ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートのピボット データ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートを作成した後、フィールドを追加するには、ピボットテーブルのフィールド リストを使用します。ピボットテーブル レポートやピボットグラフ レポートを変更する場合は、フィールド リストを使用してフィールドを再配置および削除します。既定では、ピボットテーブルのフィールド リストには、フィールドを追加および削除するための上側のフィールド セクションと、フィールドを再配置するための下側のレイアウト セクションの 2 つのセクションが表示されます。ピボットテーブルのフィールド リストは、ウィンドウのいずれかの端に固定したり、幅を変更したりすることができます。また、ピボットテーブルのフィールド リストの固定を解除することもでき、この場合は高さと幅の両方を変更できます。

注記: 

  • ピボットテーブルのフィールド リストが表示されない場合は、ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートをクリックします。それでも表示されない場合、ピボットテーブル レポートでは、[オプション] タブの [表示/非表示] で、[フィールド リスト] をクリックします。ピボットグラフ レポートでは、[分析] タブの [データ] で [フィールド リスト] をクリックします。

  • 使用するフィールドがフィールド リストに表示されない場合は、ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートを更新して、最後に行った操作以降に追加した新しいフィールド、集計フィールド、メジャー、計算済みのメジャー、またはディメンションを表示します。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

ピボット テーブル フィールド リストの詳細についてください。

フィールドを追加します。

フィールドのコピー

フィールドを配置します。

フィールドを削除します。

ピボット テーブル フィールド リストのビューを変更します。

レポートに追加する前にデータをフィルター処理します。

レポートのレイアウトの更新を自動または手動で切り替える

ピボットテーブルのフィールド リストについて

ピボットテーブルのフィールド リストの動作を理解し、ピボットテーブル レポートやピボットグラフ レポートをレイアウトするときにさまざまな種類のフィールドを再配置して必要な結果を得る方法を習得しておくことが重要です。

ピボットテーブルのフィールド リストの動作方法

ピボットテーブルのフィールド リストの動作方法

1. 外部データ ソースには、フィールド リストに表示されるフィールド (列とも呼ばれる) で構成される構造化データが含まれます。

2. フィールド リストで [レポート フィルター] エリアにフィールドを移動すると、ピボットテーブル レポートでも [レポート フィルター] エリアにフィールドが移動されます。

3. フィールド リストで [列ラベル] エリアにフィールドを移動すると、ピボットテーブル レポートでも [列ラベル] エリアにフィールドが移動されます。

4. フィールド リストで [行ラベル] エリアにフィールドを移動すると、ピボットテーブル レポートでも [行ラベル] エリアにフィールドが移動されます。

5. フィールド リストで [値] エリアにフィールドを移動すると、ピボットテーブル レポートでも [値] エリアにフィールドが移動されます。

4 つのレポート エリアにフィールドを移動するときのガイドライン

フィールド セクションからの値、名、およびディメンションのフィールドに移動するためのガイドラインは、次のレイアウト セクションの 4 つのボックスです。

値フィールド   

  • 数値フィールドのチェック ボックスを選択する場合、既定の領域に移動、値領域です。

行と列のフィールド   

  • 行のラベルにフィールドがある場合は、列ラベル] またはレポート フィルター] 領域が追加その領域のいずれかをもう一度位置を変更して、同じ領域に移動も別の領域に移動するには、向きを変更します。

メジャー   

  • オンライン分析処理 (OLAP) のデータ ソース内は多くの場合、フィールド (メジャー) 異なるディメンションの階層構造] で多くの階層とレベルされます。展開 プラス記号 (+) ボックス をクリックし、目的のフィールドが見つかるまで マイナス記号 (-) ボックス ボタンを折りたたみます。

  • 行ラベル、列ラベル、およびレポート フィルタ エリアに移動できるのは、階層、属性、および名前付きのセットだけです。

  • 値エリアに移動できるのは、メジャー、計算済みのメジャー、および主要業績評価指標 (KPI) だけです。

ページの先頭へ

フィールドを追加する

  • レポートにフィールドを追加するには、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • フィールド セクションで各フィールド名の横にあるチェック ボックスをオンにします。フィールドはレイアウト セクションの既定のエリアに配置されますが、必要に応じてフィールドを再配置できます。

