ピボットテーブル レポートのフィールドでの集計方法またはユーザー設定の計算を変更する

値の領域内のデータは、数値に SUM 関数を使用し、文字列値に COUNT 関数を使用するという方法で、基になるピボットグラフ レポートの集計元データ (表示されている値ではありません) を集計した値です。必要に応じて、集計関数を変更できます。また、ユーザー設定の計算を作成することもできます。

  1. ピボットテーブル レポートの集計方法を変更する値の領域内のフィールドを選択します。

  2. [分析] タブの [アクティブなフィールド] グループで [アクティブなフィールド] をクリックし、[フィールドの設定] をクリックします。

    [値フィールドの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [ソース名] には、データ ソース内のフィールド名が表示されます。

    [名前の指定] には、ピボットテーブル レポート内の現在のフィールド名が表示されます。名前が指定されていない場合はソース名が表示されます。[名前の指定] に表示されているフィールド名を変更するには、ボックス内の文字列をクリックしてフィールド名を編集します。

  3. [集計方法] タブをクリックします。

  4. [値フィールドの集計] ボックスで、使用する集計方法をクリックします。

    使用できる集計方法

    関数

    集計内容

    Sum

    数値の合計。数値データに対する既定の集計方法です。

    データの個数

    データの個数。COUNTA ワークシート関数と同じ方法で集計が行われます。数値以外の値に対する既定の集計方法です。

    AVERAGE

    数値の平均値

    MAX

    最大値

    MIN

    最小値

    PRODUCT

    数値の乗算

    Count Numbers

    数値データの個数。COUNT ワークシート関数と同じ方法で集計が行われます。

    StDev

    母集団のサブセットを標本とみなした場合の母集団に対する標準偏差

    StDevp

    集計する値すべてを母集団全体と見なした場合の母集団の標準偏差。

    Var

    母集団のサブセットを標本とみなした場合の母集団に対する分散

    Varp

    集計する値すべてを母集団全体と見なした場合の母集団の分散。

    注: OLAP データなど一部の種類のソース データ、および集計フィールドや集計アイテムがあるフィールドでは、集計方法を変更できません。

  5. 次の操作を行うと、ユーザー設定の計算を使用できます。

    1. [計算の種類] タブをクリックします。

    2. [計算の種類] ボックスで、使用する計算をクリックします。

      この計算を使用

      結果

      計算しない

      ユーザー設定の計算を無効にします。

      総計に対する比率

      値を、レポートのすべての値またはデータ要素の総計に対する比率で表示します。

      列集計に対する比率

      各列または各系列の値を、その列または系列の合計に対する比率で表示します。

      行集計に対する比率

      行または項目ごとの値が、行または項目の集計の比率として表示されます。

      基準値に対する比率

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率で表示します。

      親行集計に対する比率

      (アイテムの値) / (行の親アイテムの値) を計算します。

      親列集計に対する比率

      (アイテムの値) / (列の親アイテムの値) を計算します。

      親集計に対する比率

      (アイテムの値) / (選択された[基準フィールド] の親アイテムの値) を計算します。

      基準値との差分

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値との差分として表示します。

      基準値に対する比率の差

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率の差として表示します。

      累計

      [基準フィールド] 内の連続するアイテムの値が、累計として表示されます。

      比率の累計

      [基準フィールド] の連続するアイテムの比率としての値が、累計として表示されます。

      昇順での順位

      特定のフィールドで選択された値の順位を表示します。リスト内で最小のアイテムを 1 と表示し、以降値が大きくなるにつれて大きい順位を表示します。

      降順での順位

      特定のフィールドで選択された値の順位を表示します。リスト内で最大のアイテムを 1 と表示し、以降値が小さくなるにつれて大きい順位を表示します。

      指数 (インデックス)

      値を次の式に基づいて計算します。

      ((セルの値) x (総計)) / ((行の総計) x (列の総計))

