ピボットテーブル レポートの互換性の問題

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

互換性チェックで、ピボットテーブル レポートに関する互換性の問題が見つかりました。

重要: ブックを引き続き以前のファイル形式で保存する場合は、その前に重大な機能損失を引き起こす問題を解決して、データが永久に失われたり正しい機能が損なわれたりすることのないようにしておく必要があります。

再現性の低下を引き起こす問題は、ブックを引き続き保存するために解決しておく必要がある場合もあれば、そのままでもかまわない場合もあります。データが失われたり機能が損なわれたりすることはありませんが、ブックの表示や動作が、以前のバージョンの Microsoft Excel で開いたときとまったく同じではなくなる可能性があります。

この記事の内容

機能の大幅な損失を引き起こす問題

再現性の低下を引き起こす問題

重大な機能損失を引き起こす問題

問題

解決方法

このブックのピボットテーブルは最新のファイル形式のみで有効であり、以前のファイル形式で保存すると失われます。以前のバージョンの Excel では、互換モードで作成されたピボットテーブルのみ機能します。

意味   Excel 2007 で、後で、ピボット テーブル レポートが 1 つのフィールドでは、固有のアイテムの 1,048, 576 をサポートしていますが Excel 97-2003 では、アイテムの数] フィールドは 32,500 個ですがサポートされています。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、以前のバージョンの制限を超えているピボットテーブル レポートを探します。その後、ブックを Excel 97-2003 形式で保存し、該当のピボットテーブル レポートを互換モードで再作成します。

このブック内のピボットテーブルには、条件付き書式ルールが設定されています。ルールは、折りたたまれている行または列のセルに適用されています。以前のバージョンの Excel でルールが失われないように、これらの行または列を展開してください。

意味   折りたたまれている行または列のセルに適用されている条件付き書式ルールは、Excel 97-2003 では失われます。

操作   以前のバージョンの Excel ファイル形式でブックを保存する前に、互換性チェックで [検索] をクリックして、条件付き書式ルールが設定されており、折りたたまれている行または列を探し、これらを展開します。

このブックには、ピボットテーブルに関連付けられていない名前付きセットが含まれています。これらの名前付きセットは保存されません。

意味   ピボット テーブルに関連付けられていない名前付きセットは、Excel 97-2007 では削除されます。

操作   この問題を回避するには、接続を使ってピボットテーブルを作成してください。

このブックには、What-If 分析が有効になっているピボットテーブルがあります。以前のバージョンの Excel では、発行されていない What-If 値の変更は失われます。

意味   サーバーに発行されていない What-If 分析値の変更は、以前のバージョンの Excel では表示されません。

操作    以前のバージョンの Excel でブックを開く前に、What-If 分析値の変更を発行してください ([ピボットテーブル ツール] の [分析] タブの [計算方法] にある [OLAP ツール] から [What-If 分析] を選択)。

このブック内のピボットテーブルには、同じ測定結果が 2 回以上表示されるデータ軸が含まれています。このピボットテーブルは保存されません。

意味   Excel 2010 で、その後、オンライン分析処理 (OLAP) のデータ ソースに接続されているピボット テーブル内のメジャーを複製することができます。Excel 97-2007 でピボット テーブルを表示できません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、同じ測定結果が 2 回以上表示されるデータ軸を含むピボットテーブル レポートを探し、重複した測定結果を削除して測定結果が 1 つだけ表示されるようにします。

このブックのピボットテーブルまたはデータ接続には、以前のバージョンの Excel では使用されていなかったサーバー設定が含まれています。ピボットテーブルまたはデータ接続のサーバー設定の一部は保存されません。

意味   いくつかピボット テーブルまたはデータ接続サーバーの設定は、Excel 97-2007 では失われます。

操作    使っているサーバー設定が以前のバージョンの Excel と互換性があることを確認し、必要な変更を加えます ([ピボットテーブル ツール] の [分析] タブの [データ] で [データ ソースの変更] をクリックし、[接続プロパティ] をクリックします)。

このブック内のピボットテーブルには、'計算の種類' 機能を使用して表されたデータが含まれています。これらのユーザー設定の出力は保存されず、データ ソースの元の値で置き換えられます。

