ピボットテーブル レポートの小計および総計フィールド

ピボットテーブル レポート を使用する場合、個々の列と行のフィールドの小計を表示または非表示にしたり、レポート全体の列と行の総計を表示または非表示にしたり、アイテムをフィルター処理して、またはフィルター処理しないで小計と総計を集計したりすることができます。

行と列のフィールドの小計

  1. ピボット テーブルの行または列のフィールドをアイテムを選択します。フィールドと値ではありませんが、確認します。

  2. [分析] タブの [アクティブなフィールド] で、フィールドの設定] をクリックします。

    リボンのフィールドの設定

    これには、[フィールドの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

    小計とフィールドの設定] ダイアログ ボックスで [フィルター] タブ

  3. [フィールドの設定] ダイアログ ボックスの [小計] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定の集計関数を使用して、外側の行または列ラベルを小計するには、[自動] をクリックします。

    • 小計を削除するには、[なし] をクリックします。

      注: フィールドに、 集計アイテムが含まれている場合は、小計の集計関数を変更することはできません。

    • 別の関数を使用する、複数の小計の種類を表示する、または内側の行または列ラベルを小計するには、[カスタム] (このオプションが有効な場合) をクリックして、関数を選択します。

      小計として使用できる関数

      関数

      説明

      SUM

      値の合計。これは、数値データの既定の関数です。

      COUNT

      データ値の個数。COUNT 集計関数の機能は、COUNTA 関数と同じです。COUNT は、数値以外のデータに対する既定の関数です。

      AVERAGE

      数値の平均値。

      MAX

      最大の値。

      MIN

      最小の値。

      PRODUCT

      数値の積。

      Count Numbers

      数値データの個数。Count Numbers 集計関数の機能は、ワークシートの COUNT 関数と同じです。

      StDev

      母集団の推定標準偏差 (母集団のサブセットを標本とする)。

      StDevp

      母集団の標準偏差 (集計されるデータ全体が母集団であるとする)。

      Var

      母集団の推定分散 (母集団のサブセットを標本とする)。

      Varp

      母集団の分散 (集計されるデータ全体が母集団であるとする)。

      注: オンライン分析処理 (OLAP) のデータ ソースを使用してユーザー設定の関数を使うことはできません。

  4. [フィルター] メニューで特定のアイテムが選択されているフィルターを適用するときに、新しいアイテムを含める、または除外するには、[新しいアイテムを手動フィルターに含める] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

ヒント: 

  • 現在の小計を表示または非表示にするには、フィールドのアイテムを右クリックして、[小計 "<ラベル名>"] の隣のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

  • 折りたたまれた外側の行ラベルまたはアウトライン形式の場合、次の操作を行って、そのアイテムの上または下に小計を表示したり、小計を非表示にしたりすることができます。

    1. [デザイン] タブの [レイアウト] グループで、[小計] をクリックします。

    2. 次のいずれかの操作を行います。

      • [小計を​​表示しない] を選択します。

      • [すべての小計を​​グループの末尾に表示する] を選択します。

      • [すべての小計を​​グループの先頭に表示する] を選択します。

レポート全体の総計を表示または非表示

現在のピボットテーブルの総計を表示または非表示にすることができます。総計を表示および非表示にする場合の既定の設定を指定することもできます。

総計の表示と非表示

  1. ピボットテーブル レポート上の任意の場所をクリックします。

  2. [デザイン] タブで、[レイアウト] グループの [総計] をクリックして、必要な総計の表示オプションを選択します。

    リボン上のレイアウト] グループ

総計を表示または非表示にする場合の既定の動作を変更します。

  1. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [分析] タブの [ピボット テーブル] グループで [オプション] をクリックします。

    リボンの [ピボット テーブル オプション

  3. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [集計とフィルター] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • 総計を表示するには、いずれかの列の総計を表示する行の総計を表示する、またはその両方を選択します。

    • 総計を非表示にするには、か、列の総計を表示する行の総計を表示する、またはその両方をオフにします。

アイテムをフィルター処理して、またはフィルター処理しないで小計と総計を集計する

  1. ピボットテーブル レポート上の任意の場所をクリックします。

  2. [分析] タブの [ピボット テーブル] グループで [オプション] をクリックします。

    リボンの [ピボット テーブル オプション

  3. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [集計とフィルター] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • オンライン分析処理 (OLAP) のソース データの場合、次のいずれかの操作を行います。

      • [フィルターされたページ アイテムの小計を計算する] チェック ボックスをオンまたはオフにして、レポート フィルター アイテムを含めたり除外したりします。

        注: OLAP データ ソースには、MDX 式サブセレクト構文をサポートする必要があります。

      • [合計を * (アスタリスク) で示す] チェック ボックスをオンまたはオフにして、合計の隣にあるアスタリスクを表示または非表示にします。アスタリスクは、表示され、Excel で合計を計算するときに使用される、参照可能な値が計算に使用されることを示します。