    3. 選択した計算で [基準フィールド] と [基準アイテム] を使用できる場合は、これらを選択します。

      注: [基準フィールド] には、手順 1. で選択したものと異なるフィールドを指定する必要があります。

  6. 数値の書式を変更するには、[表示形式] をクリックし、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [数値] タブで、任意の数値の書式を指定し、[OK] をクリックします。

  7. レポートに複数の値フィールドがある場合、変更するフィールドごとに上記の手順を繰り返します。

注: 同じフィールドに対して複数の集計方法を使用する場合は、[ピボットテーブル フィールド リスト] から再度そのフィールドを追加し、そのフィールドで使用する他の集計方法についても上記の手順を繰り返します。

  1. ピボットテーブル レポートの集計方法を変更する値の領域内のフィールドを選択します。

  2. [オプション] タブの [アクティブなフィールド] で [アクティブなフィールド] をクリックし、[フィールドの設定] をクリックします。

    [値フィールドの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [ソース名] には、データ ソース内のフィールド名が表示されます。

    [名前の指定] には、ピボットテーブル レポート内の現在のフィールド名が表示されます。名前が指定されていない場合はソース名が表示されます。[名前の指定] に表示されているフィールド名を変更するには、ボックス内の文字列をクリックしてフィールド名を編集します。

  3. [集計方法] タブをクリックします。

  4. [値フィールドの集計] ボックスで、使用する集計方法をクリックします。

    関数

    集計内容

    Sum

    数値の合計。数値データに対する既定の集計方法です。

    データの個数

    データの個数。COUNTA ワークシート関数と同じ方法で集計が行われます。数値以外の値に対する既定の集計方法です。

    AVERAGE

    数値の平均値

    MAX

    最大値

    MIN

    最小値

    PRODUCT

    数値の乗算

    Count Numbers

    数値データの個数。COUNT ワークシート関数と同じ方法で集計が行われます。

    StDev

    母集団のサブセットを標本とみなした場合の母集団に対する標準偏差

    StDevp

    集計する値すべてを母集団全体と見なした場合の母集団の標準偏差。

    Var

    母集団のサブセットを標本とみなした場合の母集団に対する分散

    Varp

    集計する値すべてを母集団全体と見なした場合の母集団の分散。

    注: OLAP データなど一部の種類のソース データ、および集計フィールドや集計アイテムがあるフィールドでは、集計方法を変更できません。

  5. 次の操作を行うと、ユーザー設定の計算を使用できます。

    1. [計算の種類] タブをクリックします。

    2. [計算の種類] ボックスで、使用する計算をクリックします。

      この計算を使用

      結果

      計算しない

      ユーザー設定の計算を無効にします。

      総計に対する比率

      値を、レポートのすべての値またはデータ要素の総計に対する比率で表示します。

      列集計に対する比率

      各列または各系列の値を、その列または系列の合計に対する比率で表示します。

      行集計に対する比率

      行または項目ごとの値が、行または項目の集計の比率として表示されます。

      基準値に対する比率

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率で表示します。

      親行集計に対する比率

      (アイテムの値) / (行の親アイテムの値) を計算します。

      親列集計に対する比率

      (アイテムの値) / (列の親アイテムの値) を計算します。

      親集計に対する比率

      (アイテムの値) / (選択された[基準フィールド] の親アイテムの値) を計算します。

      基準値との差分

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値との差分として表示します。

      基準値に対する比率の差

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率の差として表示します。

      累計

      [基準フィールド] 内の連続するアイテムの値が、累計として表示されます。

      比率の累計

      [基準フィールド] の連続するアイテムの比率としての値が、累計として表示されます。

      昇順での順位

      特定のフィールドで選択された値の順位を表示します。リスト内で最小のアイテムを 1 と表示し、以降値が大きくなるにつれて大きい順位を表示します。

      降順での順位

      特定のフィールドで選択された値の順位を表示します。リスト内で最大のアイテムを 1 と表示し、以降値が小さくなるにつれて大きい順位を表示します。

      指数 (インデックス)

      値を次の式に基づいて計算します。

      ((セルの値) x (総計)) / ((行の総計) x (列の総計))