意味   Excel 97-2007 では、[ユーザー設定の値 (親行集計に対する比率親列集計に対する比率累計 %など) を入力したデータを表示することはできません値として表示する機能はサポートされていません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、ユーザー設定の値の出力が含まれているピボットテーブルを探し、ユーザー設定の出力を削除します (そのフィールドを右クリックし、[計算の種類] から [計算しない] をクリックします)。

このブックには、ユーザー設定の埋め込みデータが含まれています。このデータは保存されません。

意味   Power Pivotデータなどの組み込みのユーザー設定のデータを Excel 97-2007 でサポートされていません。データは失われます。

操作    以前のバージョンの Excel で作業する予定のブックから Power Pivot データを削除します。

このブックには、ブック内のピボットテーブルやキューブ関数をフィルター処理できるスライサーが含まれています。スライサーは、以前のバージョンの Excel では機能しません。

意味   スライサーは、Excel 97-2007 では使用できませんが、Excel 2010 以降で使用可能なままになります。

操作    以前のバージョンの Excel では、ピボットテーブル フィルターを使ってデータをフィルター処理できます。

このブックには、ブック内のピボットテーブルやキューブ関数をフィルター処理できるスライサーが含まれています。スライサーは保存されません。スライサーを参照する数式は #NAME? エラーを 返します。

意味    スライサーは、以前のバージョンの Excel ではサポートされていません。これらは表示できず、失われます。

スライサーを参照している OLAP 関数が設定された接続を最新の情報に更新すると、予期された結果ではなく、#NAME? エラーが返されます。

操作   スライサーの代わりにピボットテーブル フィルターを使って、データをフィルター処理してください。

ページの先頭へ

再現性の低下を引き起こす問題

問題

解決方法

このブック内のピボットテーブルに、ピボットテーブルのスタイルが適用されています。以前のバージョンの Excel では、ピボットテーブルのスタイルによる書式は表示できません。

意味    Excel 97-2003 では、テーマに基づくピボットテーブル スタイルは使用できず、表示もできません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、ピボットテーブル スタイルが適用されたピボットテーブル レポートを検索します。そのピボットテーブル スタイルを削除してから、以前のバージョンの Excel でサポートされているピボットテーブルの書式を手動で適用します。

このブックのピボットテーブルは、Excel 2007 より前のバージョンでは機能しません。以前のバージョンの Excel では、互換モードで作成されたピボットテーブルのみ機能します。

意味   Excel 97-2003 では、Excel 2007 以降で作成したピボット テーブル レポートを更新できません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、現在のファイル形式で作成されたピボットテーブル レポートを探します。ブックを Excel 97-2003 形式で保存し、該当のピボットテーブル レポートを互換モードで再作成することにより、機能を損なうことなく Excel 97-2003 で開くことができます。

このブックのピボットテーブルに、コンパクト形式のフィールドがあります。以前のバージョンの Excel では、このレイアウトは表形式に変更されます。

意味    Excel 97-2003 では、関連データが画面の横方向にはみ出さないようにし、スクロールが最小限で済むようにするコンパクト形式 (単一形式、または表形式とアウトライン形式の組み合わせ) は使用できないため、フィールドは表形式で表示されます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、コンパクト形式のフィールドがあるピボットテーブル レポートを探し、[セルとラベルを結合して中央揃えにする] チェック ボックス ([ピボットテーブル ツール] の [分析] タブの [ピボットテーブル] で [オプション] をクリックすると表示される [レイアウトと書式] タブ内) をオフにして、必要に応じて書式をアウトライン形式または表形式に変更します。

このブックのピボットテーブルは、以前のバージョンの Excel では使用されていなかった設定が含まれています。一部のピボットテーブル設定が保存されません。

意味   ピボット テーブルの一部の設定は、Excel 97-2007 ではサポートされません。これらの設定は失われます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、サポートされていない設定を含むピボットテーブルを探し、必要な変更を加えます。

