ピボットテーブル レポートでデータをグループ化またはグループ化解除する

ピボットテーブルでデータをグループ化すると、分析するデータのサブセットを表示しやすくなります。たとえば、日付または時刻 (ピボットテーブル内の日付/時刻フィールド) の扱いにくいリストを次のように四半期と月でグループ化するとします。

月と四半期でグループ化された日付

注: Excel 2016 の時刻のグループ化は新しい機能です。時刻のグループ化を使用すると、ピボットテーブルに時刻のフィールドの行を追加する際に、時刻に関連するフィールドにまたがる関係が自動的に検出され、まとめてグループ化されます。まとめてグループ化されれば、ピボットテーブルにグループをドラッグして、分析を開始することができます。

[グループ] フィールド

  1. ピボットテーブルで、数値フィールドまたは日付/時刻フィールドを右クリックして、[グループ] をクリックします。

  2. [先頭の値] と [末尾の値] ボックスに、(必要に応じて) 次のように入力します。

    [グループ化] ダイアログ ボックス

    • 数値フィールドをグループ化する最小と最大の数。

    • グループ化の基準とする最初と最後の日付または時刻。

      [末尾の値] ボックスのエントリは、[先頭の値] ボックスのエントリよりも大きい数または後の日時である必要があります。

  3. [単位] ボックスで、次の操作を行います。

    • 数値フィールドの場合、各グループの間隔を表す数値を入力します。

    • 日付/時刻フィールドの場合、グループの日付または時刻の期間を 1 つ以上クリックします。

      グループ化に使う期間をさらにクリックして追加できます。たとえば、[] と [] でグループ化できます。最初に週でアイテムをグループ化します。期間として [] のみが選択されていることを確認し、[日数] ボックスで [7] をクリックします。次に、[] をクリックします。

ヒント: 日付と時刻のグループは、ピボットテーブルで明確にラベルが付けられます。たとえば、月は [4 月]、[5 月]、[6 月] のようになります。グループ ラベルを変更するには、ラベルをクリックし、F2 キーを押して目的の名前を入力します。

グループ化の詳細については、この記事の最後にある「ピボットテーブルのデータのグループ化について」を参照してください。

日付と時刻の列を自動的にグループ化する (時刻のグループ化)

注: 時刻のグループ化機能は Excel 2016 でのみ使用可能です。

  • [ピボットテーブル フィールド] 作業ウィンドウで、フィールド領域から行または列の領域に日付のフィールドをドラッグすると、期間によりデータが自動的にグループ化されます。

    時刻のグループ化が行われる前の [ピボットテーブルのフィールド リスト]
    時刻のグループ化が行われる前の [ピボットテーブルのフィールド リスト]

    Excel では、日付または時刻のデータのグループ化に使用されるピボットテーブルに、計算済みの列が自動的に追加されます。 また、Excel ではデータが自動的に折りたたまれ、日付または時刻の最高の期間においてデータを表示します。

    たとえば、日付フィールドが上記のフィールド リストでチェックされると、Excel では、以下に示すように年、四半期、月 (日付) が自動的に追加されます。

    時刻のグループ化が行われた後の [ピボットテーブルのフィールド リスト]
    時刻のグループ化が行われた後の [ピボットテーブルのフィールド リスト]

注記: 

  • フィールド リストから、フィールドが既に存在する行または列の領域に、日付フィールドをドラッグすると、既存のフィールドの上に日付フィールドが配置され、既存の日付フィールドは行または列の領域から削除されます。また、データを折りたたんだときにこのフィールドを確認できるように、データは自動では折りたたまれません。

  • データ モデル ピボットテーブルの場合、フィールド リストから行または列の領域に、1,000 行を超えるデータが含まれる日付のフィールドをドラッグすると、100 万のレコードの制限をオーバーライドするピボットテーブルを表示できるように、日付フィールドはフィールド リストから削除されます。