    3. 選択した計算で [基準フィールド] と [基準アイテム] を使用できる場合は、これらを選択します。

      注: [基準フィールド] には、手順 1. で選択したものと異なるフィールドを指定する必要があります。

  6. 数値の書式を変更するには、[表示形式] をクリックし、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [数値] タブで、任意の数値の書式を指定し、[OK] をクリックします。

  7. レポートに複数の値フィールドがある場合、変更するフィールドごとに上記の手順を繰り返します。

注: 同じフィールドに対して複数の集計方法を使用する場合は、[ピボットテーブル フィールド リスト] から再度そのフィールドを追加し、そのフィールドで使用する他の集計方法についても上記の手順を繰り返します。

  1. ピボットテーブル レポートの集計方法を変更する値の領域内のフィールドを選択します。

  2. [オプション] タブの [アクティブなフィールド] で [アクティブなフィールド] をクリックし、[フィールドの設定] をクリックします。

    [値フィールドの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [ソース名] には、データ ソース内のフィールド名が表示されます。

    [名前の指定] には、ピボットテーブル レポート内の現在のフィールド名が表示されます。名前が指定されていない場合はソース名が表示されます。[名前の指定] に表示されているフィールド名を変更するには、ボックス内の文字列をクリックしてフィールド名を編集します。

  3. [集計の方法] タブをクリックします。

  4. [値フィールドの集計] ボックスで、使用する集計方法をクリックします。

    使用できる集計方法

    関数

    集計内容

    Sum

    数値の合計。数値データに対する既定の集計方法です。

    データの個数

    データの個数。COUNTA ワークシート関数と同じ方法で集計が行われます。数値以外の値に対する既定の集計方法です。

    AVERAGE

    数値の平均値

    MAX

    最大値

    MIN

    最小値

    PRODUCT

    数値の乗算

    COUNT NUMS

    数値データの個数。COUNT ワークシート関数と同じ方法で集計が行われます。

    StDev

    母集団のサブセットを標本とみなした場合の母集団に対する標準偏差

    StDevp

    集計する値すべてを母集団全体と見なした場合の母集団の標準偏差。

    Var

    母集団のサブセットを標本とみなした場合の母集団に対する分散

    Varp

    集計する値すべてを母集団全体と見なした場合の母集団の分散。

    注: OLAP データなど一部の種類のソース データ、および集計フィールドや集計アイテムがあるフィールドでは、集計方法を変更できません。

  5. 次の操作を行うと、ユーザー設定の計算を使用できます。

    1. [計算の種類] タブをクリックします。

    2. [計算の種類] ボックスで、使用する計算をクリックします。

      この関数を使用

      目的

      標準

      ユーザー設定の計算を無効にします。

      基準値との差分

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値との差分として表示します。

      基準値に対する比率

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率で表示します。

      基準値に対する比率の差

      値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率の差として表示します。

      累計

      [基準フィールド] 内の連続するアイテムの値が、累計として表示されます。

      列方向の比率

      行または項目ごとの値が、行または項目の集計の比率として表示されます。

      行方向の比率

      各列または各系列の値を、その列または系列の合計に対する比率で表示します。

      全体に対する比率

      値を、レポートのすべての値またはデータ要素の総計に対する比率で表示します。

      指数 (インデックス)

      値を次の式に基づいて計算します。

      ((セルの値) x (総計)) / ((行の総計) x (列の総計))

    3. 選択した計算で [基準フィールド] と [基準アイテム] を使用できる場合は、これらを選択します。

      注: [基準フィールド] には、手順 1. で選択したものと異なるフィールドを指定する必要があります。

  6. 数値の書式を変更するには、[表示形式] をクリックし、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスの [数値] タブで、任意の数値の書式を指定し、[OK] をクリックします。

  7. レポートに複数の値フィールドがある場合、変更するフィールドごとに上記の手順を繰り返します。

注: 同じフィールドに対して複数の集計方法を使用する場合は、[ピボットテーブル フィールド リスト] から再度そのフィールドを追加し、そのフィールドで使用する他の集計方法についても上記の手順を繰り返します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×