      既定では、数値以外の値のフィールドは [行ラベル] 領域に追加され、数値フィールドは、[値] 領域に追加 OLAP の日付と時刻の階層は [列ラベル] 領域に追加します。

    • フィールド名をマウスの右ボタンでクリックし、[レポート フィルタに追加]、[列ラベルに追加]、[行ラベルに追加]、[値に追加] のうち適切なコマンドをクリックして、フィールドをレイアウト セクションの特定のエリアに配置します。

      ヒント: フィールド名をクリックしたまま、フィールド セクションとレイアウト セクションの領域との間でフィールドをドラッグすることもできます。

ページの先頭へ

フィールドをコピーする

Excel ワークシートのデータまたは OLAP 以外のデータ ソースの外部データに基づくピボットテーブル レポートでは、同じフィールドを 2 回以上 [値] エリアに追加できます。これは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく行うことができます。たとえば、粗利益と純利益、最小売上と最大売上、顧客数と総顧客数に対する割合などの計算値を横に並べて比較できます。

  1. フィールド セクションのフィールド名をクリックしたまま、レイアウト セクションの [値] エリアにフィールドをドラッグします。

  2. 手順 1 を必要なだけ繰り返して、フィールドをコピーします。

  3. コピーした各フィールドで、集計関数またはユーザー設定の計算を目的に合わせて変更します。

    注記: 

    • 同じフィールドのコピーであるか異なるフィールドであるかに関係なく、複数のフィールドを [値] エリアに追加すると、フィールド リストの [値] エリアに [値列] ラベルが自動的に追加されます。このフィールドを使用して、[値] エリア内でフィールドを上下に移動できます。[値列] ラベルを [列] ラベル エリアまたは [行ラベル] エリアに移動することもできます。ただし、[値列] ラベルは、[レポートのフィルター] エリアには移動できません。

    • レポート フィルター、行ラベル、または列ラベルの領域にフィールドを 1 回だけを追加するには、データ型がまたはに数値以外の数字であるかどうか。何度も同じフィールドを追加しようとした場合: レイアウト セクションに含まれる領域ラベル列と行のラベルをなど、フィールドが自動的に元の領域から削除され、[新規] 領域に配置します。

    • 同じフィールドを [値] エリアに追加するもう 1 つの方法は、数式内の同じフィールドを使用する数式 (集計列とも呼ばれます) を使用することです。

    • OLAP データ ソースに基づくピボット テーブル レポートに複数回同じフィールドを追加できません。

ページの先頭へ

フィールドを並べ替える

レイアウト セクションの下部にある 4 つの領域のいずれかを使用して、既存のフィールドを並べ替えることができます。

ピボットテーブル レポート

説明

ピボット グラフ

説明

    

集計した数値データとして表示するフィールドを追加します。

    

集計した数値データとして表示するフィールドを追加します。

行ラベル    

レポート上で行として表示するフィールドを追加します。一覧で下にあるフィールドは、そのすぐ上の行の中に配置されます。

軸フィールド (項目)    

グラフで軸として表示するフィールドを追加します。

列ラベル    

レポートの上部に列として表示するフィールドを追加します。一覧で下にあるフィールドは、そのすぐ上の列の中に配置されます。

凡例フィールド (系列) ラベル    

グラフの凡例に表示するフィールドを追加します。

レポート フィルター    

このエリアに追加したアイテムに基づいてレポート全体からデータが抽出されます。

レポート フィルター    

このエリアに追加したアイテムに基づいてレポート全体からデータが抽出されます。

  • フィールドを並べ替えるには、エリアの 1 つでフィールド名をクリックし、次のコマンドのいずれかを選択します。

上へ移動​​    

フィールドを領域内の 1 つ上の位置に移動します。

下へ移動​​    

フィールドをエリア内で下に移動します。

先頭へ移動    

フィールドを領域の先頭に移動します。

末尾へ移動    

フィールドをエリア内の末尾に移動します。

レポート フィルターに移動    

フィールドを [レポート フィルター] エリアに移動します。

行ラベルに移動    

フィールドを [行ラベル] 領域に移動します。

列ラベルに移動    

フィールドを [列ラベル] エリアに移動します。

値に移動    

フィールドを [値] エリアに移動します。

値フィールドの設定   、フィールドの設定 

[フィールドの設定] ダイアログ ボックスまたは [値フィールドの設定] ダイアログ ボックスを表示します。各設定の詳細を確認するには、ダイアログ ボックスの上部にある ボタン イメージ (ヘルプ) をクリックします。

