ピボットテーブル レポートでヒントとプロパティの表示と非表示を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ポップ ヒント文脈に応じたまたは補助に関する情報を表示など、オンライン分析処理 (OLAP) キューブのメンバー プロパティでピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートのフィールド。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

文脈に応じたポップ ヒントを表示または非表示

ポップ ヒントのメンバー プロパティを表示または非表示

ピボット テーブル レポート内のデータとして [メンバーのプロパティを表示します。

操作に応じたヒントの表示と非表示を切り替える

操作に応じたヒントは、フィールドの値、行、または列に関するサマリー情報です。たとえば、値領域内のセルの上にポインタを置くと、操作に応じたヒントが表示され、現在の値と行および列の位置が示されます。この操作に応じたヒントは、大規模なレポートを操作しているとき、レイアウトの変更やレポートのスクロールを行わずに、この情報を検索または確認したい場合に特に便利です。

  1. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [オプション] タブの [ピボットテーブル] で [オプション] をクリックします。

  3. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスで、[表示] タブをクリックし、[表示] の [操作に応じたヒントを表示する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

ヒントでのメンバ プロパティの表示と非表示を切り替える

ピボットテーブル レポートが Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services OLAP キューブに接続していて、そのキューブの管理者がメンバ プロパティ情報の表示を有効にしている場合は、フィールドの上にポインタを置くことで、ヒントにプロパティ値を表示できます。たとえば、製品には、プロダクト キー、ディーラー価格、在庫レベルなどの追加プロパティ情報が含まれている場合があります。ヒントに表示する特定のプロパティ情報を制御することもできます。

注: この手順では、フィールドのプロパティが OLAP キューブで定義され、有効化されている必要があります。プロパティが存在するかどうかを確認するには、フィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [レポートにプロパティを表示する] をポイントします。ショートカット メニューに [(プロパティは定義されていません)] と表示される場合、表示できるプロパティはありません。

  1. ピボットテーブル レポートにメンバのプロパティが表示されるようにするには、次の操作を行います。

    1. [オプション] タブの [ピボットテーブル] で [オプション] をクリックします。

    2. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスで、[表示] タブをクリックし、[表示] の [プロパティをヒントに表示する] チェック ボックスをオンにします。

  2. ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートにフィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティを表示] をポイントし、プロパティをすべて表示プロパティをすべて非表示にする、または個々 のプロパティ、図表番号] をクリックします。

ページの先頭へ

メンバ プロパティをピボットテーブル レポート内のデータとして表示する

メンバ プロパティ情報をピボットテーブル レポート内のデータとして表示できます。たとえば、プロパティ情報の並べ替え、フィルタ、または印刷を行うことができます。

メンバ プロパティ データにフィルタを適用すると、フィールド名と一緒にメンバ プロパティの標題が表示されます。たとえば、"製品" フィールドのメンバ プロパティが色である場合、製品に銀色というフィルタを適用できます。

注: この手順では、フィールドのプロパティが OLAP キューブで定義され、有効化されている必要があります。プロパティが存在するかどうかを確認するには、フィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [レポートにプロパティを表示する] をポイントします。ショートカット メニューに [(プロパティは定義されていません)] と表示される場合、表示できるプロパティはありません。

  1. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. ピボットテーブル レポートにメンバのプロパティが表示されるようにするには、次の操作を行います。

    1. [オプション] タブの [ピボットテーブル] で [オプション] をクリックします。

    2. [ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスで、[表示] タブをクリックし、[表示] の [プロパティをヒントに表示する] チェック ボックスをオンにします。

  3. プロパティ フィールドを表示する、ディメンション階層内のフィールドをクリックします。

    レポートのプロパティ フィールドを選択したレベルが表示されていない場合は、フィールドをクリックし、[展開] ボタン プラス記号 (+) ボックス ] をクリックします。

  4. [オプション] タブの [ツール] で [OLAP ツール] をクリックし、[プロパティ フィールド] をクリックします。

    [ディメンションのプロパティ フィールドの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. [レベルからプロパティ フィールドを選択する] ボックスで、プロパティ フィールドを表示する各レベルをクリックし、表示するプロパティ フィールドをダブルクリックします。

  6. 表示するのにフィールドのプロパティ] ボックスで、レポートに表示されるようにし順序でプロパティ フィールドを配置するのに、 ボタン イメージ および ボタン イメージ ] ボタンを使用します。

  7. [このディメンションのフィールドをアウトライン形式で表示する] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

注: 列フィールドでは、レポートに表示されている中で最も低いレベルのアイテムにのみ、プロパティ フィールドが表示されます。他のレベルのプロパティ フィールドを表示するには、目的のフィールドを行ラベル領域に移動します。

ヒント: ラベル フィールドを右クリックし、ショートカット メニューの [レポートにプロパティを表示する] をポイントして、[プロパティをすべて表示]、[プロパティをすべて表示しない]、または個々のプロパティの標題をクリックすることもできます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×