックします。次に、[OK] をクリックします。

  4. ウィザードのステップ 1 ページで、[Excel のリスト/データベース] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. ウィザードのステップ 2 ページで、新しいピボットテーブル レポートで使用するデータの範囲を指定し、[次へ] をクリックします。

  6. ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードにデータ キャッシュを共有するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[いいえ] をクリックします。

  7. ウィザードのステップ 3 ページで、新しいピボットテーブル レポートの場所を選択し、[完了] をクリックします。

1 つのセル範囲に基づくピボットテーブル レポート間でデータ キャッシュの共有を解除する

  1. 同じセル範囲に基づくピボットテーブル レポートが少なくとも 2 つあり、同じデータ キャッシュを共有していることを確認します。

  2. データ キャッシュの共有を解除するピボットテーブル レポートのセルをクリックします。

  3. ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードを開始するには、Alt キーと D キーを押しながら P キーを押します。

    ヒント

    ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードをクイック アクセス ツールバーに追加するには、次の操作を行います。

    1. ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧の [ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード] をクリックし、[追加] をクリックします。次に、[OK] をクリックします。

  4. ウィザードのステップ 3 ページで、[戻る] をクリックしてステップ 2 ページに戻ります。

  5. ウィザードのステップ 2 ページで、ピボットテーブル レポートで使用するデータと同じ範囲が選択されていることを確認し、選択範囲の行を最低でも 1 行少なくします。

    たとえば、範囲が $A$1:$E$286 の場合、範囲を $A$1:$E$285 に変更します。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. ウィザードのステップ 3 ページで、[既存のワークシート] がオンになっていて、場所が同じであることを確認し、[完了] をクリックします。

    ピボットテーブル レポートが異なるデータ キャッシュを持つようになりますが、基づくデータ範囲も異なります。

  8. データ キャッシュの共有を解除するピボットテーブル レポートのセルの 1 つが選択されていることを確認します。

  9. ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードを再び開始するには、Alt キーと D キーを押しながら P キーを押します。

  10. ウィザードのステップ 3 ページで、[戻る] をクリックしてステップ 2 ページに戻ります。

  11. ウィザードのステップ 2 ページで、データの範囲を元の範囲に戻します。

    たとえば、現在の範囲が $A$1:$E$285 の場合、範囲を $A$1:$E$286 に戻します。

  12. [次へ] をクリックします。

  13. ウィザードのステップ 3 ページで、[既存のワークシート] がオンになっていて、場所が同じであることを確認し、[完了] をクリックします。

新しいピボットテーブル レポートが他のレポートと同じデータ範囲に基づくようになりますが、使用するデータ キャッシュは異なります。

同じデータ接続に基づく複数のピボットテーブル レポートのデータ キャッシュを共有解除する

  1. 同じデータ接続に基づくピボットテーブル レポートが少なくとも 2 つあり、同じデータ キャッシュを共有していることを確認します。

    ピボット テーブル レポート間で同じデータ接続が使用されていることを確認します。

    1. [データ] タブの [接続] で [接続] をクリックします。

    2. [ブックの接続] ダイアログ ボックスで、ピボットテーブル レポートの接続を選択します。

    3. [このブックで接続を使用する位置] の下に表示される [選択した接続が使用される場所を表示するには、ここをクリックしてください] というリンクをクリックします。

      このデータ接続を使用するピボットテーブル レポートが表示されます。

  2. コンピュータまたはネットワークに、データ接続用の接続ファイルがあることを確認します。

    ブックのデータ接続の接続ファイルを作成します。

    1. [データ] タブの [接続] で [接続] をクリックします。

    2. [ブックの接続] ダイアログ ボックスで、ピボットテーブル レポートの接続を選択します。

    3. [プロパティ] をクリックします。

    4. [接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックし、[接続ファイルのエクスポート] をクリックします。

    5. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、現在の接続情報を .odc ファイルとして保存します。

    6. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

  3. データ キャッシュの共有を解除するピボットテーブル レポートのセルをクリックします。

  4. [オプション] タブの [データ] で、[データ ソースの変更] をクリックし、[データ ソースの変更] をクリックします。

    [ピボットテーブルのデータ ソースの変更] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. 別のデータ接続を使用するには、[外部データ ソースを使用] を選択し、[接続の選択] をクリックします。

    [既存の接続] ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. [ネットワーク上の接続ファイル] カテゴリまたは [このコンピュータ上の接続ファイル] カテゴリのいずれかで、[接続の選択] ボックスの一覧のデータ接続を選択し、[開く] をクリックします。

    注: 必要に応じて、[参照] をクリックして接続ファイルを見つけます。

  7. [OK] をクリックします。

これでピボットテーブル レポートが異なるデータ キャッシュを持つようになります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×