ヒント: また、フィールド セクションとレイアウト セクションの間、または領域間で、フィールド名をクリックしたまま、フィールドをドラッグすることができます。

ページの先頭へ

フィールドを削除する

  • フィールドを削除するには、レイアウト領域の 1 つでフィールド名をクリックし、[フィールドの削除] をクリックするか、フィールド セクションの各フィールド名の横にあるチェック ボックスをオフにします。

    ヒント: レイアウト セクションでフィールド名をクリックしたまま、ピボットテーブルのフィールド リストの外にドラッグすることもできます。

    注: フィールド セクションのチェック ボックスをオフにすると、レポートからフィールドのすべてのインスタンスが削除されます。

ページの先頭へ

ピボットテーブルのフィールド リストの表示方法を変更する

ピボットテーブルのフィールド リストには、ピボットテーブルのさまざまな作業に合わせて設計され、最適化された 4 種類の表示方法があります。

  • 表示方法を変更するには、ピボットテーブルのフィールド リストの上部にある [表示] ボタンをクリックし、一覧で次のいずれかをクリックします。

フィールド セクションと領域セクション積み上げ   

これが既定の表示方法です。フィールドの数が少ないときに適しています。

フィールド セクションと領域セクション サイド バイ サイド   

各エリアのフィールドの数が 5 個以上の場合のフィールドの追加と削除に適しています。

フィールドのみ   

複数のフィールドの追加と削除のみを行う場合に適しています。

領域セクションのみ (2 2)   

複数のフィールドの再配置のみを行う場合に適しています。

領域セクションのみ (4 1)   

複数のフィールドの再配置のみを行う場合に適しています。

ヒント: フィールド セクションと領域セクションの積み上げ、およびフィールド セクションと領域セクション サイド バイ サイドのビューで調整できます幅と高さの各セクションのまで、ポインターに変わったら、垂直の両方向矢印 縦向き双方向矢印 または水平の両方向矢印 横向き双方向矢印 、双方向矢印を上または下へドラッグするか、左または右に目的の場所でセクション区切りの上にマウス ポインターを置き、、[いずれかの双方向矢印をクリックするか、ENTER キーを押すとします。

ページの先頭へ

レポートに追加する前にデータをフィルター処理します。

ピボットテーブル レポートが、大量のデータを含む外部データ ソースに接続されている場合、レポートにフィールドを追加する前にフィルタを使用してフィールドを抽出することによって、レポートの更新にかかる時間を短縮できます。

ページの先頭へ

レポートのレイアウトの自動更新と手動更新を切り替える

既定では、ピボット テーブルのフィールド リストで、変更を加えるたびに、レポートのレイアウトが自動的に更新されます。パフォーマンスを向上させるには、大量の外部データにアクセスする場合は、手動更新に切り替えることができます。手動更新に切り替えると、自動更新に切り替えるまで、レポートを使用できません。ただし、すばやく追加して、移動、フィールド セクションからレイアウト セクションにフィールドを削除して結果を自動更新に切り替え、[します。

レポートのレイアウトを手動更新、ピボット テーブルのフィールド リストを終了に設定した場合、フィールドのみのビューに変更する、または Excel を終了する確認せずにピボット テーブル レポートに加えたすべてのレイアウトの変更を破棄します。

  • ピボットテーブル レポートの手動更新を有効または無効にするには、ピボットテーブルのフィールド リストの末尾にある [レイアウトの更新を保留する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  • フィールド リストのレポートのレイアウトの変更が完了したら、ピボット テーブル レポートのレイアウトを表示する更新プログラムをクリックします。

注: ブックを開いた直後は、ピボットテーブル レポートの自動更新が常に有効になります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×