選択したアイテムをグループ化する

特定のアイテムを選んでグループ化することもできます。次のようになります。

グループ化する名前の選択

  1. ピボットテーブルで、Ctrl キーまたは Shift キーを押しながらアイテムをクリックして、グループ化する複数のアイテムを選びます。

  2. 選んだアイテムを右クリックして、[グループ] をクリックします。

選んだアイテムをグループ化すると、グループ化するフィールドに基づいて新しいフィールドが作成されます。たとえば、"営業担当者" というフィールドをグループ化すると、"営業担当者 1" という新しいフィールドが作成されます。このフィールドは、フィールド リストのフィールド セクションに追加されるので、他のフィールドと同じように使うことができます。ピボットテーブルに、グループ ラベルが表示されます。たとえば、最初に作成したグループは「グループ 1」です。わかりやすいグループ ラベルに変更するには、ラベルをクリックし、[フィールドの設定] をクリックし、[ユーザー設定の名前] ボックスで目的の名前を入力します。

ヒント: 

  • ピボットテーブルをよりコンパクトにするため、フィールドでグループ解除されたすべてのアイテムにグループを作成することもできます。

  • 複数のレベルで構成されているフィールドの場合、グループ化できるのは 1 レベル上のアイテムが同じアイテムだけです。たとえば、フィールドに "国" と "市区町村" の 2 つのレベルがある場合は、異なる国の市区町村をグループ化することはできません。

グループ化されたデータをグループ解除する

グループ化を解除するには、グループ化したデータで任意のアイテムを右クリックし、[グループ解除] をクリックします。

数値フィールドまたは日付/時刻フィールドのグループを解除すると、このフィールドのすべてのグループが解除されます。選んだアイテムのグループをグループ解除すると、選んだアイテムのみがグループ解除されます。グループ フィールドは、フィールドのすべてのグループがグループ解除されるまで、フィールド リストから削除されません。たとえば、"都市" フィールドに "ボストン"、"ニューヨーク"、"ロサンゼルス"、"シアトル" の 4 都市があるとします。"ニューヨーク" と "ボストン" が "大西洋" というグループに、"ロサンゼルス" と "シアトル" が "太平洋" というグループに含まれるように、これらの都市をグループ化します。新しいフィールド "都市2" が、フィールド領域に表示され、フィールド ボックスの一覧にある [行] 領域に配置されます。

説明してきたように、"都市2" フィールドは "都市" フィールドに基づいており、[行] 領域に配置されて、選んだ都市がグループ化されます。

"都市" フィールドに基づく "都市 2" は、グループ化のために [行] 領域で使われる

以下のように、4 都市が「大西洋」と「太平洋」という新しいグループで分類されます。

ユーザー設定のグループである "大西洋" と "太平洋" は、選んだ都市に基づく

注: 時刻でグループ化されたフィールドまたは自動で折れたたまれたフィールドを元に戻す場合、最初の元に戻す操作では、フィールドの領域からすべての計算済みフィールドが削除され、日付フィールドのみが残ります。 この動作は、以前のリリースでのピボットテーブルの元に戻す動作と一致します。 2 回目の元に戻す操作では、フィールドの領域から日付フィールドが削除され、すべてが元に戻されます。

ピボットテーブルのデータのグループ化について

ピボットテーブルのデータをグループ化するときは、次の点に注意してください。

  • CREATE SESSION CUBE ステートメントをサポートしていないオンライン分析処理 (OLAP) のソース データのアイテムは、グループ化できません。

  • 集計アイテムは、既にグループ化されたフィールドに追加できません。まず、アイテムのグループ化を解除し、集計アイテムを追加してから、再グループ化する必要があります。

  • グループ化されたアイテムがある場合、[数式への変換] ([ピボットテーブル ツール]、[分析]、[OLAP ツール]) は使えません。グループ化されたアイテムをグループ解除してから、このコマンドを使います。

  • グループ化されたフィールドがある OLAP 階層のスライサーは作成できません。

  • Excel 2016 のみ: レジストリを編集すると、ピボット グラフと (データ モデル ピボットテーブルを含む) ピボットテーブルの時刻のグループ化をオフにすることができます。

関連項目

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

トレーニング ビデオ:ピボットテーブルでデータをグループ化する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×