        注: このオプションは OLAP データ ソースが MDX 式サブセレクト構文をサポートしていない場合にのみ使用できます。

    • OLAP 以外のソース データの場合、[1 つのフィールドに複数のフィルターを使用可能にする] チェック ボックスをオンまたはオフにして、フィルターされたアイテムを合計に含める、または除外します。

ページの先頭へ

ビデオを見る

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

行と列のフィールドの小計

  1. ピボット テーブルの行または列のフィールドをアイテムを選択します。フィールドと値ではありませんが、確認します。

  2. [オプション] タブで、[アクティブなフィールド] グループの [フィールドの設定] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

    これには、[フィールドの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

    小計とフィールドの設定] ダイアログ ボックスで [フィルター] タブ

  3. [フィールドの設定] ダイアログ ボックスの [小計] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定の集計関数を使用して、外側の行または列ラベルを小計するには、[自動] をクリックします。

    • 小計を削除するには、[なし] をクリックします。

      注: フィールドに、 集計アイテムが含まれている場合は、小計の集計関数を変更することはできません。

    • 別の関数を使用する、複数の小計の種類を表示する、または内側の行または列ラベルを小計するには、[カスタム] (このオプションが有効な場合) をクリックして、関数を選択します。

      小計として使用できる関数

      関数

      説明

      SUM

      値の合計。これは、数値データの既定の関数です。

      COUNT

      データ値の個数。COUNT 集計関数の機能は、COUNTA 関数と同じです。COUNT は、数値以外のデータに対する既定の関数です。

      AVERAGE

      数値の平均値。

      MAX

      最大の値。

      MIN

      最小の値。

      PRODUCT

      数値の積。

      Count Numbers

      数値データの個数。Count Numbers 集計関数の機能は、ワークシートの COUNT 関数と同じです。

      StDev

      母集団の推定標準偏差 (母集団のサブセットを標本とする)。

      StDevp

      母集団の標準偏差 (集計されるデータ全体が母集団であるとする)。

      Var

      母集団の推定分散 (母集団のサブセットを標本とする)。

      Varp

      母集団の分散 (集計されるデータ全体が母集団であるとする)。

      注: オンライン分析処理 (OLAP) のデータ ソースを使用してユーザー設定の関数を使うことはできません。

  4. [フィルター] メニューで特定のアイテムが選択されているフィルターを適用するときに、新しいアイテムを含める、または除外するには、[新しいアイテムを手動フィルターに含める] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

ヒント: 

  • 現在の小計を表示または非表示にするには、フィールドのアイテムを右クリックして、[小計 "<ラベル名>"] の隣のチェック ボックスをオンまたはオフにします。

  • 折りたたまれた外側の行ラベルまたはアウトライン形式の場合、次の操作を行って、そのアイテムの上または下に小計を表示したり、小計を非表示にしたりすることができます。

    1. [デザイン] タブの [レイアウト] グループで、[小計] をクリックします。

    2. 次のいずれかの操作を行います。

      • [小計を​​表示しない] を選択します。

      • [すべての小計を​​グループの末尾に表示する] を選択します。

      • [すべての小計を​​グループの先頭に表示する] を選択します。

レポート全体の総計を表示または非表示

現在のピボットテーブルの総計を表示または非表示にすることができます。総計を表示および非表示にする場合の既定の設定を指定することもできます。

総計の表示と非表示

  1. ピボットテーブル レポート上の任意の場所をクリックします。

  2. [デザイン] タブで、[レイアウト] グループの [総計] をクリックして、必要な総計の表示オプションを選択します。

    Excel のリボン イメージ

総計を表示または非表示にする場合の既定の動作を変更します。

  1. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [オプション] タブの [ピボットテーブル] グループで、[オプション] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  3. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [集計とフィルター] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • 総計を表示するには、いずれかの列の総計を表示する行の総計を表示する、またはその両方を選択します。

    • 総計を非表示にするには、か、列の総計を表示する行の総計を表示する、またはその両方をオフにします。

アイテムをフィルター処理して、またはフィルター処理しないで小計と総計を集計する

  1. ピボットテーブル レポート上の任意の場所をクリックします。

  2. [オプション] タブの [ピボットテーブル] グループで、[オプション] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  3. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [集計とフィルター] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • オンライン分析処理 (OLAP) のソース データの場合、次のいずれかの操作を行います。

      • [フィルターされたページ アイテムの小計を計算する] チェック ボックスをオンまたはオフにして、レポート フィルター アイテムを含めたり除外したりします。

        注: OLAP データ ソースには、MDX 式サブセレクト構文をサポートする必要があります。

      • [合計を * (アスタリスク) で示す] チェック ボックスをオンまたはオフにして、合計の隣にあるアスタリスクを表示または非表示にします。アスタリスクは、表示され、Excel で合計を計算するときに使用される、参照可能な値が計算に使用されることを示します。

        注: このオプションは OLAP データ ソースが MDX 式サブセレクト構文をサポートしていない場合にのみ使用できます。

    • OLAP 以外のソース データの場合、[1 つのフィールドに複数のフィルターを使用可能にする] チェック ボックスをオンまたはオフにして、フィルターされたアイテムを合計に含める、または除外します。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×