このブック内のピボットグラフには、有効または無効になっている特定のフィールド ボタンが含まれています。すべてのフィールド ボタンは有効として保存されます。

意味   以前のバージョンの Excel でブックを開いて保存するとき、ピボットグラフに表示されないフィールド ボタンは有効として保存されます。

操作   以前のバージョンの Excel ファイル形式で保存した後にブックをもう一度開いたときに、必要なフィールド ボタンを表示するためにフィールド ボタンを有効または無効にする必要があります ([ピボットグラフ ツール] の [解析] タブの [表示/非表示] で [フィールド ボタン] をクリックします)。

このブックのピボットテーブルには、名前付きセットが含まれています。名前付きセットの一部のプロパティは、保存されない可能性があります。

意味    ブックを Excel 97-2003 ファイル形式で保存したときに保存されない可能性のある、既定以外のプロパティ設定を持つ名前付きセットがあります。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、変更が加えられている名前付きセット プロパティを持つピボットテーブル レポートを探し、[フィールドの設定] ダイアログ ボックスで必要な調整を加えます。名前付きセットのいずれかのメンバーを右クリックし、[フィールドの設定] をクリックします。[レイアウトと印刷] タブで、[異なるレベルのアイテムを別のフィールドに表示する] チェック ボックスがオンになっていないこと (既定の設定)、[自動的に並べ替えて、セットから重複を削除する] チェック ボックスがオンになっていること (既定の設定) を確認します。

このブックの接続には、名前付きセットか計算メンバーが含まれています。名前付きセットおよび計算メンバーの一部のプロパティは、保存されない可能性があります。

意味    名前付きセットまたは計算メンバーが、Excel 2007 と Excel 97-2003 でサポートされていないプロパティを持っています。これらのプロパティは、保存されない可能性があります。

操作   名前付きセットのすべてのメンバーを右クリックし、[フィールドの設定] または [値フィールドの設定、必要な調整を加えます。

このブックにはスライサー スタイルがあり、以前のバージョンの Excel ではサポートされていません。このスライサー スタイルは保存されません。

意味   以前のバージョンの Excel ファイル形式でブックを保存すると、ユーザー設定のスライサー スタイルは失われます。

操作   スライサーは、以前のバージョンの Excel でサポートされていない、ため、ユーザー設定のスライサー スタイルのままにすることもがあります。以前のバージョンの Excel では、データのフィルター処理するのにピボット テーブル フィルターを使用することができます。

このブックのピボットテーブルには、ラベルの重複したフィールドが含まれています。このピボットテーブルを更新すると、これらのラベルは失われます。

意味   Excel 97-2007 では、ラベルの重複はサポートされていないと、以前のバージョンの Excel でピボット テーブル レポートを更新するときに、ラベルが失われます。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、ラベルの重複があるピボットテーブルを探し、ラベルが重複しないようにします ([ピボットテーブル ツール] の [デザイン] タブの [レイアウト] で [レポートのレイアウト] をクリックし、[アイテムのラベルを繰り返さない] をクリックします)。

このブック内のピボットテーブルには代替テキストが適用されています。Excel 2007 より前のバージョンでは、代替テキストは削除されます。

意味   代替テキストでは、Excel 97-2007 では利用できませんあり、以前のバージョンの Excel で表示することはできません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、代替テキストを含むピボットテーブルを探します。以前のバージョンの Excel で代替テキストを表示するには、代替テキストをワークシート内の空白セルにコピーするか、そのテキストを含むコメントを挿入します。

ピボットテーブル内の任意の場所を右クリックし、[ピボットテーブル オプション] をクリックします。[代替テキスト] タブの [説明] ボックスで代替テキストを選び、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーします。

このブック内のピボットテーブルには代替テキストが適用されています。Excel 2007 では、代替テキストを表示できません。

意味   代替テキストは、Excel 97-2007 では利用できませんあり、表示することはできません。

操作    互換性チェックで [検索] をクリックして、代替テキストを含むピボットテーブルを探します。以前のバージョンの Excel で代替テキストを表示するには、代替テキストをワークシート内の空白セルにコピーするか、そのテキストを含むコメントを挿入します。

ピボットテーブル内の任意の場所を右クリックし、[ピボットテーブル オプション] をクリックします。[代替テキスト] タブの [説明] ボックスで代替テキストを選び、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×