ピボットテーブル レポートのメモリを最適化する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: メモリを最適化するピボットテーブル レポートは、ODBC (Open Database Connectivity) データ ソースに接続されている必要があります。ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードを使用して次の手順を完了します。

  1. ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードを開始するには、Alt キーと D キーを押しながら P キーを押します。

    ヒント

    ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードをクイック アクセス ツールバーに追加するには、次の操作を行います。

    1. ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧の [ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード] をクリックし、[追加] をクリックします。次に、[OK] をクリックします。

  2. ウィザードのステップ 1 ページで、[外部データ ソース] を選択し、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードのステップ 2 ページで、[データの取り出し] をクリックします。

  4. データ ソースに接続します。

    ODBC データ ソースに接続する方法の詳細については、外部データを取得する Microsoft クエリを使用するを参照してください。

  5. ウィザードの [3/3] ページで、[オプション] をクリックします。

  6. [ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード オプション] ダイアログ ボックスで、[メモリを最適化する] チェック ボックスをオンにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×