ピボットテーブル レポートで OLAP サーバー アクションを実行する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

ピボットテーブル レポートが Microsoft SQL Server Analysis Services のオンライン分析処理 (OLAP) データベースに接続されている場合、Microsoft Office Excel を使用してサーバー アクションを実行できます。サーバー アクションとは、レポート内のデータに対して関連する作業を行う、補助コマンドのことです。

目的に合ったトピックをクリックしてください

サーバー アクションについて

サーバー アクションの実行

サーバー アクションについて

サーバー アクションは、キューブ メンバまたはメジャーをクエリのパラメータとして使用し、キューブの詳細を取得したり、ブラウザなどのアプリケーションを起動するために OLAP キューブ管理者がサーバーに定義できる、オプションの有用な機能です。

ピポットテーブル レポートでサーバー アクションを使用する一般的な例を次に示します。

  • 販売代理店の販売員が、重要な顧客を訪問する準備をしています。サーバー アクションを使用すると、担当販売地域の標準ピボットテーブル レポートから、顧客のプロファイルを Web ページに直接表示できます。Web ページには、地図やお勧めのレストランなどの追加情報へのリンクも含まれています。

  • 医薬関連のビジネス アナリストが、ある大手顧客の昨年の発注額が 35% 減少したことに気が付いたとします。その原因を調べるため、サーバー アクションを使用して、その顧客の発注履歴を個別のワークシートに表示することができます。

  • 地域担当販売部長が、ある製品の売上高を精査して、どの顧客が売り上げに最も寄与しているかを調べる場合、キューブ上のファクト テーブルに含まれる詳細データに "ドリル スルー" を行うことができ、その結果を元に、次期四半期の販売目標を立てることが可能です。

サーバー アクションには次の 5 種類があります。

URL     Uniform Resource Locator (URL) をブラウザに表示するための、一般的に使用されるサーバー アクションです。たとえば顧客名をクリックして、顧客のプロファイルを Web ページに表示することができます。

OLAP キューブ管理者は、ディメンション メンバ、階層、階層メンバ、属性メンバ、メジャー セル、またはキューブ全体に対して、URL サーバー アクションを定義できます。

レポート     Microsoft SQL Server Reporting Services レポートを作成するためのサーバー アクションで、次の構文でレポートベースの URL を構築します。

http://<レポート サーバー名>/<サーバー ディレクトリ>

OLAP キューブ管理者は、ディメンション メンバ、階層、階層メンバ、属性メンバ、メジャー、またはキューブ全体に対して、レポート サーバー アクションを定義できます。

行セット     MDX ステートメントで指定された条件に基づき、行セットを返すアクションです。数年前の販売店別売り上げなど、同じ OLAP データベース内の関連する別のキューブのデータに、行セットをリンクする場合に有用です。データは、Excel テーブルとしてワークシートに表示されます。

OLAP キューブ管理者は、ディメンション メンバ、階層、階層メンバ、属性メンバ、メジャー、またはキューブ全体に対して、行セット サーバー アクションを定義できます。

ドリルスルー    このアクションは、MDX ステートメントで指定された条件に基づいてキューブを照会し、メジャーの集計値のソースであるファクトテーブルからデータを返します。データは Excel のテーブルとしてワークシートに表示されます。MDX ステートメントは、使用するOLAP ドリルスルーセクションの下にあるプロパティを取得するレコードの最大数で指定された、ファクトテーブルから返される列と返すレコードの最大数を指定します。 [接続のプロパティ] ダイアログボックスのタブ。詳細については、「接続のプロパティ」を参照してください。

OLAP キューブ管理者がドリル スルー サーバー アクションを定義できるのは、メジャーに対してのみです。

詳細を表示   する このアクションは、MDX ステートメントで指定された条件に基づいてキューブを照会し、メジャーの集計値のソースであるファクトテーブルからデータを返します。この操作は既定で使用できますが、[ピボットテーブルのオプション] ダイアログボックスの [データ] タブの [ピボットテーブルデータ] セクションの [詳細の表示を有効にする] チェックボックスで制御できます。詳細については、「ピボットテーブルのオプション」を参照してください。

OLAP キューブ管理者は、[詳細の表示] サーバーアクションをメジャーに対してのみ定義できます。

注: 

  • Proprietary、Statement、データセットの各サーバー アクションは、Office Excel ではサポートされません。

  • OLAP キューブ管理者は、一連のサーバーアクションを定義できますが、そのセットに対するサーバーアクションは Office Excel ではサポートされていません。

  • レポート フィルタに対するサーバー アクションはサポートされません。

ページの先頭へ

サーバー アクションの実行

  • ピボットテーブルレポートで、列または行ラベルを右クリックし、[その他のアクション] をクリックして、OLAP キューブ管理者によって定義されたコマンドを選択します。

    たとえば、次のように指定します。

    • [URL]     [Customer Profile] などの URL サーバー アクション コマンドです。

    • [レポート]     [Q1Summary] などのレポート サーバー アクション コマンドです。

    • [行セット]     [Product Details] などの行セット サーバー アクション コマンドです。

    • [ドリル スルー]     [Sales Numbers] などのドリル スルー サーバー アクション コマンドです。

    • 詳細を表示    

      ヒント: メジャーを含むセルをダブルクリックすることもできます。

      OLAP キューブ管理者によって定義されたサーバーアクションがない場合は、メニューエントリが表示されます(アクションは定義しません)

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×