ピボットテーブル レポートのメモリを最適化する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: メモリを最適化するピボットテーブル レポートは、ODBC (Open Database Connectivity) データ ソースに接続されている必要があります。ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードを使用して次の手順を完了します。

  1. ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードを開始するには、alt キーを押しながら D キーを押しながら P キーを押します。

    ヒント

    ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザードをクイック アクセス ツールバーに追加するには、次の操作を行います。

    1. ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧の [ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード] をクリックし、[追加] をクリックします。次に、[OK] をクリックします。

  2. ウィザードのステップ 1 ページで、[外部データ ソース] を選択し、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードのステップ 2 ページで、[データの取り出し] をクリックします。

  4. データ ソースに接続します。

    ODBC データ ソースに接続する方法の詳細については、外部データを取得する Microsoft クエリを使用するを参照してください。

  5. ウィザードの [3/3] ページで、[オプション] をクリックします。

  6. [ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード オプション] ダイアログ ボックスで、[メモリを最適化する] チェック ボックスをオンにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×